こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


秋月涼介

著者情報
著者名:秋月涼介
あきずきりょうすけ
アキズキリョウスケ
生年~没年:1971~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      消えた探偵
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!

      • 秋月涼介の「消えた探偵」が面白い。

        この物語の舞台は、私設の精神病院。患者のスティーヴは、三階の遊戯室で殺人事件の被害者を発見した-----と思った直後、何者かに襲われて窓から転落してしまう。

        幸いなことに、ゴミ袋のおかげで怪我はしなかったが、戻った病院内では、そんな事件は一切起きていないというのだ。

        また"並行世界"に飛んでしまったのか。ならば、この世界では事件を未然に防ごうと、彼は独自の調査を開始するのだった。

        病院には院長の趣味により、さまざまな症例を持つ患者やスタッフが集められていた。
        不穏な空気が漂う中、やがて危惧されていた通り、殺人事件が発生するのだが-------。

        多重人格や前向性健忘などの精神疾患を一種の「特殊ルール」として活用した、本格ミステリも増えてきているが、それらを複数まとめてひとつの作品に投入してしまえという、この作品の設定は、実にユニークだ。

        スティーヴが自覚している「能力」も、そもそも本物なのか、単なる思い込みに過ぎないのかは不明なままだし、あるいは、前向性健忘患者のメモが重視される展開など、謎と手掛かりの提示にも独自性があって、後半の展開の意外性とともに、この作品の読みどころのひとつになっていると思う。

        >> 続きを読む

        2018/09/29 by dreamer

    • 2人が本棚登録しています

【秋月涼介】(アキズキリョウスケ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚