こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


西村淳

著者情報
著者名:西村淳
にしむらじゅん
ニシムラジュン
生年~没年:1952~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      面白南極料理人
      3.7
      いいね!
      • 映画を観て、原作?基になった?本をと思い購入。


        南極越冬隊と言う今まで知ることのなかった人たち。映画とこの本で彼らが厳しすぎる環境のなか9人の仲間で1年ちょっと奮闘していろいろな分野の研究など行っていくという話。

        映画を観たときはとにかく食べ物がおいしそうで、深夜に鑑賞していた私と友達は空腹感に見舞われたのですが。本ではと言うと写真は白黒でして、あまり食欲が湧き出てくるというものではなかった。

        iceさんのレビューの通り、豪華な食事(フレンチ、中華、和食等)とたくさんの酒類の代金は税金です。泡のように使われとまで言いませんがもうちょっと遠慮して欲しかったです。


        全体的には著者が北海道の方なので、方言やなまりが入っていて読みづらいと思う方もいるかもしれませんが、あたしは気になりませんでした。

        隊員のなかでは同じ医療従事者として福田ドクターが大変気に入りました♡深夜3時まで泥酔し徘徊するという…医者っぽくない。絶対!!
        福田ドクターは今もどこかでドクターをしてるのでしょうか?


        とにかく2ページに1度はクスッとくるような本でした。


        コンクウイスキーは最後までわからなかった。。。。
        >> 続きを読む

        2013/11/05 by ゆきんこ

      • コメント 8件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      面白南極料理人笑う食卓 面白南極料理人 (新潮文庫)
      3.0
      いいね!
      • 前作に引き続き、南極観測隊の料理番としての手記。
        レシピが詳細化されているが本質的には何も変わらない。

        前作で世界観に慣れていたため、全く抵抗感なく受け入れられた。

        南極という閉ざされた世界での人間模様を
        料理番の立場から書き綴ったのが前作だとすると、
        本作では、より料理自体にフォーカスされている印象。

        独立した1冊になってはいるものの、上記の理由で
        南極料理人の手記としては、前作から続けて読んだほうが得るものが大きい。

        前作では垣間見られた特定の他者に対する攻撃的な論調もなりを潜め、
        この点でも作家としての成熟を感じさせる。

        これで2冊読んだ形になるが、正直もういいかなという印象。
        >> 続きを読む

        2007/09/01 by ice

    • 2人が本棚登録しています

【西村淳】(ニシムラジュン) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚