こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


石川直樹

著者情報
著者名:石川直樹
いしかわなおき
イシカワナオキ
生年~没年:1977~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      いま生きているという冒険
      カテゴリー:地理、地誌、紀行
      5.0
      いいね!
      • ・・・学校でも家庭でも学べない「いま」を生きていくためのたいせつな知恵のかずかずについて、刺激的な書き手たちが、中学生以上すべての人に向けて、読みやすくコンパクトなかたちで書き下ろします。・・・
        こんな触れ込みに誘われて手に取った「よりみちパン!セ」シリーズから、冒険家・石川直樹の自伝をチョイスしてみた。

        高校時代のインド一人旅から、世界縦断やエベレスト登頂など、まさに世界を股にかけた数々の「冒険」を、驕るところのない柔らかい文章で書き綴っている。そして、まるで音が聞こえてきそうな写真たちが筆者の生身の思いをより深く伝えてくれる。

        民俗学を専攻していたということで、この人の「冒険」には人類のルーツを探るという意味合いもあるようだが、事象として何が残っているのか探るというより、様々な文化に散らばる人類のルーツを自分の中に見出し、掘り出し、そしてそれをシェアするというのがモチベーションのようだ。

        世間で叫ばれる「世界を知らなければいけない」というようなフレーズを筆者は使わない。
        それは彼が世界の多様性を体験しているからでもあり、その体験が、どんな文化で暮らしていようと普遍的に共通なものを誰もが持っているという思いを彼にもたらしたからだろうと思う。

        冒険家の本を読んで、新しいことに挑戦し自分を広げていこうというパッションが湧いてこなかったのには笑ってしまったが、それよりも自分をオープンに深めていくというアイデアが浮かんだのは収穫だった。
        >> 続きを読む

        2011/11/20 by Pettonton

    • 1人が本棚登録しています
      富士山にのぼる
      カテゴリー:日本
      4.0
      いいね!
      • 富士山についての写真によって構成された絵本。

        富士の山肌や、富士から見る雲海。
        青木ヶ原の樹海や氷穴。

        富士のスケールの大きさを感じさせられる、良い一冊だった。

        私は小さい頃、毎日富士山が見える所に住んでいて、よく眺めたけれど、まだ一度も登ったことはない。
        いつか登ってみたいとあらためて思った。
        >> 続きを読む

        2013/03/24 by atsushi

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています

【石川直樹】(イシカワナオキ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

伏木商店街の不思議