こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


畠中恵

著者情報
著者名:畠中恵
はたけなかめぐみ
ハタケナカメグミ
生年~没年:1959~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      しゃばけ
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね! niwashi
      • 病弱な一太郎とその周りの妖怪達の物語。
        妖怪の話が読みたくてまたまた探して買った小説です。
        舞台は江戸の町。付喪神や鳴家、精霊や毘沙門天など、江戸×妖怪の組み合わせは堪りません。

        慕われているのか一太郎の周りには常に妖怪達がいます。だけど時には機嫌を損ねて反発したり。近いけれど、そこには人間と妖怪の時の流れや考え方の違いがあって、どうしても一線が敷かれてあります。身体の弱い一太郎は妖怪達に助けられることが多いですが、その考えかたの違いをきちんと理解した上でうまく付き合い、共存しているところが素敵だと思いました。
        >> 続きを読む

        2017/01/09 by えま子

      • コメント 4件
    • 他6人がレビュー登録、 31人が本棚登録しています
      つくもがみ貸します
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • しゃばけシリーズをあらかた読んでからの、こちら。
        付喪神といえば、屏風のぞきや鈴彦姫たちが
        若だんな一太郎と会話しているのに慣れていたので、
        人間と話はしない付喪神たちに、
        最初はちょっと違和感。
        でも、読み進めていくにしたがって、それは消えた。

        青次とお紅が美男美女なので、
        頭の中では美形を大変楽しみました。
        いつも思うけどやや理屈っぽいですよね。
        でも、この独特のもっていきようが好きです。
        江戸の風も堪能した。
        >> 続きを読む

        2015/11/08 by しづき

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      たぶんねこ
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 若旦那少しは身体強くなった??
        何歳になったの??
        前半は少し退屈な感じだったけど、後半のいつも守ってくれる兄やのひとりである仁吉(白沢)のスピンオフ的な話しの『みどりのたま』から『たぶんねこ』が面白かった。
        妖怪ではなく幽霊に皆が付き合わされるってとこが珍しかったな。
        >> 続きを読む

        2013/08/09 by ata-chu

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      明治・妖(あやかし)モダン
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 江戸が終わって20年。妖たちは消えたように思われていた。
        けれど、そうではなく妖たちは人に紛れ暮らしていた――。

        図書館で借りてきました。
        畠中さんの明治の妖ものってだけでかなり楽しみに読み始めたんですが、ものすごく消化不良でした。

        いいとこどりしようとして失敗してしまった感じ。
        幻想的にするか、あっけらんかんと開き直るかしてくれた方が面白かったんじゃないかな、と思ってしまいました。

        中途半端な印象だったのが非常に残念です。

        【http://futekikansou.blog.shinobi.jp/Entry/1653/】
        に感想をアップしています。
        >> 続きを読む

        2014/05/25 by hrg_knm

      • コメント 5件
    • 5人が本棚登録しています
      つくもがみ、遊ぼうよ
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 江戸は深川、損料屋「出雲屋」の子ども・十夜とその幼なじみたちはつくもがみたちと双六勝負をすることになる。双六勝負の途中で起こる様々な問題を協力して解決していくことになるが――。

        図書館で借りてきました。
        時代小説です。連作短編集です。

        一応「つくもがみ貸します」の続編ですが、「貸します」から10年程度たっているようです。
        前作主人公の清次の子どもたちが主人公になります。

        読んでいて微笑ましいんですが、所々で人じゃないんだな、と思わされる点もあってすごく畠中さんらしいだと思いました。

        【http://futekikansou.blog.shinobi.jp/Entry/1771/】
        に感想をアップしています。
        >> 続きを読む

        2014/09/19 by hrg_knm

      • コメント 3件
    • 4人が本棚登録しています
      ゆめつげ
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • いつも心配し、時には厳しい言い方で兄を見守ってる弟優しい

        2015/06/25 by namire

    • 7人が本棚登録しています
      つくもがみ貸します
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • ちょっと威張ってるつくもがみさんたちと、お紅と清次の姉弟二人のやりとりが、微笑ましいというか
        可笑しいというか・・・。

        イラストもかわいいので、ときどき絵を見ながら読むのが楽しくていいです。

        力を抜いて、ほっこり・・・ 

        たまにはこんな面白い妖怪の世界で、かるく楽しむのもいいかな。

        めでたし、めでたし。
        >> 続きを読む

        2013/09/14 by バカボン

      • コメント 3件
    • 3人が本棚登録しています
      アイスクリン強し
      カテゴリー:小説、物語
      2.7
      いいね!
      • 明治の世で、西洋菓子店を開業した真次郎。
        しかしながら、そこに元幕臣の警官たちが問題を持ち込んできて――。

        明治が舞台の短編連作です。
        1話ごとに問題が解決していくんだけど、1冊通して大きな出来事の伏線が散りばめられていて最終的に解決するといった形がとられています。

        正直、主人公であるはずの真次郎の影がところどころ薄かったのが残念。
        ぶっちゃけ、若様組や沙羅さんのお父さんの方がキャラは濃いです。
        ヒロインの沙羅さんが可愛かったです。

        【http://futekikansou.blog.shinobi.jp/Entry/205/】
        に感想をアップしています(2010年11月のものです)
        >> 続きを読む

        2014/02/27 by hrg_knm

      • コメント 7件
    • 5人が本棚登録しています
      ぬしさまへ
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! niwashi
      • 今日もまた若旦那は死にかけながら、妖怪たちと不思議な事件を解決していく!

        しゃばけシリーズ第2弾で短編集です。
        事件自体は今回はあまり血なまぐさい印象はなかったです。

        全部で6編収録されているんですが、どれもこれも若旦那が愛されてる、というか大事にされてるなぁ、と思わされる話でした。

        前作「しゃばけ」の別サイドの話が描かれていたりとなかなかおもしろかったです。

        【http://futekikansou.blog.shinobi.jp/Entry/155/】
        に感想をアップしています(2010年9月のものです)
        >> 続きを読む

        2014/01/23 by hrg_knm

      • コメント 3件
    • 20人が本棚登録しています
      ねこのばば
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! niwashi
      • お江戸の薬種問屋・長崎屋の若だんなはいつも寝込んでばっかりで食も細いのにお代わりまでしていた。すべてが絶好調の長崎屋にやってきたのは……。

        しゃばけシリーズ第3弾です。
        5編が収録された短編集です。

        『花かんざし』の於りんちゃんは可愛いかったです。そしてお雛さんのインパクトにはびっくりしました。

        『産土』は長崎屋の手代で妖怪である佐助視点の話なんですが、いつもと毛色が違って一瞬騙されてしまいました。

        今回収録されている作品の根本にあるテーマがめちゃくちゃ重くてすごく考えさせられました。
        でも、考えてもどれが正しいなんて一概にはいえません。

        【http://futekikansou.blog.shinobi.jp/Entry/263/】
        に感想をアップしています(2010年12月のものです)
        >> 続きを読む

        2014/04/25 by hrg_knm

      • コメント 5件
    • 20人が本棚登録しています
      ゆんでめて
      カテゴリー:小説、物語
      4.7
      いいね!
      • しゃばけシリーズで一番好きな話です。
        そして一番切ない…!

        タイトルの「ゆんでめて」というのは「左右」という意味です。
        若旦那が右の道を選ぶか左の道を選ぶか、その一見小さな選択肢によって未来が大きく変わります。

        人生の中にある小さな分岐点。
        普段何気なくしている小さな選択によって人生は大きく変わるかもしれない。
        そんなことを考えさせる深いテーマが描かれています。

        最後に一言だけ。
        屏風のぞきーーーーーっっ!!!
        >> 続きを読む

        2015/04/23 by メガネ萌え

      • コメント 2件
    • 15人が本棚登録しています
      しゃばけ
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 妖ワールドがおもしろい。シリーズ化されている理由がわかりました。

        2014/11/22 by がーでぶー

      • コメント 1件
    • 5人が本棚登録しています
      ぬしさまへ
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • シリーズ第2弾。今回は短編集でしたが主人公の実兄の話が一番印象に残りました。
        恵まれているなあ、一太郎は。というのが感想。 >> 続きを読む

        2014/12/18 by がーでぶー

      • コメント 2件
    • 5人が本棚登録しています
      ねこのばば
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • シリーズ第3弾。
        いつもより妖の活躍は控えめ(?)で比較的に主人公の一太郎はよく外出する。
        これだけ聞いも、しゃばけシリーズが未読の人は訳がわからないだろう。
        全体的にいまいち、な印象でした。
        >> 続きを読む

        2016/04/06 by がーでぶー

    • 4人が本棚登録しています
      うそうそ
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • しゃばけシリーズ第五弾
        若旦那、旅に出る!身体は弱いが知恵にあふれる若だんなと、頼れるようでどこかズレてる妖たちが繰り広げる痛快・珍道中。の帯通りの作品ではじめ(第一巻)から読まなくても、楽しく読めるお話。はじめから読んでいる人には、なつかしの登場人物でまた楽しめる。 >> 続きを読む

        2013/04/17 by Nek-O-ta

      • コメント 4件
    • 5人が本棚登録しています
      やなりいなり
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 「あましょう」ゴチャゴチャし過ぎて読みづらかったが、結末に涙です!

        2013/12/31 by ata-chu

      • コメント 2件
    • 11人が本棚登録しています
      まんまこと
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 町名主が玄関で揉め事の裁定をするというのを初めて知った。
        なかなかおもしろいのだけど、先にNHKのドラマを見ちゃったもんだから、すべて俳優さんの顔が浮かんでしまって。
        やっぱり映像は後の方がよかったなー。
        >> 続きを読む

        2015/09/25 by なおみ

    • 6人が本棚登録しています
      こころげそう
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 幼馴染の9人の恋模様と事件の謎の解明。
        恋って難しい。

        事件の謎より人の気持ちの方が難しいなぁ~と思うお話でした。 >> 続きを読む

        2012/05/18 by あんコ

      • コメント 2件
    • 4人が本棚登録しています

【畠中恵】(ハタケナカメグミ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本