こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


粕谷知世

著者情報
著者名:粕谷知世
かすやちせ
カスヤチセ
生年~没年:1968~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      クロニカ 太陽と死者の記録
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!

      • 今回読了した粕谷知世の「クロニカ 太陽と死者の記録」は、「文字の神」という視点から世界史を読み換える"言語SF"の傑作だと思う。

        この小説は、スペインによるインカ帝国征服史を、インカの少年アマルの成長物語、伝達吏ワマンの冒険物語を縦糸に、文字の神を裁くものと、文字を持たぬものの戦いとして描いた意欲的な物語になっていると思う。

        作者の粕谷知世は、文字を持たないまま巨大な国家を作り上げたインカを、伝達吏のネットワークが全土を覆い、誰もが木乃伊の語りを聞くことができる「語り」の文化として規定する。

        それに対し、スペインの征服者をはじめとする旧大陸の文化は「文字」という神を裁く文化ということになる。

        このように、この小説は「文字の神」という視点から世界史そのものを大胆に読み換えていく発想は、ファンタジーとしてのみならず、"言語SF"としても実に魅力的だ。

        >> 続きを読む

        2018/06/15 by dreamer

    • 1人が本棚登録しています

【粕谷知世】(カスヤチセ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

黒い牛乳 (経営者新書)