こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


藤井邦夫

著者情報
著者名:藤井邦夫
ふじいくにお
フジイクニオ
生年~没年:1946~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      追跡者 結城半蔵事件始末
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 図書館本。シリーズ第三弾。
        清廉潔白な半蔵が格好よすぎて、読んでいた通勤電車の中で頬がゆるんでしかたがなかった。

        「追跡者」では、元武士で上意討ちをかけられている指物師とその妻を半蔵が守ろうとする。支配違いの大名を町奉行所が裁くことはできない。しかし、半蔵には切り札がある。亡き妻の親戚にあたる大目付永井主水正の名を出せば、大名や旗本は震えあがって半蔵の意のままになる。
        「生け贄」では、ある藩主のお家騒動にからんだ町人のスリが殺され、すられた家来が無実の罪を着せられて斬られる。その家来の無念を晴らそうとする高村源吾を支える半蔵の格好いいこと。直心影流の遣い手である半蔵の剣が冴え渡る。
        この巻は手元に置きたいと思う。

        >> 続きを読む

        2018/06/27 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      心残り 養生所見廻り同心神代新吾事件覚 (文春文庫)
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。シリーズ第三弾。

        第四話の「残り火」は、新吾と手妻の浅吉の微妙なつながりを象徴するような話だった。どこからか現われて新吾を手伝う浅吉は新吾の手下ではないので、下手人をかくまったとしても新吾に話す義理はない。そのくせ、新吾も浅吉と同じ事をするだろうと半兵衛に見抜かれている。新吾は浅吉の家がどこなのかすら知らず、浅吉も言おうとしない。二人がまったく自由な意志でつながったり、離れたりするのがいい。二人が落ち合うのは居酒屋「布袋屋」で、亭主の伝六が二人に美味いものを作るようになった。

        >> 続きを読む

        2018/08/16 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      陽炎斬刃剣 日暮左近事件帖
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。
        このシリーズは著者のデビューシリーズだそうで、2002年に刊行された第一作の本書は2010年に新装版が出て、さらに今年の9月に『正雪の埋蔵金』と改題されて光文社時代小説文庫版が出版された。

        冒頭から謎だらけで引き込まれた。主人公の日暮左近は過去の記憶を失っている。その左近に過去からの刺客で忍びの女陽炎が襲いかかる。己の過去を知る陽炎と何度か戦いながら、左近は160年前に隠されたとされる由井正雪の軍資金の行方を追う。

        宝探しの面白さにチャンバラが合わさった、いかにもTVドラマ脚本家出身の作者さんらしい作品だと思う。本書に出てきた「見聞組」が後の「評定所書役・柊左門裏仕置」シリーズにも出てくるのが面白い。続きを読むのが楽しみ。

        >> 続きを読む

        2018/10/12 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      無明暗殺剣 日暮左近事件帖
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。シリーズ第二弾。

        この巻では左近の本名と素性が明らかになる。左近を兄の仇と狙う女忍び陽炎と一時和解した左近は、松平定信と水野出羽守の暗殺合戦に巻き込まれる。

        著者のシリーズをいくつか読んだ後でこのデビューシリーズを読むと、すべての源がここにあるような気がする。今作で出てきた土方縫殿介は「 乾蔵人隠密秘録」シリーズでも暗躍している。忍びの戦いは現在進行中の「江戸の御庭番」シリーズでおなじみだし、左近たちが探索する様子は捕物帖シリーズを思わせる。極めつけは、ちらりと名前の出てくる北の御番所与力で剃刀と噂される「青山久蔵」である。これってまさに「秋山久蔵」ではないかと、笑えてきた。味気ない文体さえも、この巻から始まっている。このデビューシリーズには、まだまだ楽しませてもらえそう。

        >> 続きを読む

        2018/10/20 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      見殺し 評定所書役・柊左門裏仕置 3
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。シリーズ第三弾。

        形骸化した目安箱に入れられた訴状は、ほとんど廃棄されて庶民の訴えがお上に届くことはない。評定所書役の柊左門は訴状の整理をしながら気になる訴えの真偽と真相を確かめ、仲間と共に秘かに裏仕置をしている。

        私刑の是非には目をつぶって楽しむなら、胸のすくような話ばかりである。試しに第三弾から読んでも支障はなかったが、御前と呼ばれる天敵のような人物と左門たちとの因縁を知るには第一弾から読み直そうと思う。

        裏仕置では金と命を奪う。その非情さは、人情裁きを読みなれているとことさら際立ったものに思える。左門は、いつか自分たちにも天罰が下り惨めに葬られると覚悟している。裏仕置人たちの行く末が気になるハードボイルド調のシリーズである。

        >> 続きを読む

        2018/08/23 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      彼岸花の女 文庫書下ろし/長編時代小説
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。
        この作家さんの人気シリーズ「秋山久蔵御用控」のスピンオフともいえるシリーズの第一弾。南町奉行所吟味方与力秋山久蔵の命を受けて、秘密裏に探索する隠密廻り同心乾蔵人の活躍が描かれる。

        冒頭から土左衛門が浮かぶ「本所業平橋」で旗本の家督争いをあぶり出し、「大蛸の義平」では死に瀕した盗賊の頭の親心に情けをかける。「斬り抜ける」では辻斬りをはたらいた大名家の馬鹿息子を追いつめ、「彼岸花の女」では二十年まえの非道な振る舞いを成敗する。

        蔵人は手練の剣客で、とにかく強い。隠密廻りは単独で探索するので、殺される前に殺さなければならない非情がつきまとう。蔵人は弱い者には情け深いが、悪人には容赦なく、ときには残酷な責めもいとわない。さすがは「剃刀」久蔵の懐刀だと思わせる。テレビ時代劇の脚本を手がけた作家さんだけに、殺陣の描写はまるで映像を見ているような気分にさせてくれる。「秋山久蔵御用控」も読みたいシリーズである。

        >> 続きを読む

        2018/06/07 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      田沼の置文 文庫書下ろし/長編時代小説
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。乾蔵人隠密秘録シリーズ第二巻。

        秋山久蔵シリーズを少しずつ読み始めた今になって、スピンオフである本書を読むといろいろわかったことがあって面白かった。ただ、失脚した田沼意次に対する松平定信の執着がいまひとつわからなかった。田沼の置文なるものは本当に存在したのだろうか。なんとなく徳川埋蔵金を思い出してしまった。

        >> 続きを読む

        2018/08/19 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      政宗の密書 文庫書下ろし/長編時代小説
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。シリーズ第五弾。

        表題作の「政宗の密書」は、二百年も前の密書が藩の存在をおびやかすという設定で面白かった。行方不明になった徒目付を捜すよう命じられた蔵人は、伊達政宗がイスパニアに送った密書と、その使者支倉常長の一族の恨みが引き起こす騒動に巻き込まれる。
        いつもながら、窮地に追い込まれてもびくともしない剣客蔵人の剣が冴え渡っている巻だった。

        >> 続きを読む

        2018/07/24 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      素浪人稼業 時代小説
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。シリーズ第一弾。
        初読みの作家様。図書館でなんとなく手に取り読んでみると面白かった。最近、そういう本との出合いが多くて、わくわくしながら図書館に通っている。

        地蔵長屋に住む矢吹平八郎は剣の遣い手だが、その日暮らしの浪人。口入屋の萬屋に仕事を斡旋してもらっているが、わけありの仕事が多い。面倒なことに巻き込まれているうちに岡っ引きの伊佐吉と親しくなり、探索の手伝いをすることもある。仕事の悩みの相談にのってくれるのは萬屋の主人万吉。剣術道場「撃剣館」の兄弟子榊原右京には弟のように可愛がられている。

        女性の幸せを願う平八郎の気持ちが優しくて、今まで読んだ剣客ものとひと味違うのが魅力的。クールな榊原右京に魅かれたので、続編にも登場してくれるかなと期待している。

        >> 続きを読む

        2018/05/22 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      命懸け 素浪人稼業 5
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。シリーズ第五弾。

        口入れ屋の万吉が手土産持参で平八郎の住む長屋に現れて仕事を依頼する異例の幕開けの「命懸け」では、信仰に命をかける隠れ切支丹の側室を平八郎は命懸けで守る。「家灯り」では駕籠かきに臨時に雇われ、その相方のささやかな家庭をなんとしても守ろうとする。「用心棒」では、春画を描く絵師に食い物にされた女たちの代わりに復讐する。

        貧しいけれど卑屈にもならず堂々と日々を過ごす平八郎の剣は、ますます冴える。この巻でも榊原右近は出てこなかったが、息災だろうか。

        >> 続きを読む

        2018/06/13 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      死に神 素浪人稼業 7
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。シリーズ第七弾。

        相変わらず変な仕事ばかりする羽目になる平八郎だが、「死に神」では死神に取り憑かれたのではと商家の親に心配された、災難続きの優男を守ることになる。優男が命を狙われる理由を探りながらも、甘やかされた男の行動に平八郎は呆れかえる。「敵持ち」にも甘えた武士が出てきて平八郎は苦笑する。

        こうした甘い考えの男たちに比べると、貧しいが正義感の強い平八郎の優れた気質が際立つ。それにしても毎回期待しているのだが、榊原右近がしばらく出ていない。


        >> 続きを読む

        2018/06/17 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      銭十文 書下ろし
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。シリーズ第八弾。

        「影武者」で平八郎は、ある旗本の御落胤を演じて命懸けでお家騒動に決着をつけるが、己の命の値の低さに少しばかり不服を覚える。「悪餓鬼」では誘拐狂言を暴き、十六歳の甘ったれ御曹司を懲らしめる。「銭十文」では隣家に越してきた母子家庭の十歳の娘に十文で雇われて、盗賊に誘拐された父親を無事に探し出してみせる。「助太刀」では、何かと謎の多い口入れ屋の万吉が仇討ちの助っ人になり、万吉のことはよく知らないままだったと、平八郎はあらためて自覚する。

        シリーズの半ばまで読んできたが、面白い話が多いので飽きることなく、続きが楽しみ。これで榊原右近が出てきてくれたら、尚いいのだが。

        >> 続きを読む

        2018/06/21 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      迷い神
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。シリーズ第九弾。

        「ご隠居」嫡男を見殺しにしてしまったことを後悔し、罪滅ぼしのために敵討ちをもくろむ隠居の用心棒に雇われた平八郎は、隠居老人の淋しさにほだされてしまう。

        「酒一升」夜更けに川に身投げしようとした娘を家に連れ帰った平八郎は、ある旗本の毒殺とその家督相続争いを探ることになる。

        「迷い神」商家の隠居の妾を見張る仕事に雇われた平八郎は、女の色香に惑わされて身を滅ぼしていく男達をまのあたりにする。

        「立ち腹」人足仕事で平八郎が知り合った年配の男は元武士で、愚かな藩主を諌めたために上意討ちを掛けられていた。病の妻を看取った後、その武士は藩主を殺害し、立ち腹を切って妻の後を追う。
        この話に結城半蔵が出てきて、またしても刃傷沙汰をさっそうと収拾して楽しませてくれた。半蔵は登場の仕方からして格好いい。町方の支配が及ばない旗本にも、大目付への報告をちらつかせて脅しをかけるのが痛快。

        >> 続きを読む

        2018/06/23 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      姿見橋 書き下ろし長編時代小説
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。シリーズ第一弾。

        柳橋の弥平次シリーズに出てきて気になっていた、北町奉行所の臨時廻り同心白縫半兵衛を主人公にしたシリーズ。これもまた人気があるらしく、二十冊を数える第一シーズンのあと、第二シーズンが展開中である。

        なぜ人気があるのか、第一話で半兵衛が初登場するシーンでわかったような気がする。あまりにも格好いい。肩の力の抜けた自然体が粋である。「知らぬ顔の半兵衛」とあだ名されてはいるが、弱い者を見捨てることはない。そういう優しさを持ち合わせながら、難産で妻と子どもを失って以来の虚無感に囚われているところもある。出世や保身に興味がないのは当然である。

        うれしいことに、この巻では弥平次とその手下たちや神代新吾も出てきて活躍する。さらに、第四話で半兵衛と秋山久蔵が初顔合わせするのが楽しい。半兵衛の粋な人情裁きに魅了された巻だった。

        >> 続きを読む

        2018/08/11 by Kira

    • 2人が本棚登録しています
      辻斬り 書き下ろし長編時代小説
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。シリーズ第四弾。

        表題作の「辻斬り」は、この作者さんの他の辻斬りものと大筋は似ているが、柳橋の弥平次とその手先たちや神代新吾、さらには秋山久蔵まで出てくる豪華総出演で楽しませてくれた。かわいがっている新吾が斬られて大怪我を負い、半兵衛は責任を感じる。この事件はある大名の庶子が起こしたので支配違いだが、半兵衛は初めて知らん顔をせず顛末を大目付に知らせる。

        >> 続きを読む

        2018/08/18 by Kira

    • 2人が本棚登録しています
      雪見酒 書き下ろし長編時代小説
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。シリーズ第十一弾。

        今月の9日に読み始めたシリーズだが、20日ほどの間に11冊を続けて読むとさすがに少し飽きてきたのか、この巻では退屈を覚えた。第二話と第三話で半次が連続して斬られたのでびっくりした。刀で斬られて深手を負ったのに、そんなにすぐに傷が癒えるものなのか? しかも二回とも川に飛び込んで助かるというのは、どうなんだろう。マンネリには目をつぶるつもりではいるけれど。

        >> 続きを読む

        2018/08/28 by Kira

    • 2人が本棚登録しています
      迷い猫 書き下ろし長編時代小説
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 図書館本。シリーズ第十二弾。

        第三話でまたしても半次が斬られている。ちょっと斬られすぎではないか。
        一方、鶴次郎は第四話「三行半」で、(かつての想い人?である)義姉があわや亭主殺しの事件を起こしたために、義姉を助けようと奔走する。この話はDVがテーマだった。三行半を受け取った義姉と優しい鶴次郎がいつか結ばれるといいなと思う。

        >> 続きを読む

        2018/08/29 by Kira

    • 2人が本棚登録しています
      影法師 書き下ろし時代小説
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。
        南町奉行所与力秋山久蔵シリーズに出てくる岡っ引、柳橋の弥平次を主人公にしたシリーズの第一弾。

        久蔵が厚い信頼を寄せるだけあって、弥平次も情け深く、咎人を作らないという意志を貫く。その手下である幸吉、勇次、由松、雲海坊たちのチームワークが抜群で、人望を集める弥平次は江戸で名高い岡っ引となっている。

        この巻は中編一篇と短編三篇で、「大八車」には「知らぬが半兵衛手控帖」シリーズの白縫半兵衛が出てきて飄々とした味わいを感じさせてくれた。半兵衛のシリーズも読みたくなったので、本書の続巻と共に図書館に予約をせねば。
        >> 続きを読む

        2018/08/03 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      宿無し
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。シリーズ第三弾。

        第一話「宿無し」に養生所見廻り同心神代新吾が出てくる。その神代を主人公にしたシリーズもまた弥平次や秋山久蔵とつながっているのだとわかって、読みたくなった。すべてのスピン元は久蔵のシリーズだと思うが、楽しみがまた増えた。
        幸いにも我が市の図書館にはこの作家さんの本がほとんどあるようで、しばらくは楽しませてもらえる。読めば読むほど面白い、弥平次と久蔵の捕物噺である。

        >> 続きを読む

        2018/08/09 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      埋み火 秋山久蔵御用控 (ベスト時代文庫)
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 図書館本。シリーズ第四弾。

        第一話から第三話の「凶剣」「遺恨」「埋み火」は人情裁きの話だが、最終話「密告」は緊迫した展開の捕物で久蔵の魅力をたっぷり楽しんだ。
        八年前に弥平次に捕われて遠島になっていた男が恩赦で江戸に帰ってくる。自分を弥平次に売ったお袖に恨みを晴らそうとする男を弥平次は警戒し、お袖を守り抜こうとする。最悪の場合は十手を返して男と刺し違える覚悟の弥平次を、そうはさせじと久蔵が守り抜く。その久蔵の格好いいこと。ほれぼれして、ため息とともに読み終えた巻だった。

        >> 続きを読む

        2018/08/12 by Kira

    • 1人が本棚登録しています

【藤井邦夫】(フジイクニオ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本