こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


本田健

著者情報
著者名:本田健
ほんだけん
ホンダケン

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣
      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.5
      いいね!
      • ベストセラーの本です。
        お金、起業をベースに人生訓を会話調で著されています。

        あとがきには、以下が書かれています。
        □ 幸せになるには、3つの鍵が要る
         ・自分が誰かを知ること
         ・自分の好きなことを追いかけること
         ・自分と周りの人を愛して、愛されること  

        この考え、行動がベースの上で、様々な会話のやり取りが行われてます。

        17章に渡ってたくさんの良いことが書かれています。
        わたしが好きなのは14章です。

        第14の秘訣 勇気をもって決断し、情熱的に行動する
         1.どんなことでも意図的に決める
         2.人生の価値観、優先順位をはっきりしておく
         3.決められないときは、自分が納得できるまで待つ
         4.決断に失敗はないことを知る
         5.一度決めたら断固たる態度で前に進む
        □ 行動力は失敗に直面できる勇気ともいえる
        □ 失敗に強くならなければ、いい成績をあげることはできない。

        同様のカテゴリの本は多くありますが、ベストセラーになったこの本は、読みやすくなっています。

        ちょっと自己啓発を行ってみたいかは、手に取っていただくと良いと思います。
        >> 続きを読む

        2018/04/01 by Minam

    • 他7人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      30代にしておきたい17のこと
      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.3
      いいね!
      • 恐らく、22歳ぐらいの時に本田健さんの「20代にしておきたい17のこと」を読み、とても参考になったことを覚えている。

        先日、たまたま妻の妹が私の本棚から「これ借りてくねー」と持っていった本のうち、上記の本ではないが「20代のうちに〜」と似たような本があった。

        (まぁその本は合わなかったから返さなくてもいいんだけど…)

        そういう経緯で、そういえば本田健さんの本は30代バージョンもあったな、と思い読んでみた。

        本書の内容は題名通り。彼が気付いたことや、人から学んだことをまとめた内容になっている。

        読んでみると、まだ私自身は30代歴数カ月だが、心にグサッとくるものがいくつかあった。
        グサッというのがポイント。

        こういう経験論的な本は、ただの日記みたいな物もあれば無責任に励ます物もある。

        そういう本と比べて、本書は回りくどくないし、述べている内容も理由や根拠が書かれているし、深いとこまで書かない。
        読み手が反発を持たない程度に引っ張って、後は読み手に任せる。

        そういうところが、内容と相まってグサグサッときた。

        面白かったのは「30代は希望と絶望の狭間」とか、「30代は自由が奪われていく」などネガティブ要素が含まれていること。いや、含まれるどころか半分ぐらいはネガティブ。

        ただ、そういうことも認識して受け入れていくのが30代。
        自分のことをより深く理解し、40代になるまでに生き方を決めていくことが大切だと気付かされた。

        文庫で安価でページ数もあまりないので手元に置いて人生の物差しにしたい1冊。

        本棚に眠ってる20代バージョンを起こしてこよう。
        >> 続きを読む

        2018/04/07 by 豚の確認

    • 他2人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      20代にしておきたい17のこと
      カテゴリー:人生訓、教訓
      4.0
      いいね!
      • 20代でどんな恋愛をしたかで人生が変わってくるというような事が書いてあった。

        読んでいて、ハッとしたところは、

        何気ない日をどれだけ楽しむか。
        愛は与えるものである。
        尊敬できる人といる時間をつくる。

        などが、これ必要なことだなぁ〜
        と思いました;^_^A


        とくに、相手に与えるテーマでとおもしろかったところは、


        面倒くさいな、しんどいな、と思っていても、相手に対して与えることが出来るかどうかが、愛のレッスンです。
        「リモコン取って」に対して、「じゃぁ、変わりにお茶入れて」
        と返すのは取引です。
        恋愛は、取引になったらおしまいです。


        って、いう文章にはちょっと笑った(笑)
        >> 続きを読む

        2014/05/07 by oriedesi

      • コメント 6件
    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      読むだけでお金に愛される22の言葉 = 22 messages to attract money to your life.
      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.5
      いいね!
      • 本田健さんの本です。
        お金の本ではありますが、人の生き方について一つの指標を描いているように、私は思えました。

        □ 最初に、お金のことを忘れて、「自分が何を提供できるのか」に集中して、それに一生懸命になることです。
        □ 5つのステージ
         1)心を定める
         2)異動するステージ
         3)自分の勝負する場所を決める
         4)自分が選んだ分野で結果を出す
         5)まわりに応援される仕組みづくり
        □ 考え方×情熱×行動で決まる
        □ 自己投資は、あなたにいちばん高い利子をあなたに支払う
        □ 「人生を楽しむ」「将来すばらしい人生を送る」ための投資であるならば、「今を楽しむ」という要素も忘れないことです
        □ あなたが住みたい世界の友人を選びましょう
        □ 世界は良くできたもので、本物の勇気をもって、筋を通して生きている人が少ないので、そういう人物は、いずれ必ず評価されるようになります
        □ 豊かさとは、「汲んでも、汲んでも減らないもの」
        >> 続きを読む

        2017/05/07 by Minam

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      ユダヤ人大富豪の教え
      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.0
      いいね!
      • お金の元来の機能である、交換機能・蓄積機能・増殖機能に、喜びや悲しみなどの感情の意味をつけているのはあくまでもニンゲン。

        まずは、無意識のうちにお金に抱いているそれらの感情に気づき、そこに向き合うこと。本書で述べられている、ミリオネアの習慣や条件をみると、日本人の美徳である、"清く、正しく、美しく生きる"ことと重なる部分が多いと感じる。

        お金が感情を支配することから多くの人が抜け出し、お金が将来的に価値のないものになることを筆者は願っており、幸福度のランク上位に常々あるフィンランドやカナダで導入が検討されているベーシックインカムの思想には同じものを垣間見ることができるようになってきていると感じる。

        お金もちになる実利的な方法論というよりも、人生論を読む。


        “過去を受け入れ、未来をしっかりと見つめ、現在を真剣に生きる”
        >> 続きを読む

        2017/08/29 by Jay

    • 3人が本棚登録しています
      20代にしておきたい17のこと
      カテゴリー:人生訓、教訓
      2.2
      いいね!
      • タイトルの付け方、うまいなーと思う。
        シンプルなんだけど思わず手に取りたくなる。

        内容はありきたいではあるけど、なかなか良い。

        ・人生最大の失敗をする
        ・一流のものに触れる
        ・人生は自分が触れたものになる
        ・いいことも悪いことも、誰かが見ている
        ・死ぬほどの恋をする
        ・自分を高めてくれる「ライバル」を持つ

        どれも大切だなー。
        >> 続きを読む

        2013/09/21 by mahalo

      • コメント 4件
    • 13人が本棚登録しています
      40代にしておきたい17のこと
      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.0
      いいね!
      • ボリュームが小さく,難しいことも書いていないので,すぐに読めます.

        本書に記されている「17のこと」のうち,(2)自分史を書いてみる,は,面白そうなので早速やってみようと思いました.また,(3)60代,70代のメンターに教えを請う,や(10)家族とつながる最後の10年を大事にする,などは,なるほどと思わされました.

        一方で,(6)お金とどう付き合うかを決める,(7)ノーと言う勇気を持つ,(16)正しいことよりも楽しいことを選択する,などは,到底できないことを突きつけられたようで,本書の言葉を借りれば「マイルドな絶望感」を持ちました.

        読後は,正直なところ,あまりポジティブな気分になれませんでした.「夢をあきらめず,新しいことに挑戦すべき」→「長時間労働を強いられるサラリーマンの身分では,そんなことは到底できない」→「一家の経済の担い手としての役割を手放す」→「結婚生活の維持をあきらめる」…といった具合に,ネガティブ思考の連鎖になってしまいます.本書で言うところの「絶望とともに生きる人生」ですね….

        また,「仕事以外の趣味を持つ」ということがよく言われていて,本書でも言われているのですが,日頃趣味の時間を持てない僕からすれば,「なまじ趣味などを持つから,趣味の時間がとれないことがストレスになる.それならばいっそ趣味など無いほうが良い」と感じているので,これも「マイルドな絶望感」につながりました.

        僕の場合,「労働者の不自由は,経営者による搾取のため」という,浅はかな考えを持っている部分があるので,経営者により書かれた本書を素直に受け入れられないのかもしれません.立場が違えば,抱かれる感覚もまた違うのでしょう.

        この一冊で判断するのもどうかと思うので,この著者の他の本にも手を出してみようと思います.
        >> 続きを読む

        2014/08/25 by medio

    • 3人が本棚登録しています
      50代にしておきたい17のこと
      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.0
      いいね!
      • 50代は老後の準備の期間である。そのために何をすべきか。
        お気に入りのフレーズは以下です。
        □ マイナス20歳ぐらいの感覚で生きるのはどうでしょうか
        □ 人生はつまるところ思い出からできています
        □ 「どんなときも、とことん楽しむ」というメンタリティでいくと、うまくいくと思います。
        □ 祝福された環境の中で、自分は何ができるのか。その答えがあなたの人生の意味になります。
        >> 続きを読む

        2016/12/25 by Minam

    • 1人が本棚登録しています
      強運を呼び込む51の法則
      カテゴリー:人生訓、教訓
      4.0
      いいね!
      • 本田健さんの強運を呼び込む本です
        何が強運なのでしょうか。
        それを知りたく、手に取りました。

        最初にこのような事が書かれいます。
        □ 運のいい人と悪い人の人生は、その幸せ度、楽しさ度がまったく違うのです
        これは、大変です。同じように日々生きていても、幸せ度、楽しさ度が違うのは、ちょっと悔しいです。

        運を呼び込むには、
        □ 感情のコントロールは、運にとって、もっとも大切な要素です。
        これ、認識しています。けれども難しいですよね。

        では、どのような人が運が強いのか、
        □ あなたには、「もう一度会ってみたい」と感じた人はいますか?その人は間違いなく、運のいい人です。
        そういう事ですか。ここは納得感があります。
        私は多くは、無いけれども、確かにいます。
        当然、どちらかと言えば、成功者のカテゴリに入るかもしれません。

        そのような人になるには、
        □ 自分の中に動きが出てくると、感じ方も変わってきます。「何かやってみようかな」という気分になるのです。
        まずは、行動し人の役にたつ事を考えましょう。

        そして、
        □ 自分の人生だけでなく、他人の人生も高めてあげなさい
        です。

        気を付けないといけないのは、
        □ お金と男女関係のトラブルは、運気を落とす2大要因
        そうですね、他の本にいかに上手に損するべきか。
        と書かれていました。

        最後に強運を持つためには、
        □ 勇気を失ってしまったら、人生を失ってしまう
        □ 雨は、一人だけに降り注ぐわけではない
        □ 変えられるのは、自分と未来でしかない。
        □ もし、あなたが「運をもっとよくして、世界に貢献したい」と考えるならば、信じられないような追い風が吹くと思います。
        □ 感謝の心が高まれば、高まるほど、それに正比例して幸福感が高まっていく。  松下幸之助

        できるところから、行っていきましょう
        >> 続きを読む

        2018/05/07 by Minam

    • 3人が本棚登録しています
      ユダヤ人大富豪の教え
      カテゴリー:人生訓、教訓
      5.0
      いいね!
      • ポジティブ
        ネガティブ
        依存
        自立
        感情
        ダンス
        過去
        環境
        対人

        ずっと気になっていた作品。
        最近人との接し方や話し方について考える。
        話しやすい人、親しみやすい人、なんだか好きになれない人、接しずらい人。

        そんな人たちでも自分の考え方が変われば全員と上手に接することができるのだという本。相手と自分のセンターへ行く。言葉としては簡単かもしれないけど、日々積み重ねてセンターの場所を一人ひとり確かめていくしかないのかな。

        本を読んでいると言葉の大事さがひしひしと感じる。一文に心を打たれ、単語に惹かれる。言葉の受け取り方は十人十色。だからこそおもしろいと思うけれど、だからこそ怖いと私は思う。怖いからこそ学ばなければ、間違って使ったり、簡単に発してしまう。どの言葉が適切かというよりもどういう対応の仕方、
        自分の立ち位置、言葉の意味や価値観をどのように相手に伝えられるか。
        >> 続きを読む

        2016/02/25 by -water-

    • 2人が本棚登録しています
      ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣
      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.5
      いいね!
      • ひとりのユダヤ人大富豪に出会い、主人公がお金を稼ぐ仕組みを学ぶ。

        お金持ちになるための秘訣。うーん。
        理想論というか、ぼんやりしていてあまり具体的なことがわからなかった。
        そもそも胡散臭い。

        ストーリー仕立てになっているから読みやすい点は良い。
        なるほどと思えることももちろんあります。

        読んでもいいけど、読まなくてもよかったかなぁ。
        >> 続きを読む

        2012/12/07 by mahalo

      • コメント 8件
    • 7人が本棚登録しています
      ユダヤ人大富豪の教え ふたたびアメリカへ篇
      カテゴリー:人生訓、教訓
      5.0
      いいね!
      • もうそろそろ、渦中にいては分からないことにもっと目を向けるべき時期だと思う。
        実感への意味づけが個人的信仰にまで到ってしまうと、もはやそこから離れることができなくなってしまうから。

        同時に渦中での実感も大切にしなければならないと思う。
        そこから離れるとフレームに縛られ、外側からの硬直化した視点でしか物事を見られなくなってしまうから。

        当たり前だけど全てのことにはポジとネガがあり、それも立ち位置や見方によって軸が変わってくる。そんなダイナミズムを持った存在として人間や社会を見続けることで、バランスを見つけていくことができるんだろう。

        先日、前職の先輩と飲んだ時に薦められたこの本を読んでそう思った。

        正直、著者の求める世界には共感できないところもあるが、ここに出てくるマトリックス自体はとても有効で、個人的にしばらくは離れられないだろうと思う。

        ただし、強力なツールなので、他責ではなく自責を胸に活用することを忘れずに(自戒を込めて。)。
        >> 続きを読む

        2011/07/24 by Pettonton

    • 5人が本棚登録しています
      これから、どう生きるのか 人生に大切な9つのこと
      カテゴリー:人生訓、教訓
      4.0
      いいね!
      • 人生での悩みや不安は、年代によってさまざまですが、テーマは不変です。
         著者は、それらを以下の9つに分けています。

        「人間関係」「お金」「家族」「パートナーシップ」「時間」「健康」「運と運命」「生きる目的」

         ほとんどの人は、生きている限り、悩みや不安は、完全に消えることはないでしょう。
         ただ、著者は、不安や悩みを抱えながら、幸せに生きることは十分可能だと述べています。

         本書は、上の9つのテーマごとに、「自分にとって何が大切なのか?」を考えるためのヒントを与えてくれる一冊です。

         詳細なレビューはこちらです↓
        http://maemuki-blog.com/shohyou/seichou/honda-korekara/
        >> 続きを読む

        2014/02/02 by ヨッシィー

      • コメント 3件
    • 2人が本棚登録しています
      きっと、よくなる! 人生はよくなるようにできている
      カテゴリー:人生訓、教訓
      4.0
      いいね!
      •  ある新聞のアンケートによると、90%以上の人は「最悪だと思った出来事が、長い目で見れば、いまの幸せにつながっている」と考えているとのこと。
         著者は、この事実を知ったときに大きな衝撃を受けたそうですが、自分の人生を振り返ってみて納得できた、と述べています。

         本書は、最悪の出来事を人生の糧に変えるためのアイデアや考え方を具体例を交えながらまとめた一冊です。

         著者は、「人生は、素敵な贈り物を一人ひとりに用意してくれているのです。往々にして、贈り物の包装紙がきれいに見えないのは、あなたを驚かせるためだと私は思います」と述べています。
         自分に起こるすべてのことは「贈り物」。それを生かすか生かさないかは、本人の考え方次第だということですね。

         詳細なレビューはこちらです↓
        http://maemuki-blog.com/shohyou/seichou/kitto-yokunaru/
        >> 続きを読む

        2013/05/01 by ヨッシィー

      • コメント 6件
    • 3人が本棚登録しています
      きっと、よくなる! 人生はよくなるようにできている
      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.0
      いいね!
      • 本田健さんの本は、良くも悪くも軽ーく読めて、前向きになって元気になれる。

        本田健さんだからこその意見や目新しさはなく、期待しているようなことを期待通りに言ってもらえるようなそんな感じ。

        周りの人を大切にするとか、ワクワクしようとか、後悔しないように生きるとか、困難に直面したときは次へのステップの前触れだとか、目の前にあることを楽しむとか、そういうこと。

        そんなこと知っているけど、でも迷っているような時にそんな当たり前のことでも読むと元気になったりもする。

        そんな本です。
        >> 続きを読む

        2012/12/01 by mahalo

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      一瞬で自分を変える法 世界No.1カリスマコーチが教える
      カテゴリー:人生訓、教訓
      4.0
      いいね!
      • 気持ち良い

        2015/03/01 by kazu

    • 5人が本棚登録しています
      大好きなことをしてお金持ちになる あなたの才能をお金に変える6つのステップ
      カテゴリー:金融、銀行、信託
      いいね!
      • お金のIQ・EQ、ビジネスIQ・EQのそれぞれの説明やバランスが大事という点が収穫かな。全編ノートに書きだして、常に実践したい感じ。纏めのつもりと思うんだけど、マリちゃんパパとか出てくる所は要らないな。 >> 続きを読む

        2014/03/21 by 紫指導官

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      自分の才能の見つけ方 才能は、あなたの感情に隠されている
      カテゴリー:人生訓、教訓
      4.0
      いいね!
      •  才能は、ある特別な人だけが持っているものではなく、誰でもが複数持ち合わせているもの。
         ただ、その存在を自分自身でも気づいていないだけです。
         本書は、「才能をどう見つけるか」がテーマであり、どんな人でも才能が見つけられるように、いろんな角度から「才能」について説明した一冊です。
         著者自身が、この20年の間研究して何万人もの人生に役立ってきたノウハウが凝縮されています。
         著者は才能を見つける旅に出るのに必要なもの「好奇心」だけだといい、「自分が才能を見つけたら、どうなるのかな?」と、自分の将来に対してワクワクしながら読んでもらいたい、とのこと。

         詳細なレビューはこちらです↓
        http://maemuki-blog.com/shohyou/seichou/honda-sainou/
        >> 続きを読む

        2013/09/21 by ヨッシィー

      • コメント 3件
    • 2人が本棚登録しています
      「ビジネスゲーム」から自由になる法 絶対勝てない幻想のゲームからの脱出マニュアル
      カテゴリー:人生訓、教訓
      2.0
      いいね!
      • 難しい本です。翻訳がわけのわからないことばかりです。

        誰か理解した日本人がこの人の考えを元にオリジナルで本を書いてほしいと思う本でした。

        ただ理解できたところは本当に面白かったので評価させてもらいました。
        >> 続きを読む

        2016/02/04 by REOPALD

    • 1人が本棚登録しています

【本田健】(ホンダケン) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

紙の民