こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


市川拓司

著者情報
著者名:市川拓司
いちかわたくじ
イチカワタクジ
生年~没年:1962~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      いま、会いにゆきます
      カテゴリー:小説、物語
      4.4
      いいね!
      •  古本屋の100円コーナーで発見。
        映画もドラマも見たことがありませんでしたが、
        そこまで取り上げられたのだからきっといいお話なのだろうと購入。

         読んでみて・・・納得しました。
        いいお話です。
        というか素晴らしいお話です。
        物語全体に流れているやさしい空気とせつない空気が
        読者を魅了します。
        文章も読みやすいです。
        表現もとても上手。

         内容は、もうみなさんご存知でしょうが、
        ご主人と5歳の男の子を残して亡くなってしまったママが
        1年後の梅雨の季節に その期間限定で帰ってきた というものです。
        ただ、帰ってきたママは家族に関する記憶をすべて無くしているのです。
        そのため、二人の出逢いからこれまでのことをご主人が話して聞かせてあげる 
        というのがストーリーのメインとなっています。
        最後にはちょっと想像しなかった仕掛けも用意されています。

         正直、かなり面白かったのですが、
        最後の仕掛けは私的にはちょっと微妙かなと思いました。
        設定としては素晴らしいです。
        その思いつきに感嘆します。
        しかし、純粋に物語の美しさを思うとき、
        少しそれを損なったように感じるのは私だけでしょうか。
        でも、彼女が人生を「選んだ」というエッセンスを加えるためには必要なのかなぁ・・・。

         いずれにしても一読の価値はあると思います。
        やさしい気持ちになりたい人は読んでみるといいですよ。
        >> 続きを読む

        2015/02/02 by kengo

    • 他2人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      吸涙鬼 Lovers of Tears
      カテゴリー:小説、物語
      2.5
      いいね!
      • 複雑な気持ちになるラスト。
        こういうエンドって案外少ないかも。

        病弱でもう長くは生きられない少女と特異な体質を持つ少年の出会いがお互いの人生を大きく変えることとなる。

        怖さ、より儚さと孤独感が織り成す美しさがとにかく際立つ。
        静謐な祈りにも似た空気と、深く激しい愛情。
        哀しいのに、綺麗で、汚れがない。

        以下、ネタバレになりますが、

        共に生きることは選べず、互いに互いの幸せを祈りながら、その為に自分が幸せになることを目指す。
        どこか哀しい選択であり、どこまでも強い覚悟と深い愛情が必要な選択だと思う。

        吸血鬼ものの『トワイライト』のラストと同じ展開になるかと思いきや、真逆の展開だった。
        でもこうした物語の全てが同じラストのわけじゃない。
        こういうラストだってある。
        こういう人生だってある。
        >> 続きを読む

        2017/12/09 by ashita

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      こんなにも優しい、世界の終わりかた
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 別ればかりつづくので、哀しくなりましたが、ラストに救われました。

        2015/04/16 by chiiko

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      そのときは彼によろしく
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • BOOK OFFで買ってくる
        105円

        2016/03/13 by 孝志 松元

    • 他1人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      いま、会いにゆきます
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 久しぶりの恋愛小説。

        はっきり言って感動します。

        静かで優しくて温かな家族。
        映画では泣けませんでしたが、本ではよく泣きました。


        雨の降る季節にまた読んでみようと思います。
        >> 続きを読む

        2013/12/04 by ゆきんこ

      • コメント 8件
    • 他1人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      弘海 息子が海に還る朝
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 家族愛を描いた物語です。

        陸上よりも水の中で生活する方が適していることがわかった息子の存在(特殊性)を除けば、淡々と進む、起伏の少ない物語です。

        それでも、海外で生活を送ることになった息子を送り出すまでの家族の様子や、再び会える日を楽しみして生活をしている登場人物達の心境には、とても心が癒されるものがあり、終わってみると良い話だったなあと思えました。
        >> 続きを読む

        2012/04/21 by okd

      • コメント 1件
    • 3人が本棚登録しています
      恋愛寫眞 もうひとつの物語
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 切ないけどただ泣かせるのではなく、読んだ後に温かくなる本。
        優しい気持ちになれる

        最後の個展のシーンが好き。

        読んでる間、静流になりたいって何度も思った。
        「好きな人が、好きな人を、好きになりたい」と言える静流。
        静流はいい女だ。
        >> 続きを読む

        2011/08/25 by Iris

      • コメント 3件
    • 7人が本棚登録しています
      そのときは彼によろしく
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 読み終わったのは
        相当昔ですが。

        とっても読みやすく
        頭の中でその風景ややり取りを
        想像できるような感じでした。

        ところどころに
        クスッと来る物があって
        私は大好きデスw
        >> 続きを読む

        2012/04/24 by rieppi

      • コメント 1件
    • 7人が本棚登録しています
      恋愛寫眞 もうひとつの物語
      カテゴリー:小説、物語
      3.3
      いいね!
      • 子供みたいな容姿をした静流と、他人との距離がうまくつかめない誠人。
        何気なく出会って、そして少しずつその距離を縮めていく、市川拓司らしさが満点の恋愛小説。

        この人の物語にはよく謎の病気が登場するが、本作もその例に漏れない。
        そして独特の言い回し。完全な市川ワールド。
        「いま、会いにゆきます」が好きな人にはきっとオススメできるのでは、と思うが、個人的にはちょっとこの世界観はそんなにいくつもなくていいかな、といったところ。
        別の物語の別の人物なのに、まるで同じ人に感じてしまう。
        >> 続きを読む

        2011/04/27 by bambi

      • コメント 3件
    • 9人が本棚登録しています
      世界中が雨だったら
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • かなーり前に読み終えたもの。
        最初はハードを購入していたんだけど
        引越しした時にドコに片付けたのかわからずw
        文庫を見つけ購入。
        もう一度読み直す。
        やはり苦しくなった。
        胸がグググッと苦しくなる。
        感動・・とか
        こみ上げてくるものが・・とか
        そういう苦しさじゃなくて。
        たぶん中には共感が潜んでいるのだろうなと思う。

        相当暗い内容なので
        読むタイミング間違えると
        引っ張られるかも。
        >> 続きを読む

        2012/04/23 by rieppi

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      VOICE
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 高校卒業前後って本当にその後の恋愛感を左右することってありますよね。
        片方が世界が変わってどんどん経験値を増やしていくことで、何かしら違った感覚が芽生えて結局のところ、ジ・エンドみたいな。。。
        悲しいけど、現実なのよね・・
        読後に「本当にそれでいいの?」と思ってしまい、何だかやり切れない気持ちが募りましたねぇ。
        >> 続きを読む

        2012/07/03 by yasuo

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています

【市川拓司】(イチカワタクジ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

生命は 吉野弘詩集