こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


富澤昇

著者情報
著者名:富澤昇
とみざわのぼる
トミザワノボル

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      問題解決のための高速思考ツール
      4.0
      いいね!
      • ポストイットを使った思考法について記載された本。抱えている問題に関する情報を短い文でポストイットに書き出していき、それらの配置を調整しながら問題解決方針を模索していく方法について説明した本です。配置自体はリスト、ツリー、マップ及びそれらの応用と割とソフトウェアエンジニアにはなじみの構造で配置していきます。それらに情報の確度や分析の指針を記載しながら分析を進めて判断に至る方法が書かれています。ポストイットを使う事で楽に断片的情報を書き加えられ、また分類や個々の情報館の繋がりを位置関係等で示しやすくなります。
        ただ、それらだけではなくて、発散的思考による可能性の模索と制約を加えながら決断に至る収束的思考とその繰り返しやチームによる意思決定に関する説明、そして情報の配置の仕方毎にデザインパターンのようになぜ、いつ、どのようにといった事が説明されています。
        とても完結に纏まっていて読むのにさほど時間はかからないと思います。
        で、この手法を使う気になるべきかどうか、が一番のポイントかと思いますが、直接的にそのまま真似なければならないとは思いませんが、エッセンスとしてはなかなか良いポイントが挙げられているように思います。試せるなら試してみるのもまた一つと思いますよ。
        ソフトウェアの開発はいつでも決断の連続です(クラスの定義からローカル変数の名前まで)。
        その昔、ソフトウェアの設計を行っていて決断を下すための思考法に興味が遭って購入したものですが、参考になります。
        それほど大規模ではなく、政治的でもない、意思決定を行わなくてはならなくなったものの何か参考になるものは無いかと探索している人にお勧めです。
        >> 続きを読む

        2013/02/27 by Shimada

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています

【富澤昇】(トミザワノボル) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本