こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


小路幸也

著者情報
著者名:小路幸也
しょうじゆきや
ショウジユキヤ
生年~没年:1961~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      東京バンドワゴン
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! ayumi rock-man
      • 久しぶりに面白い本を読んだ気分です。古本屋を営む大家族のドタバタ物語です。ロッカー我南人もですが、今では珍しい頑固おやじ勘一が私は好きです。昔は結構いましたが、今では家族の顔色をうかがってばっかりの気がします。大家族も今は珍しくなりましたよね。だから、この本も売れる気がします。次巻が楽しみです。 >> 続きを読む

        2017/01/03 by rock-man

      • コメント 2件
    • 他3人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      話虫干
      カテゴリー:小説、物語
      2.7
      いいね!
      • 夏目漱石の「こころ」が、話虫のわるさによってストーリーが書き換えられている。。
        れを阻止するために、図書館に勤務する司書が、話虫を虫干しするために奮闘する。そんなファンタジー小説。

        これを楽しく読むために、夏目漱石「こころ」読後、手に取った。
        そこまでして、ワクワクしながら読み進めていくけれど、イマイチ熱くなれず。
        前に読んだ夏目漱石の「こころ」の方ばかり、印象に残る結果になった。
        >> 続きを読む

        2015/08/18 by shizuka8

      • コメント 1件
    • 他2人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      つむじダブル
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 本を紹介する雑誌であらすじを見て
        読みたいと思っていた一冊。
        ちょうど図書館で見つけたので借りました。
        ほんわかあったかいお話でした。
        これならいつか購入して本棚に置いておきたい(^^)
        天気の良い日にコーヒーを飲みながら
        ずっと微笑みながら読んでいました。


        鎌倉で暮らす小宮家の、由一とまどか兄妹の物語。
        高校生の兄、由一のパートを小路幸也さんが、
        小学4年生のまどかのパートを宮下奈都さんがそれぞれ執筆されたそうです。


        印象に残った兄妹のほんわかなやりとり…


        由一「父さんだっていつも言ってるだろう。悲しいことより楽しいことを考えている方がいいんだって。おんなじシワが出るんなら、ほら」

        左手の人差し指でまどかの眉間を触った。ゴシゴシした。まどかの眼が寄った。

        由一「ここのシワより」

        それから両方の人差し指でまどかの口の両端を押した。にいっ、て。

        由一「ここのシワを増やした方がいいってさ」
        >> 続きを読む

        2015/04/25 by すもも

      • コメント 6件
    • 他2人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      花咲小路四丁目の聖人
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 小路さんの作品に共通するもの。
        それが、この本にも溢れていました。
        サラサラと読みながらも、いつの間にか、登場人物のキャラが脳裏をかすめてしまう。
        そんな感じの1冊。
        性善説か性悪説かという議論もあるかもしれないが、基本的に自分は性善説。
        その表れ方がいろいろ違うことで、かんぐられることもある。
        でも、最後は・・・という。
        こういう商店街というのは、本当に好きだ。
        特に、以前、大阪にいた時、○○商店街というところへ、結構いったよなあ~というのも思い出した。
        人の温もり・息遣いがそこに感じられるからだろうな。
        >> 続きを読む

        2014/12/03 by けんとまん

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      東京ホタル
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 東京スカイツリーの側、隅田川流域で開かれるイベント「東京ホタル」本当にあるイベントなのかはわかりませんが、イベントを見にきたり偶然通りかかったりした人々が、青く光る川を見つめながら幸せを願うやさしい物語。中村航さん 小路幸也さん 穂高明さん 小松エメルさん 原田マハさんの5人の作家さんの短編小説集です。
        ホタルは私の住んでいる所でも 昔は見かけましたが最近はあまりいないように思います。ホタルのやわらかい光を見つめ続けた子供の頃を懐かしく思い出すような作品でした。
        >> 続きを読む

        2014/09/03 by ゆうゆう

      • コメント 5件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      花咲小路一丁目の刑事
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 個性的な人々が集まる花咲小路商店街。転勤のため、祖父母の家に居候として戻ってきた刑事の淳。非番の淳の元には不思議な相談が持ち込まれるが……。

        シリーズ2作目です。
        前作の事件のおかげで活気を取り戻しつつある商店街が舞台です。

        いわゆるコージーミステリー。
        事件らしい事件はほとんど起こりません。
        ポプラ社発行ということもあり、語り口は非常にライトで読みやすいです。

        前作に引き続いての登場人物はもちろん、新登場のキャラたちもいい味出してます。
        淳の気づいたこと全てを明らかにするんじゃないというスタンスになんかいいな、と思わされました。

        シリーズ3作目はまだ発売されていないようですが、期待しています。

        【http://futekikansou.blog.shinobi.jp/Entry/1758/】
        に感想をアップしています。
        >> 続きを読む

        2014/09/06 by hrg_knm

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      スタンダップダブル! = stand-up double
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 野球好きなら読んでほしい!高校球児好きなら読んでほしい!
        最後の4,5ページで唐突に号泣してしまいました。

        高校野球というと青春モノなイメージがあったのですが、ただの青春モノというわけではなく、辛い過去と固い絆をもったナインの、甲子園に行きたい、ではなく行かなければならない、という意思を強く感じ、色々な背景を含め読んでるだけでついこちらまで力が入ってしまうような作品でした。
        >> 続きを読む

        2015/07/11 by domy

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      おにいちゃんのハナビ
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 花火には、いろいろなものを連想させる力がある。
        100人100通り、その時々でも違う。
        それにしても、じ~んとくるストーリーで、何となくではあるが、先の結末も読める部分も多いが、それでも、この本の良さは変わらない。
        実話を題材にしたということで、なおさら、その味わいが深くなる。

        思いが込められた花火。
        それは、見ている人に伝わるものだと思う。

        学生時代、新潟にいたが、知らなかった。
        どうしても、長岡花火が前面にたってしまうが、こちらも、いつか自分の眼で見てみたいと思う。
        >> 続きを読む

        2015/12/31 by けんとまん

    • 3人が本棚登録しています
      東京ピーターパン
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 最初はあれ?
        少し進んで、どうオチが?
        で、最後はやっぱりねえ~という感じで、やっぱり小路さんの色だなということで納得。

        スッキリ!

        人は誰もが、ピーターパンなのかもしれないし、そいう部分を持っているのだろう。
        ただ、それに気づくのか、あるいは、意図的に伏せているのかはあるかもしれない。
        ここには、よく言われる音楽の持つ力が流れている。
        共通の思いみたいなもの。
        そうなんだよね~。
        >> 続きを読む

        2014/12/03 by けんとまん

      • コメント 1件
    • 6人が本棚登録しています
      ナモナキラクエン
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 途中で、これは・・・と思った。
        そうだった。
        切ないような、暖かいような。
        そんな環境が近くにあり、小さなころから特別なことだとは思っていなかったので、他の方が感じられるものとは、少し違うかもしれないな。
        楽園ではなくてラクエン、しかも、ナモナキラクエンという意味が、わかったように思える。
        自分の今の家庭も、そうであればいいなあ~と思う。
        かみさん、娘と息子はどう思っているのだろうか。
        それは、この中にもあるとおり、その時がくれば自ずとわかるものだろう。
        そんなことも、読んだあとに考えてしまった。
        >> 続きを読む

        2014/08/14 by けんとまん

      • コメント 1件
    • 4人が本棚登録しています
      オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 東京バンドワゴンシリーズの6巻です❗
        このシリーズに出てくる人達は優しい人が多いと思う。
        その優しさが原因でトラブルになる事が多いのだが❗
        読んで優しい気持ちになれる

        >> 続きを読む

        2015/05/16 by future

    • 6人が本棚登録しています
      シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 『東京バンドワゴン』は、明治時代から続く東京下町の老舗古書店兼カフェ。
        ちゃきちゃきの江戸っ子の店主の堀田勘一、伝説のロッカーで「LOVEだねぇ」が決めゼリフの息子の我南人(がなと)。
        彼らを筆頭にこの家で暮らす4世代9人の大家族たちの群像劇。
        おっと忘れちゃいけない。勘一の妻、サチ(実は幽霊)が物語の語り手です。
        好評につき第2弾!です。

        この小説に惚れるとしたら、それはこの家族のメンバーに惚れたってことでしょうね。
        逆にいうと、惚れたという感情が起きない人がこの小説を読んでも
        全然面白くないという結果になる可能性もあるということです。

        「あの頃、たくさんの涙と笑いをお茶の間に届けてくれたテレビドラマへ」と献辞にあるように、
        東京下町の堀田家のホームドラマ小説。

        そう。これはあくまでもテレビのホームドラマの小説化。
        だから、ご近所さんが入れ替わり立ち替わりこの家に現れ、行きずりの人が事件を持ち込んで、
        毎回事件が起こり、謎あり、涙ありドタバタありなのです。
        くさいセリフに現実感がない。なんて言ってはいけないのです。
        ファミリー全員がいい人で、揃いも揃って個性的で、
        イケメンだったり美女だったり才能があったり頭脳明晰だったり
        出来過ぎじゃん、なんて文句を言ってはいけないのです。
        だって、視聴率抜群の人気ドラマ目指しているんだから。\(^○^)/


        【内容】 冬から春の4篇からなる連作短編です。

        「冬 百科事典は赤ちゃんと共に」
          東京バンドワゴンのカフェに赤ちゃんが置き去りに!
          持ち込まれた古本の1冊に隠されたメッセージとは。
         
        「春 恋の沙汰も神頼み」
          ITベンチャー企業の若社長・藤島さんの心に秘めた愛と憎しみとは。
          あんたもか。藍子さんモテすぎでしょう。
         
        「夏 幽霊の正体見たり夏休み」
          孫を通して手渡された古い1冊の本が結ぶ、人の縁。
          涙の再会にこちらもうるると来てしまう。

        「秋 SHE LOVES YOU」
          藍子いよいよマードックさんとイギリスに2人展のために旅立つ日が
          来たと思ったら事件ですか?!
          殺人未遂にガサ入れに赤ん坊の緊急ダブル出産なんて、忙しすぎ。


        よりパワーアップ、という評価もありますが、2冊目にしてちょっと飽きてきた私。
        語り手が死んだおばあちゃんという設定も、面白かったのですが、
        このおかげで読者は所詮傍観者になってしまいます。
        特定の人物に自己投影できないんですよね。
        本当にテレビのブラウン管の中で起こった出来事を眺めているような感じなんです。
        このまま何巻も続いているのかなあ…。ちょっと疑問。

        【月うさぎの知ったかコーナー】
        小路さん、北海道の方なのに、下町良く書けていますねと感心しているのですが、今回は大ミスがあります。
        東京のお盆は7月15日です。8月ではありません。
        8月にお墓参りも墓掃除もしません。やるなら7月の盆の入りの日かその前です。
        東京ではお盆には迎え火、送り火を焚き、お供えをします。
        お盆の間、霊はうちに帰ってきているんですよ。
        だから、お墓にいってもそこには家族はいないわけですね~。

        東京以外の方でこの本を読む方は一応ご注意くださいね。


        【おまけ】
        店名「バンドワゴン」は鈴木茂さんというミュージシャンのLPタイトルから取られたものです。
        この作品はシリーズ化され、ザ・ビートルズの曲名にちなんだタイトルを付けています。
        (スピン・オフ作品は除いて)

        「シー・ラブズ・ユー」は1963年の大ヒット曲です。
        イントロの歌詞はすごいですよ。

        She loves you, yeah yeah yeah
        She loves you, yeah yeah yeah
        She loves you, yeah yeah yeah yeah

        これだけでサビのフレーズ作っちゃうんだから(*´∀`*)
        ビートルズのタイトルがついていなかったらこのシリーズ、自分は手に取らなかったと思います。
        >> 続きを読む

        2014/06/24 by 月うさぎ

      • コメント 8件
    • 7人が本棚登録しています
      オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • LOVEなんだねぇ~。
        やっぱり、堀田家はいい。
        それぞれが、あるべきポジションを占めていて、ぴたっとはまっている感じ。
        本は収まるところに収まるの如し。
        そして、次の代へキチンと伝わっていく、これ以上のヨロコビはないと思う。
        このあとの展開を期待し、想像してしまう(^^)
        >> 続きを読む

        2015/07/02 by けんとまん

    • 6人が本棚登録しています
      フロム・ミー・トゥ・ユー
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 遂に来たかあ~!!
        って、まあ、いつかこのパターンが来るとは思ってた。
        おさらいにいいですね~これ。
        そうかあ~そだったのか~と、いろんな隙間が埋まるし、想像もはたらいてしまう。
        登場人物が多いが、だいたい頭にはいっているので、フムフムという感じ。
        相変わらずの小路カラーで、安心して読めるなあ~。
        まあ、人によっては、そこが・・・もあるかもしれないが、やっぱloveなんだねえ~。
        >> 続きを読む

        2014/08/04 by けんとまん

      • コメント 2件
    • 3人が本棚登録しています
      東京バンドワゴン
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 大家族っていいな、羨ましいなって思うお話。下町の感じもいい。(10.07.04 読了) >> 続きを読む

        2015/06/17 by のこ☆

      • コメント 2件
    • 7人が本棚登録しています
      オブ・ラ・ディオブ・ラ・ダ 東京バンドワゴン
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • やってきました、バンドワゴン(^^)
        毎度お馴染み、バンドワゴン(^^)
        最後はいつものLOVEだねぇ~(^^)

        それにしても、一体どれだけの登場人物がいるんだろうかねぇ~。
        随分、忘れつつある人物もいるとはもうが、全然気にならない。
        話の流れにスッとのっかってくるから安心していられる。
        段々と、皆が成長していくのが、まるで、ご近所か親戚を見ているようで何とも心地よい。
        この空気は、やはり著者の人間性からくるのかなと思ったりしている。
        果たして、自分が物語を書いたら、こんな風に少しでもなっているといいんだよねえ~。
        >> 続きを読む

        2015/02/28 by けんとまん

      • コメント 1件
    • 5人が本棚登録しています
      レディ・マドンナ 東京バンドワゴン
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 読書界の水戸黄門・大岡越前ですかね^^
        安定感がある楽しさがあるように思う。
        登場人物も、毎回微妙に増えながら、しばらくして再登場したり、時の流れを感じます。
        それでも、やめられないのは、登場人物のキャラクターと、それを通して感じられる小路さんの思いなんだろうなあ~。
        いろんな派生物ができそうですが、やっぱり、それはなしで、このまま続いてほしいと思う。
        読者も、作中人物も一緒に成長していく感じになるといいなあ~。
        下町・人情・・・これに尽きる!
        >> 続きを読む

        2014/08/23 by けんとまん

      • コメント 1件
    • 6人が本棚登録しています
      残される者たちへ
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 団地には独特の世界がある。
        それは20数年暮らしたことのある自分が
        思う確かな事実。 その世界は良くもあり
        悪くもあるが、そのことを知るのは団地を
        出て初めて解る事...。

        この作品にいきなりのめり込んだのも、
        その世界を文字で凄く正しく、再現されていたから。
        懐かしいでは済まされない感情がとめどなく
        溢れてしまう。

        作品的にはファンタジーなのかSFなのか...
        良く分からないけど、こういったストーリーを表現
        するにはやはり小説という表現媒体は最強だ。

        団地で育って現在30歳オーバーで、日常に
        嫌気を感じつつ、でも実際は仕方ないと自然に
        受け入れてしまうような弱虫な方(笑)、必読。
        >> 続きを読む

        2013/04/07 by za_zo_ya

      • コメント 3件
    • 4人が本棚登録しています
      荻窪シェアハウス小助川
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • ほのぼのとしてて、いかにもという小路さんの味わい。
        シェアハウスかあ~久しぶりに聞いた言葉だなと思った。
        そういえば、いつだったんだろう?とも。
        大昔、学生の頃、下宿(アパート)住まいだったので、そんな頃のことを思い出しつつ読んだ。
        大家さんとの距離(物理的な距離も含めて)によって、随分、雰囲気も日常も違ったことを思い出した。
        こういう感じの暮らし方も一つの選択肢だな。
        自分は、アパート住まいよりも、こっちのほうがいいかも。
        それはそれとして、最後が少しせっかちな感じになってしまったのが、ちょっと残念かも^^;
        >> 続きを読む

        2014/09/08 by けんとまん

      • コメント 2件
    • 5人が本棚登録しています
      蜂蜜秘密
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • ファンタジーになるんでしょうね。
        それでも、やはり、小路カラーが色濃くでている。
        ういうオチかあ~というのが本音。
        サラサラと読めて、後味もいい・・・が、少し物足りなさを感じてしまうのは、致し方ないのかな。
        こんな蜂蜜があったら、実際、どうなるんだろう。
        蜂蜜は、花があり、蜂がいて成り立つもの。
        それを、いただいているわけで、感謝せずにはいられないと思う。
        >> 続きを読む

        2014/08/11 by けんとまん

    • 3人が本棚登録しています

【小路幸也】(ショウジユキヤ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本