こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


海後礼子

著者情報
著者名:海後礼子
かいごれいこ
カイゴレイコ
生年~没年:1972~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ヴァンパイレーツ
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • ※ネタバレ有り。


        吸血鬼と海賊もののホラー・ファンタジー、シリーズ待望の12巻。本当、このシリーズがまた読めるなんて嬉しい! 大好きなシリーズです。

        この本は、原本5冊目の、後半部分を翻訳したものです。最近は3分冊だったけど、この本は2分冊みたい。
        前巻までに、コナーとグレースは悪いヴァンパイア、シドリオの子供で、ダンピール(ハーフ・ヴァンパイア)だということを知ります。そんな二人が、シドリオとその妻、レディ・ローラの招待を受け、敵の吸血海賊船招待されます。コナーとグレースは食べ物に少しづつ血を混ぜられ、血の飢えを高められて行くのだが……、

        といったお話になっています。
        前巻とあわせて、この本も面白かったです! そして何より、シリーズ中随一の怖さを誇る巻でもあったし、苛々させられた巻でもありました。それだけ作者がうまいってことなんでしょうが、血の飢えのせいとはいえ、コナーもグレースもなかなかに嫌な子になっていて……。特にグレース、今まであれだけローカンとラブラブになっておいて、今更ジョニーとのあいだで揺れ動くのはないよ! しかも、最終的に出した結論は、どっちも好きって! まあ、そういうのもありなのでしょうが、ローカン好きとしては微妙な気分です。

        それにしても、不気味な存在だったオブシディアン・ダーク海尉が実はあの人だったり、あの人とあの人が死んでしまったりと、今回も息を付かせぬ展開で、本当に面白かったです! でも、怖かったしすごく悲しかったです。
        そうして、最後の最後でまたもやびっくりな展開! 本当にこれからどうなっていくのでしょう。
        シドリオは随分魅力的になってきた(むしろ主役を食っている)のですが、怖いのはレディ・ローラだなあ。
        なによりもこの小説は、本当に悪の魅力たっぷりな一冊で、私はステュークリーも好きです。ジョニーもいいですね。そういえば、ジャコピーはどうなってしまうんだろう……。
        まだあと一冊、邦訳されてない本があるので、その本の邦訳を待ちたいと思います。本当に、続きが読みたいと思える1冊です。吸血鬼か海賊、どちらかが好きな人にはお勧めのシリーズです。
        >> 続きを読む

        2013/07/07 by mayuri

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています

【海後礼子】(カイゴレイコ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本