こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


野中香方子

著者情報
著者名:野中香方子
のなかきょうこ
ノナカキョウコ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      137億年の物語 宇宙が始まってから今日までの全歴史
      カテゴリー:世界史、文化史
      5.0
      いいね!
      • 25cm×18.5cmのやや大判、506ページで厚さ3.5cm。かなりボリュームがあるが、ハードカバーでないし環境を意識してか、金額や重量を意識してか紙質もやや粗め。そこがいいと思う。
        ボリュームの割に軽くて持ちやすい。柔らかくてページが繰りやすい。
        分厚い教科書のような本だ。
        イラストや写真もたくさん使っているが、字が多い。
        一見難しそうだが、文章はそれほど難しくない。かなり読み応えのある読み物だ。

        読み始めると「!」「ほお~」「なるほど」「へえ~」「そうか~!」てことが次々と。
        天文学、生物、政治・・・というような分野で分かれてないのもいい。
        こんな面白い教科書だったら、中学高校の生物・地理・世界史(日本史)の勉強ももっともっと楽しかったかも。
        (テスト無し、覚えなくてもいいという前提で・・;)

        137億年前(最新のデータでは138億年とも)にどのようにして宇宙ができ、136億年前に天の川銀河が、46億年前に太陽(太陽系)がそして地球がどのようにして生まれ、生命(単細胞生物~)がいつどのように生まれたか。
        地球環境はどのように変化してきたのか。
        それぞれの生命(種)はそれぞれの時代でどのようにくらし、どのように進化し、なぜ絶滅したのか。

        学校で習ったことはすっかり忘れてるけど、
        人類の歴史を振り返るのは面白いし、そこから学ぶことがたくさんある。
        そして、現代社会について考え、人類の未来を思ってしまう。


        人類もまた、地球上に住む「種」のひとつでしかない。
        そして、一度絶滅しかけて千~数千人にまでなった。

        生き残った人類は、どのように文明を作りどのように生きてきたのか・・・・・・。

        今まだ、175ページ。5500年前~3500年前のあたり(ミノア文明 紀元前3300年~1700年頃)だが、地球の歴史からするとほんの極々最近の話になる。
        地球誕生から現在までを24時間とすると、23時59分59秒。つまりのこりたったの1秒のあたりなのだ。

        現生人類ホモ・サピエンスが誕生してから、このモノサシでいうとたった3秒。
        戦後、現代文明ができてからはほんの0.001秒。

        現代の人類は、地球が長い長い気の遠くなるほど長い年月をかけて(23時間59分59秒)作り貯えてきた自然(化石燃料など)を、あっという間に使い果たし、何億年もの間、互いに共生してきた自然界の関係を壊し、環境を壊し、多くの種を絶滅へと追い込んでいる。

        残念なことに、人間のやることなすこと全てが生態系へ大きな影響を及ぼし続けている。
        人間も生きていかなければならない。でも、その生き方が問題なのだろう。

        人類も又絶滅への道を進んでいる(人類も永遠ではない)が、その速度を速めているのは人類自身であることを自覚した方がいいと思う。
        文明の中で快適便利に暮らしている私だが、人類の未来、地球のことを考えると、少なくとも、絶滅へのスピードを速めるようなことだけはしたくない。できるかぎり・・・。

        というようなことを、思ったりして・・・。

        これに映像があるといいなあと思ったら、テレビ東京で日曜6時半から番組が放送されてるらしいです。

        また、ゆるゆる読んでいきます。
        >> 続きを読む

        2013/07/20 by バカボン

      • コメント 4件
    • 3人が本棚登録しています

【野中香方子】(ノナカキョウコ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚