こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


有川浩

著者情報
著者名:有川浩
ありかわひろ
アリカワヒロ
生年~没年:1972~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      レインツリーの国
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね! tanreinama chika-0305 KEMURINO future
      • 有川さんの他作品中で知り読みました。
        恋愛作品です。
        そこに普通とは違う要素がありますが、純粋な作品だと思いました。
        自分には縁遠い年代、出来事ですが、普段の生活では人間の嫌なことに触れることがたくさんあっても、この作品からいくらかの純粋さを感じることができて少し癒されました。
        >> 続きを読む

        2018/12/15 by ryoji

    • 他25人がレビュー登録、 144人が本棚登録しています
      阪急電車
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね! tadahiko anko masa920 niwashi tanreinama mr-kozou kuru Tukiwami JoyTan kiyoshi
      • 初レビューという事でお手柔らかに。
        最近出版された本ではないため今更感があったが手に取ってみるとページをめくる手が止まらなくなった。
        映画化もされていることもあり知名度も高い本書だが、当初私が抱いていた恋愛一色な小説であるというイメージとは少し違った。阪急電車という普通の人にとっては単なる移動手段でしかない場所の上での物語。ある時は男女が出会う場となり、ある時は人生でつまづいている人が他の乗客との絡みの中で何かを感じ、一歩踏み出す場になる。読んでいてキュンキュンするというよりは、電車の中には色んな人が乗っている事を実感した。というのは、電車に乗った時、隣に座っている人にはその人の人生があるわけで、電車を降りると再び出会うことは二度とないかもしれないが、この小説のように少しでも他の人たちの人生に携わってあわよくば何かを感じさせることができたら素敵なことだなと思った。
        この本は一話一話は短く、忙しい人にも読みやすい本であると思うので色んな人に是非読んで見て欲しい。
        >> 続きを読む

        2019/05/01 by kiyoshi

    • 他24人がレビュー登録、 162人が本棚登録しています
      図書館戦争
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね! kaina ukarei
      • まず最初に言えることは堂上教官が大好きになります、
        小学五年生のときに友達に勧められて図書館で借りたことがあったのですが当時の私には有川さんの文章や図書館戦争の世界観をあまり理解出来ず、楽しむことが出来ませんでした。
        しかし改めて高校生になって読んでみたのですが、とってもとっても面白い一冊だということに気付きました!
        是非みなさんに読んでもらいたい、そう思います。
        タイトルから想像すると堅苦しいお話に思えるかもしれません…

        しかし!!!!!!!!!!!!

        この小説は初恋の甘酸っぱさそのもののような少女漫画のような、そんな雰囲気があったりするんです!
        教官と部下だからこそ成り立つ関係性が私はとても好きでした〜!
        >> 続きを読む

        2018/12/13 by ゆきの

    • 他17人がレビュー登録、 131人が本棚登録しています
      植物図鑑
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! rinel
      • これで読了4回目となる、植物図鑑。

        小説だから書ける、さやかとイツキの出会い。

        「現実にこんな事、ないよねー」なんて突っ込みたくなるけれど。
        でも面白いんです。

        二人の日常が本当にあったかくて、穏やかで。
        でも悲しい事もやってきて、そこは読んでいる私でも辛かったです。

        何回読んでも、二人に魅了されてしまうのが、この本です。
        >> 続きを読む

        2018/10/19 by ゆずの

      • コメント 2件
    • 他16人がレビュー登録、 76人が本棚登録しています
      植物図鑑
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね! yoshiyoshi s1o
      • 私まで樹とさやかの散歩がいつの間にか楽しみになっていた!
        植物に興味が湧いてきた。
        樹とさやかが出会ったとき、会話が面白くて思わず吹いてしまった
        (*´∀`*)
        >> 続きを読む

        2018/07/28 by Na-chan

    • 他14人がレビュー登録、 109人が本棚登録しています
      旅猫リポート
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!

      • 「7」の形の尻尾を持つ野良猫が、事故で怪我したのをきっかけに、サトルという青年の家猫になった。

        オスなのに「ナナ」と名付けられて5年後、「よんどころない事情」で一緒にいられなくなったサトルとナナは、新しい飼い主を探し求める旅を始める。

        数多くの人気シリーズを持つ、ストーリーテラー有川浩が描くロードノベルは、どこか懐かしく切ないけれども幸福な風景を、私の心に刻みつけていく。

        飼い主候補は、サトルの古い友人たちだ。
        小学校の時の家出騒動、中学の修学旅行での事件、高校時代の淡い恋模様。

        古い写真館のある小さな街や田園を背景に、サトルが生きてきた決して平穏とはいえない日々が浮かび上がる。
        同時に、30代になった幼馴染みが、それぞれに困難を抱えながら暮らす日常を、ナナの視点でくっきり捉えているのも面白い。

        いわゆるツンデレなナナは、人間の言葉を解していて、私に愛嬌たっぷりに語りかけてくれる。
        猫から見れば、なるほど世界はそのように映るのかもと新鮮な発見があり、夏目漱石の「吾輩は猫である」やハインラインの「夏への扉」など、猫モノ小説を連想させる描写には、思わずニヤリとさせられましたね。

        サトルの運転する銀色のワゴンの車窓を、海や富士山が過ぎていく。
        やがて北海道へ渡った「一人と一匹」の前に広がる風景は、別れの予感を包み込みながら、私の胸に鮮やかに迫ってくる。

        これはまぎれもなく愛の物語だ。
        男女の恋愛ではなく、血のつながった家族の情愛でもなく、同じ種の生き物でさえないけれど、深く強く結ばれて寄り添いあう二つの魂。
        それに比べたら、サトルの周りにいる親子や夫婦の関係はなんと不器用で危ういことか。

        だが、不器用で不完全な人と人との関係の中で揺れ動き、育まれる思いもまた愛おしい。
        理想の「一人と一匹」を描きながら、そのことに気づかせてくれるのが、この小説なんですね。

        >> 続きを読む

        2019/04/02 by dreamer

    • 他11人がレビュー登録、 42人が本棚登録しています
      シアター!
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 友人にDVDと一緒にかりました。
        テンポ良く読みやすく、人情味あるキャラクターたちに愛着がわく。

        各々が複雑な思いを抱えていたり、多少「お金」関連に対し辛口な部分はありつつもほのぼのとした雰囲気。
        この作品のモデルとなった劇団主宰からのお言葉(「解説にかえて」)がとても好きです。
        >> 続きを読む

        2017/08/21 by snowball

    • 他10人がレビュー登録、 52人が本棚登録しています
      ストーリー・セラー
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね!
      • 本当にどこからどこまでが本当の話なの?!
        って言いたくなります。

        ストーリーセラーとは物語を売る者。
        頭では分かっていても、感情がそれを拒否する。
        あまりにも切ない、切ない、切ない。

        小説家の妻と、妻の書く小説をこよなく愛する夫。

        特別なことは何もなくて、
        誰にでも想像し得る、起こり得る出来事。

        その全てがリアルで感情が入りやすい。
        幸せな瞬間を思い出しては胸が苦しくなる。

        読み終えてからくりが分かったあとでも、
        この本だけは読み返せないかもしれない。
        ある一定の時が経つまでは…。
        >> 続きを読む

        2016/08/23 by starryeyed

      • コメント 5件
    • 他10人がレビュー登録、 52人が本棚登録しています
      塩の街
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね! kaina ukarei
      • 舞台設定が面白いと感じた。
        塩害。あり得ないと思いつつも、もしかしたらこんなことが現実でありえるかもしれない…と思いながら読み進めていた。
        まっすぐに生きている秋庭とまなの関係にぐっとくるものがありました。
        有川先生の恋愛小説は、深くてまっすぐで大好きだなあ~
        >> 続きを読む

        2016/04/06 by おかりん

    • 他9人がレビュー登録、 76人が本棚登録しています
      空の中
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね! anko ukarei
      • よかったです。
        航空機事故からはじまり。対策本部がたてられ、交渉を進めていく過程も興味深くなかなか面白い作品でした。 >> 続きを読む

        2018/07/24 by うえしん

    • 他8人がレビュー登録、 80人が本棚登録しています
      海の底
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! kiki ukarei
      • 長らく積んでいた「自衛隊3部作」の一冊。今度の敵は巨大化した「エビ」。何か怪獣映画みたいな舞台設定ではあるけれど、こういう事が仮に起こった場合、警察や自衛隊はどう対処するのか?。そのようなリアルな目線で物語が進んでいく点では非常に面白く読むことができた。今回も「空の中」と同じように恋愛要素はやや少なめ。最後の方で望が夏木を追っかけて同じ職場に来るのにはニヤニヤさせられたけど。あとがきでこの後の話の続きが「クジラの彼」にあると知ったので、機会を見つけてその作品も読んでみたいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/03/18 by おにけん

      • コメント 4件
    • 他7人がレビュー登録、 69人が本棚登録しています
      クジラの彼
      カテゴリー:小説、物語
      3.9
      いいね! ukarei
      • 有川浩さんの自衛隊恋愛短編集です。どの物語のカップルもか可愛くてかっこよくてにやにやしちゃいます!だけど一方で、彼ら彼女らは恋だけでなく仕事にも直向きに誠実です。どれを読んでも読後は明るい気分になれる、素敵な一冊だと思います。 >> 続きを読む

        2018/03/20 by nona

    • 他7人がレビュー登録、 65人が本棚登録しています
      県庁おもてなし課
      カテゴリー:小説、物語
      3.9
      いいね!
      • とても読みやすい文体でした。また、地方の観光振興について勉強になりました。ただ、文体が読みやすい割りに前へ前へと読み進めさせる推進力に欠ける部分があるように感じました。 >> 続きを読む

        2017/10/07 by kun

    • 他7人がレビュー登録、 47人が本棚登録しています
      キケン
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね! zunco
      • 文庫版で再読。
        いいねぇ! 電気工科大学男子の日常冒険活劇!
        無駄に全力疾走、大学という期間限定の祭りを騒ぎ尽くせ!
        祭りの後は、みんなそれぞれのステージへ。居場所も後の奴らに譲らなければいけない。感傷に浸っていれば寂しいと感じるけど、あの頃の奴らとのつながりが切れたってワケじゃない。そう思えるだけで、顔を上げて一歩踏み出せる力になる。
        理系でも創作系でもなかった、おぢさんの大学生活。でも、居場所も仲間もあったし、楽しかった。それで満足。
        >> 続きを読む

        2017/08/04 by かんぞ~

    • 他6人がレビュー登録、 60人が本棚登録しています
      ヒア・カムズ・ザ・サン
      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね!
      • サイコメトリーの能力を持った主人公が、会社の同僚のために奮闘するというあらすじ。内容と関係が無い感想だが、作家の方が色々な感情を持ち合わせていてその感情から話の世界観に遭った登場人物を作り、動かしていくという作業が必要な点に非常に興味をひかれた。編集者はその世界に沿って(世界観に浸かる必要があると思うが)アドバイスをしていく。これも大変な作業だなと思った。どちらも人の心の機微に聡い人でないと出来ないと思う。自分には出来ないな。劇団版の舞台は見たが、パラレルに話が近かったかな。今度見返してみようと思う。
        >> 続きを読む

        2017/05/26 by おにけん

    • 他6人がレビュー登録、 31人が本棚登録しています
      三匹のおっさんふたたび
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね!
      • 三匹のおっさんの続編。前作同様三匹のおっさんの活躍ぶりは痛快でした。ボーナストラックがもう一つ面白くなかったのが残念。 >> 続きを読む

        2017/04/25 by konil

    • 他6人がレビュー登録、 25人が本棚登録しています
      ラブコメ今昔
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね! ukarei
      • 自衛隊のラブコメとか、作者の趣味丸出しな
        短編集第二弾。(第一弾は「クジラの彼」らしいが未読)

        甘々で砂を吐きたくなるような展開の節々で垣間見える、
        自衛隊としての覚悟。
        たぶん、他の職業と比べて、「いってきます」と「ただいま」の重要性が違うのかな~と改めて感じた。

        「青い衝撃」では女性の強さが、
        「秘め事」では男性の勇気がそれぞれ描かれている印象。

        あと、「広報官、走る!」で作者はマスコミに対して
        何か私怨でもあるのかなーと
        なんとなく思った。
        >> 続きを読む

        2017/05/04 by マギー

    • 他5人がレビュー登録、 64人が本棚登録しています
      図書館内乱
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! ukarei takami
      • 今回は郁以外のキャラクターにもスポットが当たっていて新鮮で面白かったです!
        小牧教官と耳の不自由な毬江ちゃんの恋、最後「愛します」って言ったのがとてもきゅんとしました(●´ω`●)
        柴崎と手塚がお互いちょっと心を開いたところもとても嬉しかったです。
        柴咲には堂上班のメンバーが一番あっている気がします笑
        素直でいられる場所って大切ですよね、
        それから最後に郁が想っていた王子様の正体が堂上教官だと知るシーン、あれが私はこの小説の中で一番すきです!
        堂上教官と郁の関係って、ひねくれているようでお互いまっすぐでとてもいいなと思います
        >> 続きを読む

        2018/12/13 by ゆきの

    • 他5人がレビュー登録、 87人が本棚登録しています
      別冊図書館戦争
      カテゴリー:小説、物語
      3.9
      いいね! ukarei
      • 書店でふと手に取った第一巻から、あっという間に最終巻まで読み終えてしまいました。

        こんなに笑って、泣いて、先を読みたくなって、時間を忘れながら読んだシリーズは久しぶりでした。

        最後は痛みを伴うもので、読んでいるこちらの心の振れ幅も大変なものでしたが、それでも最後には幸せが待っている・・・そう信じて読み進めました。

        そう思えたのも、今まで歩んできた彼らの道があればこそ。思い返すと様々なシーンが思い浮かびますが、今はその余韻にゆっくり浸りたいと思います。
        >> 続きを読む

        2017/09/25 by esu

      • コメント 2件
    • 他5人がレビュー登録、 68人が本棚登録しています
      三匹のおっさん
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! ryoji
      • コレは表紙のイメージどおりマンガみたいで読みやすい。
        高校生カップルは健全でイヤミがない。 >> 続きを読む

        2018/07/06 by motti

    • 他5人がレビュー登録、 64人が本棚登録しています

【有川浩】(アリカワヒロ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本