こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


田辺イエロウ

著者情報
著者名:田辺イエロウ
たなべいえろう
タナベイエロウ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      終末のラフター = LAUGHTER in The End of The World
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • 放浪を続ける青年に浮かぶ笑顔(ラフター)。そして彼が守りたい笑顔。

        何だか深読みすれば、とても奥が深い作品のような気がするものの、ツルツルと表層部分を読んでしまった感じ。

        襲撃しない代わりに定期的に生贄を要求する悪魔に魅入られた町。
        この町を訪れた、あどけない妹を連れて放浪する名を捨て「悪魔喰い」として生きる青年。

        町を苦しめる悪魔を倒すことで町を解放する契約を結び、悪魔討伐に向かう彼だが、ミッションを完遂し戻ってみると、町長の喉元過ぎれば的態度に遭遇する。

        「責任の所在をあいまいにされるから、俺は個人としか契約しない」

        公人としての町長なので、厳密には個人とは言えないようにも思えるが、変わらず現職の町長で有る間に、自らが契約した内容を反故にするとは言語道断な輩である。

        テーマは悪魔と人間のコントラストにより、人間に潜む悪魔性を描くことだと思う。

        絵の感じも全体的に好きだし、若干エヴァンゲリオンの使徒を連想させるものの悪魔のデザインもオリジナリティを感じた。

        調べた限り、それほど作品の多い方では無さそうだが、他の作品も読んでみたいと思った。

        驚いたことに、この著者は(「イエロウ」さんなのに)女性だそう。
        >> 続きを読む

        2013/07/14 by ice

      • コメント 4件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      結界師
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • 黒芒楼の襲撃を受け、志々尾が死亡してしまう。
        良守は敵討ちを決意する。
        そして兄・正守率いる夜行の面々と一緒に黒芒楼の襲撃に備えるが――。

        この巻はいきなり葬儀シーンから始まります。
        好きなキャラだったし、これからの成長が期待できる兆候があっただけに非常に残念でした。

        その死に関して、敵討ちを決意するってところまではわかるんですが、敵を倒すために自ら囚われの身になって1人敵の本拠地に乗り込むという行動に初めて読んだとき驚いてしまいました。

        【http://futekikansou.blog.shinobi.jp/Entry/1637/】
        に感想をアップしています。
        >> 続きを読む

        2014/05/09 by hrg_knm

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      結界師
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      • 400年続く結界師の家に跡取りとして生まれた良守。幼馴染でライバルで思い人の時音と2人で烏森の地を守るため日々妖退治に励むが――。

        アニメ化もされたことのある作品です。
        まあ、一部地域では放送縮小されて、めちゃくちゃ酷い位置で放送打ち切られた苦い思い出もあるんですが(笑)

        よくある妖退治ストーリーながら能力の凡庸性や、登場人物たちの背景など深読みできる点があってかなり面白い。
        1巻ということもあり、1話完結ものに終始しています。正直1巻はバトルを期待している人には物足りないかと思います。

        【http://futekikansou.blog.shinobi.jp/Entry/220/】
        に感想をアップしています(2010年11月のものです)。
        >> 続きを読む

        2014/03/09 by hrg_knm

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      結界師
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • 妖の力が増してしまう土地・烏森。そこを守る少年たちの戦いを描いた作品。

        今回は敵勢力が烏森に攻め入ってきます。
        そこで繰り広げられる戦いにワクワクしつつも、展開を知っているだけに読み進めたいような進めたくないような複雑な心境で読んでました。

        難しい少年が心を開いていい方向に変化しつつあるなかで、最期を迎えてしまうというのはすごく悲しいものがあります……。

        【http://futekikansou.blog.shinobi.jp/Entry/1467/】
        に感想をアップしています。
        >> 続きを読む

        2013/11/20 by hrg_knm

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています

【田辺イエロウ】(タナベイエロウ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

味のプロレス 闘魂編