こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


中川淳一郎

著者情報
著者名:中川淳一郎
なかがわじゅんいちろう
ナカガワジュンイチロウ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ウェブはバカと暇人のもの 現場からのネット敗北宣言
      カテゴリー:電気通信事業
      3.3
      いいね!
      • 毎日のようにネットはしている訳だけど、確かに自分より暇だなぁコイツって人は多いね。ネットがお仕事の人は暇人対策をしなきゃいけないのが厳しいよなぁ。 >> 続きを読む

        2013/06/15 by freaks004

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      ネットのバカ
      カテゴリー:電気通信事業
      3.5
      いいね!
      • 現在のネットの様子を淡々と書いている書。
        どんなにネットが発達しても、使う人間の本質は変わらないから、賢い人が使えば有効だし、馬鹿が使えば何の得もない。そもそもネットを駆使したからって自分の人生が劇的に変わることはない。ネットのおかげで助かりました!じゃなくて、自分の実力があってそれを発揮する過程にネットがあったので助かりました!なのである。

        私も本書を読む前から気付いていたし、本書にも書かれていた。
        ネットを使う人の目的を大別すると『自己承認欲求を満たすため』『“愛国者”』『お金稼ぎ』などである。
        Facebookを使って“イケてる自分”を演出するのも、もろ自己承認欲求や自己顕示欲を満たすためだ。書く側も見ている側もそれに対して何も得はない。他にも十分やるべきことやためになることがあるはずだ。
        本書はおもにビジネス観点から書かれているが、私はそれだけでは物足りなさを感じた。もっと道徳的な観点からも書いてほしかった。

        ネットでいっぱいフォロワーを増やしたり、SNSで友達を作ることよりも、現実世界で仲間を増やすことのほうがずっと大切なのは私も十分にわかっている。
        ネットで情報収集するよりも、たくさん本を読んで知識を得るほうが大切なのもわかっている。
        ネットの世界は現実世界より辛辣だ。ネットにどっぷりはまっている人は心が窮屈だろうと思う。ネットの世界と現実世界は似ているようで全く非なるものだと私はよく思う。
        それほどネットは薄っぺらいものであり、まだ発展途上のツールである。
        >> 続きを読む

        2015/05/12 by Nanna

      • コメント 4件
    • 5人が本棚登録しています

【中川淳一郎】(ナカガワジュンイチロウ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本