こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


山田規畝子

著者情報
著者名:山田規畝子
やまだきくこ
ヤマダキクコ
生年~没年:1964~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      壊れた脳生存する知
      3.0
      いいね!
      • 高次の脳機能障害に陥った医師のなまなましいが客観的でもあり主観的でもある記録と思い。樸の親も数日前に脳卒中に倒れ、しばらく読書から離れていたのに、ふと手にしたのが本書。脳障害で意思の疎通が困難になった親子・家族の多くを元気にしてくれる、……たぶん。
        言葉の重さも、言葉にならない思いの重さも噛みしめたい。
        >> 続きを読む

        2014/09/17 by junyo

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      壊れた脳生存する知
      いいね!
      • 匿名

        30台の若さで重度の右頭頂葉後方病巣による高次脳機能障碍者となった女性医師の内面を描いた本です。

        高次脳機能障碍者の手記として、当時は目新しく、はっとさせられることが多かったです。

        例えば、球麻痺による発声・飲み込みの困難さ、などは
        なかなか当事者さん自身の感覚が描かれることもないので
        勉強になりました。

        前頭葉が比較的保たれていることを生かし、前頭葉機能を「前子ちゃん」と名付けて、メタ認知を用いた生活改善を工夫しておられます。
        すべての高次脳機能障碍者がそれを出来るわけではなさそうですが、試行錯誤の果てに、脳が脳をヘルプしている感じがして、人間の認知機能の奥深さを感じました。

        よくある「しゃべりすぎ」の現象についても、自覚的に書かれていました。

        >「次々と吐き出される言葉、間違いに気づこうものなら、
        >いけない、早く上塗りをしておかないと、という強迫観念めいた焦りに
        >せきたてられて、ますます言葉を重ねてゆく」。

        言葉が暴走してから、相手のきょとんとした顔に気づいて話が止まる、つまり相手の様子が認知機能のフィードバックになりえているとのこと。けっして無我夢中というのではなく、環境的なキューを認知しているのだなとわかりました。

        回復には念単位の時間がかかることや、社会が障碍者に優しくないことなども書かれており、社会の側にも理解が必要なのだと実感します。

        この本が書かれてから10年以上が経過した今、高次脳機能障碍をめぐる社会環境が、少しでもよくなっているといいのですが。
        >> 続きを読む

        2017/08/22 by 匿名

    • 1人が本棚登録しています

【山田規畝子】(ヤマダキクコ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本