こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


犬村小六

著者情報
著者名:犬村小六
いぬむらころく
イヌムラコロク
生年~没年:1971~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      とある飛空士への追憶
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • (登録前に読んだ本)

        電子書籍にて再読。(2回目)。2013年8月頃。

        2016/09/27 by oniken0930

    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      とある飛空士への追憶
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 内容紹介-------------------------------------------------------
        「美姫を守って単機敵中翔破、1万2千キロ。やれるかね?」レヴァーム皇国の傭兵飛空士シャルルは、そのあまりに荒唐無稽な指令に我が耳を疑う。次期皇妃ファナは「光芒五里に及ぶ」美しさの少女。そのファナと自分のごとき流れ者が、ふたりきりで海上翔破の旅に出る!?―圧倒的攻撃力の敵国戦闘機群がシャルルとファナのちいさな複座式水上偵察機サンタ・クルスに襲いかかる!蒼天に積乱雲がたちのぼる夏の洋上にきらめいた、恋と空戦の物語。
        ---------------------------------------------------------------

        これがライトノベルなのか!?
        『とある飛空士への追憶』はライトノベルレーベルであるガガガ文庫から出版された。
        それが人気を博し、映画化がなされたことで、加筆修正を行って新装版が出された。
        新装版では、文庫にあったイラストを省き、より一般小説らしい修正等がなされたようだが、「ライト」なんてとても言えない読みごたえがある。

        まず文章のレベルが高い。
        海、空、雲、光の表現はとても美しい。
        時折、同じ言葉・表現が複数回出てきてくどいと感じることもあるが、語彙は豊富でそれを当てはめるセンスもある。
        ファナの美しさを描写するときも、儚げな様子が伝わってくる。

        そして何よりストーリー。
        主人公シャルルはその生まれから、これまで迫害を受けてきた。
        それでも、幼い頃屋敷で出会ったファナの「悲しいときは、空を見上げるんだよ」という言葉を支えにして、飛空士になった。
        時はレヴァーム皇国と天ツ上の戦争の只中にあった。
        戦況により、皇妃となるファナを皇国の皇子のもとへ届けなければならなくなるが、それは敵中の単機翔破が求められるものだった。
        その任務にシャルルが選ばれ、二人は再会を果たす。

        「結ばれないロマンス」は昔からあるが、王道もここまで書ければ最強としか言いようがない。
        1週間にも満たない期間の、一瞬の恋。
        それでも一つ一つのシーンがとても印象的で、身分の違いに悩む二人の心情と、それでも抑えきれない感情にあふれている。

        戦闘機から逃げるシーンはとても細かく、躍動感があって、ハラハラする。
        読者に「吊り橋効果」を起こさせる。
        シャルルとファナと同じ危機を共有し、胸が高鳴り、それはファナに対するものだと錯覚する。
        その後のシーンでファナのキャラクターや心情に共感し、錯覚ではなくなっていく。

        ラストシーンは至高。
        こういう甘いの大好きだ。
        もう、何度二人でこの戦いから逃げてくれと思ったことか。
        シャルルがファナに話した水姫の物語が思い浮かんでくる。

        「たとえ短くて辛いことばかりの人生でも、一生涯のすべての歓喜を圧縮したような、かけがえのない瞬間に巡り合えたなら、その人の人生は幸せなものではないか……」

        この物語はこれで終わりでも、同じ世界を舞台にしたシリーズがあるので、必ず読もうと思う。
        文庫版を手に取るのもいいかもしれない。
        映画も見よう。
        >> 続きを読む

        2017/03/07 by ともひろ

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています

【犬村小六】(イヌムラコロク) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

この賭の行方 (MIRA文庫)