こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


杉本詠美

著者情報
著者名:杉本詠美
すぎもとえみ
スギモトエミ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      シャドウハンター骨の街(シティ・オブ・ボーンズ)
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 全米で大ブームを巻き起こし、今年米独で映画公開される(全世界で)大人気のYAファンタジー、「シャドウハンター」シリーズ(原題The Mortal Instrumentsシリーズ)の感想です。
        美人で心配性の母ジョスリンと暮らす15歳の少女クラリー。ある日親友の男の子サイモンと訪れたクラブハウスで、天使のように美しい三人の少年少女が、ひとりの若者を「狩って」いるところを目撃したことから、クラリーの人生は一変する。彼らは、妖魔を狩る「シャドウハンター」だったのだ!

        本当にさわりのあらすじはこんな感じでしょうか。

        読み出すまでにすごく時間の要った本だけど、これは面白かった! 話が次々と転がってどんどん事件が起きるので、読む手が止まりませんでした。
        別所では、海外のラノベとか、美形だらけのハリー・ポッターとかそういう意見もあるみたいですが、でも複雑に絡み合った人間関係や恋模様などはこれからどうなって行くのか本当に気になる!
        若いシャドウハンターのなかで随一の腕前を誇る自信家のジェイスと、何でも話せる心安らぐ幼馴染、サイモンとのあいだでモヤモヤする主人公のクラリー。
        でもサイモンはジェイスの親友であるアレクの妹、イザベルにメロメロみたいだし、アレクはアレクでゲイ・セクシャルのようで、同じくゲイの魔法使い、マグナス・ベインに口説かれていたし、なんというかこう書いてみただけで、色々な形の愛や友情が堪能できそうで、そんな人間模様がたまらなく、このティーンエイジャーたちを見届けたい! という気持ちにさせてくれる一冊でした。

        登場人物も個性的。
        どのキャラクターも甲乙つけがたいくらい好きです。
        本当、まだ上下巻の上巻を読み終わった段階ですが、人間関係の見せ方がうまくて、既にぐいぐいハマっています。個人的に、今年一番のヒット・シリーズになりそうな予感。
        著者のカサンドラ・クレアは日本の漫画やアニメ文化が好きななかなかオタクな人物のようで、指輪物語やハリー・ポッターの同人誌を書いていたり、熱心なRPGゲーマーらしい様子が伺えて、ちょっと親しみが湧きます。クラリーもサイモンもいい意味でオタクだしね。

        とにかく、こんなにハマるとは読むまで思いませんでしたが、読んでよかった! と思えたシリーズでした。
        個人的に私もD&Dゲーマーなので、サイモンが同志だと思わせるくだりは嬉しかったです。
        あと、ジェイスの食の好き嫌いもちょっとツボで印象に残っています。ベルガモットとキュウリが嫌いで、木須肉(豚肉と卵と木耳の炒め物)が好きというのが、実は本編よりも印象に残っています。

        そんな上巻はとっても先が気になるところで終わっているので、このまま下巻へ!
        今年映画公開ですが、日本でも公開してくれないでしょうか。無理だろうなあ。

        とにかく、今年の読書でも指折りの収穫と言えるシリーズでした。ぜひ読んでみてほしいです。
        >> 続きを読む

        2013/07/24 by mayuri

      • コメント 3件
    • 2人が本棚登録しています
      シャドウハンター骨の街(シティ・オブ・ボーンズ)
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 全米で大ブームを巻き起こし、世界中でファンを獲得している「シャドウハンター」シリーズの第一巻目の翻訳の下巻。
        体調を崩して、読み終わるのにすごく時間がかかったけれど、読み始めたら止まらなかった! すごく面白かった。カサンドラ・クレアの小説の持ち味は、ジェットコースターのような展開の速さですね。読んでいて飽きさせません。
        シャドウハンター最大の反逆者、ヴァレンタインに母ジョスリンを連れ去られたクラリー。シャドウハンターの至宝モータル・カップを探し出すうちに、過酷な運命がクラリーに襲いかかって来る……。

        表紙はイザベル、アレク、サイモンですね。みんな格好いいです。

        下巻は登場人物の抱えている背景や心情が明らかになってきて、また登場人物が魅力的になった印象がありました。ルークがたくさん活躍してくれたのが嬉しかったり。
        また、ロマンス的な要素も出てきて、ジェイスとサイモンとクラリーの三角関係からも目が離せません。クラリーとジェイスの意外な関係も明かされ、どうなることやらという感じで、本当登場人物を最後まで見届けたい気持ちでいっぱいです。
        話の展開や筋よりも、登場人物たちの人間関係を楽しみながら追っていくのが個人的な楽しみ方でした。複雑で愛憎入り乱れる関係は、本当に面白いです。

        個人的にはお気に入りキャラのアレクとマグナスが、下巻はあまり活躍してくれなかったのが残念。次巻に期待ですね。
        アレクとマグナスといえば、余談ですが作者のHPで、二人の初キスの様子を描いた短編が公開されています。初デートの約束まで取り付けて、その初デートの様子は10月に電子書籍で短編が発表される予定。読みたい……!

        とにかく、滅多に本は手元に置かないのですが、このシリーズは揃えてもいいなあと思ったシリーズでした。本当にすっかり夢中です。
        映画は今月に米公開。今世界でもとても熱いシリーズなので、興味のある方は読んでみてはいかがでしょうか?
        >> 続きを読む

        2013/08/15 by mayuri

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています

【杉本詠美】(スギモトエミ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本