こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


BoxC. J

著者情報
著者名:BoxC. J

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      沈黙の森
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!

      • C・J・ボックスの「沈黙の森」が面白い。

        この小説は、ワイオミング州の猟区監理官ジョー・ピケットを主人公とするシリーズの第一作だ。

        まず、主人公のキャラクターが実に良くて、州知事の顏を知らずに検挙してしまったりするなど、真面目だけどドジな男というところが、読んでいて感情移入出来るんですね。

        「おまえは、絶滅危機種なんだ。おまえみたいなやつはあまりいないよ、ジョー」と言われるほど、妻を愛し、娘たちを愛しているが、不器用な男であり、強くもない。

        要するに、家庭を大事にする普通の男だ。
        決して完全無欠のヒーローではない。
        美点は「あきれるほど頑固」で、なかなか諦めないこと。

        ある日、裏庭で死体を見つけるのが、この長篇小説の幕開けだが、解決済みの事件を彼はずっと追い続けるんですね。
        自分の勘だけを信じて。
        その頑固さが、この男を屹立させている。

        幼い頃の回想に見られる鮮やかな描写力も素晴らしく、そういう場面はキラキラと光っている。
        この作品がデビュー作で、アメリカの主要新人賞を総なめにしたということだが、ストーリーにやや新味が欠けることと、悪役のキャラの掘り下げが浅いので、傑作になり損ねているが、第一作目でここまで書ければ十分だろう。

        今後の作品が愉しみになってくる作家ではありますね。

        >> 続きを読む

        2019/01/31 by dreamer

    • 3人が本棚登録しています
      ブルー・ヘヴン
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!

      • C・J・ボックスの「ブルー・ヘヴン」は、12歳と10歳の姉弟が、森の中で殺人事件を目撃することから幕を開ける。

        犯人は、元警察官の四人組。彼らは、目撃されたことを知り、口封じのために、この二人を追跡し始めるのだった。

        二人は、必死の思いで、とある古びた牧場へと逃げ込む。
        そこの牧場主は、若い女房には逃げられ、息子も満足に育てられなかったと、悔やんでばかりいる、時代の流れにうまく対処できなかった男だ。

        そんな男が、逃げ込んで来た二人のために、男の矜持をかけて立ち上がる-----という、見事なまでに伝統的な男の物語なのだ。だが、これがとてもいいんですね。

        ある意味、現代のウエスタンともいえる物語になっていると思う。
        今の時代で、最も行き場を失っている子供と老人が、突然、襲って来た脅威に対して、どのような姿勢で立ち向かうのか、これは我々にとっての課題でもあるような気がします。

        >> 続きを読む

        2019/05/29 by dreamer

    • 1人が本棚登録しています

【BoxC. J】 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本