こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


真山仁

著者情報
著者名:真山仁
まやまじん
マヤマジン
生年~没年:1962~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      マグマ
      カテゴリー:小説、物語
      4.4
      いいね!
      • 本を閉じた時に胸に生じた熱い気持ちをどうしたらよいのだろうか。
        これは大人のファンタジーだと思う。感動も当然したがそれ以上に高揚感のある作品だった。読み終わった今余韻が残っていてそのまま次の読書にシフト出来ない。

        所謂ハゲタカと呼ばれる外資系のファンドに勤務する野上妙子は、地熱発電の会社を買収再生する任務に当たる。採算ベースに乗せ、会社を売却し利益を得る。リストラをし会社を立て直そうとする妙子と、地熱発電への熱い想いを持つ研究者と衝突する。
        研究者と衝突しレクチャーを受ける度に深まる疑問。事故のリスクを伴う原子力発電と比して、地熱発電は夢のエネルギーとも言える。何故エネルギーの選択肢として狭間へ追いやられているのか。
        研究者達と解りあうごとに深まっていく地熱発電への希望。妙子は次第に彼らに惹かれていく。
        しかし彼らの純粋な志は、否応無しに憎悪渦巻くパワーゲームに巻き込まれ翻弄されていく。果たして地熱発電はこの国に根付くのか。鬼子として葬り去られるのか。

        経済小説は旬の物であり、時間が経つと陳腐化し過去の遺物として忘れ去られていく。この作品も現実に追い越され、夢物語の残滓のように感じられてしまうかもしれない。しかし、これは世の中の理想の形を追い求める小説という形態の中では傑出した作品だと思う。
        何よりもこれだけの情報量をまとめて一つの物語を作り上げ、その中にこれだけの人数の登場人物を登場させながら薄っぺらにしない、一本筋の通った作品に仕上げる。これは中々出来る事ではないと思う。

        地熱発電で現実に全てまかなえるなどという事は全く思わないし、原子力発電を即刻止めろなど思わないが、希望や目標を持たない所に成功は訪れないと思う。政治家やエネルギー産業に携わる人に読ませてどんな感想を持つか聞いて見たい本だと思った。

        >> 続きを読む

        2015/05/13 by ありんこ

      • コメント 18件
    • 他3人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      黙示
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 私の好きな作家である真山仁氏の本である。
        農薬と遺伝子組み換え食品の問題から派生して日本の農事行政、政治、国際関係、環境問題、産業として農業など色々テーマに幅があり面白かった。真山氏の小説では多数の主人公の視点の切り替えによって話が進むのだが、今回も同様に展開する。
        私の中で一番響いた問題意識は、食料争奪戦争だ。世界的に見て、人口は増えているが農用地が干魃で減っている。資力のある国や人が安心で美味しい食料、農用地、農業の技術を買っていくのは当然で、日本も危機感が余り無いけどもう既に巻き込まれているというものだ。私や子供も生きるために美味しい安全性の高い食べ物を食べたいところだが、買うには高価になりすぎるという未来が予想されるのであれば、自家消費のできる作物を日曜百姓で栽培しようかと思った。
        また食糧難で飢餓に苦しんだり亡くなったりしている人を非常に悲しく思う。豊かに皆が食事できる世界を切に願う。
        >> 続きを読む

        2015/08/22 by harubou

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      グリード
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 企業買収を題材としたシリーズ第四弾であります

        サブプライム問題から発するリーマンショック、そして、世界同時不況時
        強欲(グリード)に塗れたアメリカにお仕置きを
        ということで
        ゴールデンイーグルこと、鷲津政彦が金融不安のどさくさに紛れて、アメリカの象徴を買っちゃうよってお話

        人も企業も初心を忘れてはいけません
        志を忘れてはいけません
        お給料は、幸せを与える対価であります
        過多なお金儲けは、手段であって、目的になってはいけません

        鷲津の買収劇には、裏の事情がある訳で・・・・・・
        これは、最後の最後のお楽しみ!!

        前作までのライバルたちがチョコチョコっと登場するのも良かったです
        経済のお勉強にもどうぞ

        さてさて
        騙されるのは、誰だ!!
        >> 続きを読む

        2014/01/22 by momokeita

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      ハゲタカ
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 面白い本だ。
        この本を読むと不良債権ビジネスとその取り巻く人々が非常によく分かる。特に債務者の居直りや振る舞いにリアリティーを感じる。そして不良債権を生み出した経営者達当事者等の放漫経営の責任感の無さは情けなく思う。 >> 続きを読む

        2014/11/19 by harubou

      • コメント 2件
    • 6人が本棚登録しています
      ハゲタカ
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 面白い本はあっという間に読み終わってしまう。
        この本で私が一番気になるところは、強烈な太陽製菓の経営陣だ。贅沢の極み、わがままなところ等、小説の登場人物も読者である私も腹立つ感じが堪らない。小説内で盛んに言われるのは、責任感が欠如しているところ。一度吸った甘い蜜、既得権の味が忘れられない様子が描かれる。その醜さが面白いところだ。 >> 続きを読む

        2014/11/23 by harubou

      • コメント 2件
    • 5人が本棚登録しています
      プライド
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 買ってあったのに読むのが遅くなった。表題の「プライド」は2008年初出。フィクションだが日本の現実を踏まえた貴重な取材がデータになっている。だが現状は殆どが変化がなく続いていることに考えさせられた。
        「プライド」は人を高めもするが崩壊もさせる。7編の主人公たちの前向きの矜持に励まされる部分が大いにあった。
        自分は余り関わりのないと思っているところが、知らない、気づかないだけで大きな影響を受けていることを知る。
        真山さんの本を読むのは、こういったまっすぐな、直球ど真ん中という作品に触れることが出来るから。長く読んでなかったその後の作品を辿ってみたい。

        一俵の重み
        現在の農政について。食料自給率、農産物輸出支援基金、農業者個別所得保障制度などの言葉が飛び交う。
        冒頭は当時拍手喝采で迎えられた”必殺仕分け人”が農水省の出した三件の基金を切り捨てるかどうかの場面から始まる。「却下!!」と叫ぶ美人議員を、純正ジュースで篭絡しようとすることの、あの手この手。
        米博士の米野が日本の米を巡って開陳する理論は、米を主食にし、米好きの私には胸に応えた。
        「食料自給率が40%を割り込みそうな今、輸出と言う発想が理解できませんか」
        「食料自給率はカロリーベースなんです」
        「輸入をやめると、食料自給率は100%になるわけです。にもかかわらず多くの国民は飢えるでしょうね」
        「小麦の世界標準の価格は、トン当たり約200ドルです。それが、日本は1200ドル以上します。名物の讃岐うどんの原料の大半は輸入品です。地元産の小麦より上質だからです」
        「なぜ米を輸出するための基金が必要かと言うことです」
        「本当の意味で、この国の食料がなくなるかも知れないという時に備えるためですよ」
        「輸出できるほどの良質な米を大量生産すれば、不測の事態にも備えることが出来ます。つまり、食料安全保障問題も解決するわけです。たとえ輸入がとまったとしても、輸出用の米を国内に回せばいいわけですから。しかも供給過剰問題も一挙解決することになる」
        「日本の農業とは何を指すのです」
        「日本の農業就業人口は260万人です。しかも、実質農業だけで生計を立てている主業農家は諸説ありますがそのうちせいぜい2割、58万人農家です」
        「戸別保障は、買い取り価格の下落で赤字に悩む農家を救う制度なんですよ」
        「大臣、なぜ兼業農家にまで赤字分を支払うのです。しかも、現状では減反している農家にも支給を予定されているとか。これはコメを作らない連中を奨励する。こんなことをしていたら、真面目にコメを作る者なんてあっという間にいなくなってしまいます」
        農水省は、年間予算三兆円を守り続けている。省内には予算死守こそ農水官僚の使命だというものまでいる。
        「大臣は、米一俵の重さがいくらかご存知ですか」
        「60キロです。その値段がどんどん安くなっている。何故なら供給過剰だからです。だから減反しろという。それは間違っている。片手間で米を作っている農家への保護をやめるべきなんです」

        そういう意気で米村は処世術などどこ吹く風、怖いものなしの意見をぶつけ、研究中に生み出した最高級の米をのびのびと育てることを楽しみにしている。

        医は……
        脳外科を学んだかつての同僚は順調に昇進し、脳外科センター長に就任した。教授が買って出た派手な手術パフォーマンスが失敗した、助手だった私は左遷され退職してアメリカに留学した。そこで先進手術を学びトップクラスに数えられるようになった。センター入所を条件に呼び戻され、教授の椅子も約束された、しかしそれは裏があるのではないか、徐々に現れる医学者の真実。

        絹の道(ドウ)
        絶滅の危機に瀕した養蚕業を政府が保護する動きがある。養蚕・絹産業連携の事業には補助金が出るという。
        そこに養蚕研究者の女性が現れる。放置されている桑畑の葉に惹かれたのだという。地主の青年は役所で、地元産業の発展を担当していた。彼は一途な女性や、昔を懐かしんで手伝おうという人たちとともに、養蚕業に手を貸し、美しい日本の絹を作り出そうとする。
        原種に近い蚕をふやして、深い美しい絹を作ろうという道(どう)と呼ぶにふさわしい工程が描かれている。
        「500頭よ。蚕は家畜だから、匹じゃなくて頭で数えるの」
        養蚕の歴史、蚕の成長、野球少年だった主人公が次第に養蚕にめざめ村おこしにも役立てる仕事に生きがいを見出す、二人の再生物語にもなっている。

        プライド
        プディングで起業し今では食品企業の第一線を走る工場で、問題が起きた。
        材料の牛乳に問題があるという内部告発があった。
        柳沢は以前コスト削減のために、賞味期限ぎりぎりの牛乳を安い値で仕入れている事実の改善を求めたことがある、お前ではないのか
        「潔白を証明する根拠を出せ」
        「告発文には誤った表現があります。
        そこには、”消費期限切れの牛乳”とあります。消費期限とは生物や劣化の早い食品にだけ定められて期限であり、わが社の超高温殺菌牛乳は、その対象外です」
        本来は”賞味期限切れ”と書かなくてはならないのだ。
        この告発文の一語から、会社の起源当時から創業者が伝えてきた理念、精神など、利益の前で忘れそうになるアメリカ式受益産業経営の実態にまで話は及び、個人のプライド、魂が輝く感動的な話になっている。

        暴言大臣
        言いたい放題の質疑応答で、顰蹙を買った大臣には、それを言い放つ根拠があった。結婚五十年、できる妻を持った大臣のいまだに甘甘な夫婦生活が微笑ましい。病身を返り見ずに、夫を助けるために中国外交に出かける妻の覚悟。それは……。

        ミツバチが消えた日
        報道写真家は養蜂家になった。戦場を写すことに無力感を覚えたからだった。
        ある日近隣の養蜂仲間から緊急連絡が来た。「ミツバチが疾走してもどらない」
        セイヨウミツバチが主流なのだが、ニホンミツバチを育てているうちのは大丈夫だろうか。
        欧米でも同じ例が出ているという。
        原因は何か。
        すに近くまで戻って見た。死んでいくミツバチに悲しみが増幅される。

        ーー働き蜂のミッションは卵を産み続ける女王蜂を、命をなげうって守ることだ。その女王蜂を見捨てて、ほぼすべての働き蜂が消えるなどと言うのはどう考えても異常だ。ーー

        いないいない病と名づけたこの現象は農薬の「バツグン」のせいではないのか。
        豪農の力の前でことなかれで済ますのか。
        結論が出ないまま話は終わるが、言えない現状が良くわかる、危機感が募る。

        なおこの話は長編「黙示」でも取り上げているそうで、読みたいと思う。

        歴史的瞬間
        だれでも、一度は閣僚に名を連ね出来ればトップになって名を残したい。彼はついに総理大臣になった、北から絶え間なく飛んでくるミサイル、着地点がだんだん本土に近くなる。「迎撃せよ」と叫ぼうとして死んだ。
        在職中に脳卒中でなくなった総理は。

        300ページちょっとの短編集はすぐに読めるが、内容は豊かで鋭い、勉強になった。
        関心があれば一読を強くお勧めします。薄い本ですぐ読めます。
        >> 続きを読む

        2015/03/22 by 空耳よ

      • コメント 2件
    • 4人が本棚登録しています
      プライド
      カテゴリー:小説、物語
      いいね!
      • この作者の評判はよく聞いており、この本も期待したのだが短編の為か評価はし辛い。いくつかの短編のうち興味をそそられるものもあったのだが・・・。 >> 続きを読む

        2013/11/15 by あっ!いち

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      コラプティオ
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • この著者の作品は今回2冊目。前回は短編だったこともあってか期待外れの感があったが、この作品は読み応えがあり十分楽しめた。

        強いリーダーシップを発揮する総理が名相から独裁者に、そして最後はまさかの展開・・・愚相に。最後のオチ(!)は非常に残念。

        国益と正義、職務の狭間で揺れ動く登場人物の異なる心理にひとつひとつ共感でき、矛盾の中で解を見つける楽しさがある。

        この著者の他の作品も気になります。
        >> 続きを読む

        2014/01/06 by あっ!いち

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています

【真山仁】(マヤマジン) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本