こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


WinstonRobert M. L

著者情報
著者名:WinstonRobert M. L

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      目で見る進化 ダーウィンからDNAまで
      カテゴリー:遺伝学
      4.5
      いいね!
      • ダーウィンの「種の起源」(正式な題名は、『自然選択、すなわち生存競争において有利な品種が保存されるという手段による種の起源について』)が難しくてなかなか読めないので、まずはと、図書館の子どものフロアにあったこの大型絵本を借りてみました。
        オールカラーで写真もいっぱい。子どもにも分かるように楽しく説明されてる。
        眺めてるだけでもいいかも?
        けど内容はけっこう難しい。(・・・生物、あんまり得意じゃなかったんだな~)

        「変種」の話は家庭菜園にも関係あるし、他にも知らなかった豆知識なんかもあって面白かった。
        ・タコの目は、人間の目よりもさらに進化していて「盲点」がない。
        ・しゃっくりが起きる理由は、脳と横隔膜を繋ぐ神経が、ほ乳類はもつれてつながっているから。
         魚だった頃はこの神経の働きでエラから水を出していた。(魚のなごりなのだ)
        ・ウマは昔指が3本(元々は4本)あったが、両端の2本が退化し真ん中の指が蹄になった。
        ・ゾウの鼻は、重い頭を下げずに地面のものをつかめるように、鼻と上唇が進化したもの。等々

        遺伝子の話はちょっと難しい。

        すべての生き物は異なる遺伝子を持っている。自分と全く同じ遺伝子を持つ弟(妹)が生まれる確率は、1000兆分の1。すべての生き物は個性的。個体差がある。

        遺伝子は経験を記憶するという研究者たちが出てきているらしい。自分の健康やふるまい、どのような人生を送るかは、祖父母や両親の生き方ー吸った空気、食べ物、感じたこと、見たものなどーに影響されている。
        同じように、自分の生き方は、自分の子や孫たちに影響を与える。生まれた後の経験や学習は、DNAにくっついて、世代から世代へと受け継がれていくという。(これは、関係ないという説もあるけど)
        つまり、ご先祖様のお陰で自分があるし、子孫のためにもみんなしっかりした生き方をしましょうということですね。

        けっこうてんこ盛りです。
        >> 続きを読む

        2014/01/23 by バカボン

      • コメント 3件
    • 3人が本棚登録しています

【WinstonRobert M. L】 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

変幻