こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


沼田まほかる

著者情報
著者名:沼田まほかる
ぬまたまほかる
ヌマタマホカル
生年~没年:1948~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ユリゴコロ
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 「まほかるを読んでみて欲しい」
        知人にそう告げられ、私が最初に手にした沼田まほかる作品、それがこの“ユリゴコロ”だった。

        あらすじを読んだ時の第一印象は、怖そう。自身の犯した殺人について告白した4冊のノートを、主人公が見つける、とある。とても不穏だ。実際、読み進めていくほどに、ノートの書き手の行いも過激になっていく。積み重なっていく恐怖感が、ページをめくる手を止めさせてくれない。

        そんなホラーサスペンスな前半の読み味に対し、後半は解決編が始まる。真実が少しずつ紐解かれていくごとに恐怖感は薄れ、「そういうことだったのか」と驚かされる。まさに“幸せなどんでん返し”だ。すべての謎がわかるまで、またページが止まらなくなる。

        読後にやってくる結末を、ぜひ味わって欲しい。映画も始まるので、そちらも観てみようと思う。
        >> 続きを読む

        2017/09/11 by ディンゴ

      • コメント 2件
    • 他4人がレビュー登録、 15人が本棚登録しています
      九月が永遠に続けば
      カテゴリー:小説、物語
      3.1
      いいね!
      • 読み進むうちにどんどん違和感が大きくなって、中盤以降は素直な気持ちで読むことができなくなった。
        最愛の息子が行方不明となれば藁にもすがる精神状態になるのだろう。
        そのことを差し引いても主人公が衝動的に行動し過ぎ。本当の精神病患者はこの主人公なんじゃないかと疑いながら読んでしまった。
        他にも仕事もせずに主人公宅に通いつめる服部とか、失踪に関して一切動こうとしない警察とか不自然な設定が多すぎた。
        >> 続きを読む

        2017/01/15 by Magic_Hour

    • 他3人がレビュー登録、 17人が本棚登録しています
      猫鳴り
      カテゴリー:小説、物語
      4.6
      いいね!
      • 自分で 飼っていた猫を思い出した。最後は とても悲しかった。3月に産まれた孫を会いに行く途中の新幹線で読んだ。生と死って何?って考えさせられた。ユリゴコロも前に読んだが 、不思議な小説です。 >> 続きを読む

        2017/01/26 by 缶詰め

      • コメント 4件
    • 他3人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      彼女がその名を知らない鳥たち
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね! masa920
      • 辛そうだけど、たのしみ。

        2017/02/14 by dekapi

    • 他2人がレビュー登録、 15人が本棚登録しています
      ユリゴコロ
      カテゴリー:小説、物語
      4.4
      いいね!
      • 初読みの作家さんです。人気作なので読んでみました。

        読み始めて数ページで、展開早いなぁと思い始め、その印象が最後まで続きました。良く言えば気持ちよく進んで読みやすい。しかし所々展開が急すぎる、話が出来すぎている部分が目立ちました。
        なんというか、選択肢で間違えることがなく簡単にクリアできるシミュレーションゲームのような感じです。現実味がない部分は、狙ってそうしているのかもですが。

        加えて登場人物の中に好感を持てる人がおらず(というか人物の描写が曖昧で上手く人物像を結べない)、特に主人公の行動、考え方にいちいち辟易とさせられました。

        文章は読みにくくないと思います。わりと厚みのある本ですがスラスラと読めてしまいますので、どんどん展開していくお話を好む方にオススメしたいです。
        >> 続きを読む

        2015/08/14 by pechaca

      • コメント 2件
    • 他2人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      痺れる
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 凄く良かった。
        ムッと湿気が充満する空間に動物性の甘い香りがフッと混じるような、その香りに酔って気分が悪くなるような読後感。水気を含んだような、重苦しくそれでいて美しい文章。
        私、この作家さん好き!
        林檎曼荼羅の、緩やかに壊れていく世界で明かされる秘密。この話が一番いい。不安定な足元の踏み台が大海に浮かぶ船になって、姑が望む散骨のイメージになる下り、泣きそうになった。
        ヤモリの井戸は子宮を思わせる。自分のお腹に戻したんだと。
        沼毛虫、テンガロンハット、クモキリソウ・・
        じわじわ這い上がってくる不快感や嫌悪感。ああ、痺れる!
        >> 続きを読む

        2017/10/27 by ももっち

    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      アミダサマ
      カテゴリー:小説、物語
      3.3
      いいね!
      • オカルティックなホラーサスペンス
        一人の少女を巡って飛び交う狂気狂気狂気。
        序所に確実に壊れていく、日常の描写は本当に鬼気迫るものがあります。

        沼田まほかるさんは他にも数冊読んでいますが、本書は比較的ファンタジックで宗教的な描写も多いです。さらに人を選ぶかもしれません。
        気分がモヤモヤしてるとき、それを上回るモヤモヤで忘れさせてくれる一冊。
        >> 続きを読む

        2014/04/17 by オオスカシ

      • コメント 2件
    • 5人が本棚登録しています

【沼田まほかる】(ヌマタマホカル) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本