こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


金子哲雄

著者情報
著者名:金子哲雄
かねこてつお
カネコテツオ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      僕の死に方 エンディングダイアリー500日
      カテゴリー:個人伝記
      3.8
      いいね!
      • 再読。

        自らを「流通ジャーナリスト」と称し、気付けばテレビでよく見る存在となっていた金子さん。

        当時は痩せていく姿も「ダイエット中でして…」と周囲を笑わせていたが、その裏では必死に病気と向き合っていた。

        肺カルチノイド。

        医療人ですらなかなか耳にすることはないこの病名が、彼を襲った疾患。

        本書は、彼が流通ジャーナリストと名乗って仕事をするに至った経緯や、病気を知ってからの闘病生活、そして死後の準備を綴ったエンディングダイアリーだ。

        「生きることと死ぬことは一緒だね」

        余命幾ばくの彼が、自らの死と向き合って出したこの発言が胸に刺さる。

        死ぬことは終わりではない。スタートなのだ。

        終活なんて言葉が数年前に流行ったが、色々考えさせられる本だった。

        また、死ぬ直前まで仕事をしていたい、と考えていた彼の仕事ぶりもなかなか面白い。

        高校生の時、友達に何が好きなのか、と問われ、「安く買う事」が好きという事に気付き、それを型破りな方法で職業にしてしまう。

        好きな事が「安く買う事」って堂々と言えるあたりが、テレビで見ていた彼を彷彿させて面白い(笑)

        好きな事を仕事にしている人の中でも、そんな変わった理由の人はいない気がする。

        けど、実際に死ぬ直前まで仕事をした彼は幸せだったのかもしれない。

        やりたい事とか好きな事というのは、そういう些細で確固たる単純なもののことを言うんだろうな。

        本書の装丁は、彼のテーマカラー(?)であるオレンジ。

        どこまでも「彼らしい」と思わせるのは、やはり、彼の計算通りという事なのかもしれない。
        >> 続きを読む

        2018/10/10 by 豚の確認

    • 他3人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています

【金子哲雄】(カネコテツオ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚