こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


竜騎士07

著者情報
著者名:竜騎士07
りゅうきし 07
リュウキシ 07

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ひぐらしのなく頃に
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • ゲームは未プレイ。昔中古ゲーム店で働いている時からどういう内容なのかずっと気になっている作品。今回、図書館でシリーズを見つけたので手に取ってみたのが動機。部活動と称し、大貧民やカードゲームで遊ぶ場面は、読んでいてもほのぼのとしているが、隠された村の真実を主人公の圭一が知るたび、背筋に怖さを感じる気がする。長いシリーズの最初なので他に感じたことは特にない。下巻も見つけて読んでいきたいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/03/13 by oniken0930

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      ひぐらしのなく頃に
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • レナの行動が読んでいてだんだん怖くなってくる。実際自分がやられたらどうしようと思うほど。その点が非常に印象に残った。後ミステリーの謎解きという面で見るなら、全然真相がわからず、「???」という感じで物語が終わってしまい、事件の真相が知りたいという点では不満が残った。「鬼隠し編」だけでは、全体の話の流れという物がつかめないのかもしれないので、とりあえずは全部の話を読んでみたいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/03/31 by oniken0930

    • 1人が本棚登録しています
      ひぐらしのなく頃に
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 最初の300p位までは、魅音と詩音、圭一を絡めたラブコメチックな話でほのぼのとした展開だったが、綿流しの祭りの途中で鷹野三四と富竹、詩音と圭一で祭具殿に入ったところからはひぐらしらしい?展開になった。自分があまり想像力豊かな人間でなくてホントに良かったと思えるほど、グロい部分が続く。(その点でグロい表現が嫌いな方はご注意。)雛見沢ではなく他のところで焼死体が見つかり、物語はどうなるのか?。後半も続けて読んでいきたいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/04/14 by oniken0930

    • 1人が本棚登録しています
      ひぐらしのなく頃に
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 綿流し編、後編。謎なんてわからない。ただひたすら怖い。魅音、詩音、そして第3の人格?。誰が事件を起こしたのか?ともかく読んでいて怖かった。自分の中でシリーズの謎はますます深まるばかり。ともかく、シリーズを全部読んでみたいと思う。そうすれば、どういうことなのかもわかると思う。感想はこんなところです。
        >> 続きを読む

        2017/04/15 by oniken0930

    • 1人が本棚登録しています
      ひぐらしのなく頃に
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 今回のヒロインは沙都子。今のところ、恒例の笑いも出るようなほのぼのとした展開から、ネグレクトに遭う沙都子を救うため奮闘する圭一の姿が描かれ、1,2話みたいに背筋も凍る怖い展開にはなっていない。今後、下巻でどう話がまとまっていくのか?。続けて読んでいきたいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/05/15 by oniken0930

    • 1人が本棚登録しています
      ひぐらしのなく頃に
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 3巻目ともなると、「あれ、前にここ読んだ部分だな」と思うところがある。それでもまだ、自分の中で「ひぐらし」ワールドが繋がることは無い。そういう点で、いつかその全体の構造をつかめるときが来るのが楽しみではある。今回も悲惨な最後になるが、残虐さは1・2話に比べてマイルドというか。(こういう表現が適切かどうかは分かりませんが)。ともかく、第4話も続けて読んでいきたいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/05/19 by oniken0930

    • 1人が本棚登録しています
      ひぐらしのなく頃に
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 4話目はちょっと視点を変えて、事件が起こる5年前の話。正直な所、読んで余計「???」となり混乱中。整理すると本当に「オヤシロ様の呪い」はあるのか?。これが犯罪だとしたらどんなトリックを使っているのか?。究極は誰の仕業なのか?。この点に解答編の読むポイントが絞られてくると思う。ネタバレを見たくなるのを我慢して読み続けたいと思う。あと、この巻の麻雀の部分は(心の中で)笑いながら読み進めました。強い人って一緒に打っていて「嘘?」というぐらい強いんだもの。その点は納得をしながら読みました。感想はこんなところです。
        >> 続きを読む

        2017/05/23 by oniken0930

    • 1人が本棚登録しています
      ひぐらしのなく頃に解
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 「綿流し編」の解答編上巻。主に園崎詩音が北条悟志に出会い、恋心を抱くとともに、園崎家に生まれた因縁に振り回されていくあらすじ。綿流し編の惨劇が起こる前の話が中心で、惨劇が起こる原因となる設定を理解するための巻と認識。後、これまで出番のなかった沙都子の兄北条悟志が本編に出てくるが、詩音との話のやり取りを読んで、主人公前原圭一と性格がかぶるなという印象を持った。もう一つ、園崎家の「けじめ」については非常にグロいのでそういった表現が嫌いな方はご注意を。感想はこんなところです。
        >> 続きを読む

        2017/06/12 by oniken0930

    • 1人が本棚登録しています
      ひぐらしのなく頃に解
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • (ネタバレ有、要注意!!)








        詩音視点で見た綿流し編の解決パートの後編。グロい。ひたすらにグロい。救われないラストも読んでいて空しい。これ単体では救われない悲劇というしか読んだ感想が浮かばない。ただ、オヤシロ様の祟りが最も疑わしい所が関与していないと明らかになる点、古手梨花の行動など、この物語の全体が徐々に明らかになっていく点も見られる。ハッピーエンドはいつになるのか?。この後も続けて読んでいきたいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/06/15 by oniken0930

    • 1人が本棚登録しています
      ひぐらしのなく頃に解
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 「鬼隠し編」の出来事を、竜宮レナの視点からみた解答編。これを読むと、レナが「能ある鷹は爪を隠す」的なしっかりとした考えを持った女の子であることがよく分かってくる。アッサリと仲間内に犯罪を起こしたことがバレてしまい、隠蔽する流れになっているが、まだ話的には一波乱ありそうな気配。下巻も引き続き読んでいきたい。
        >> 続きを読む

        2017/07/04 by oniken0930

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      ひぐらしのなく頃に解
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • (ネタバレ有。注意‼)





        罪滅し編後編。レナが妄想に取り憑かれ、周囲の人間を敵だと思い込み学校籠城事件も起こしてしまうのだが、この妄想も案外一連のオヤシロ様の祟りの事件の真相に近いのではないかと読んでいて感じた。また、圭一が別の世界(鬼隠し編)の記憶を思い出す点、古手梨花と似た存在が出てきて妄想に取り憑かれたレナに別の世界(時間軸)の話をすることで、「ひぐらし~」の話の真相が徐々に明らかになる。レナと圭一の対決シーンは、この作品の見所。どんどん明らかになる世界。無事大団円となるエンディングに辿り着くまで読み進めていきたいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/07/08 by oniken0930

    • 1人が本棚登録しています
      ひぐらしのなく頃に解
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 解答編第3弾の上巻。この巻に入り、シリーズ全体の話の構造に関するネタばらしが本文の中に色々と入るようになってきた。〇〇が同じ時間を100年間繰り返していて、精神的に疲弊している点の文章を読むと、「シュタインズ・ゲート」を思い出す。あと、沙都子を助けるために暴力によらない解決方法を模索して行動する姿は宗田理氏の「ぼくら」シリーズを思い出す。でも、それをやりすぎたことによって出てくる「藪から出てくる蛇」というのは何なのか?。その辺がこの話の結末に関わってきそうな予感。続きも引き続き読んでいきたいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/09/23 by oniken0930

    • 1人が本棚登録しています
      ひぐらしのなく頃に解
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • シリーズ全体に対する謎についての答えはこの巻でほとんど解明された感がある。謎については「正解率1%」っていうけれど、これ初読で全部わかった人は殆どいないんじゃないかという程、謎が込み入った印象がある。(梨花ちゃんが〇〇というのは多分分かった人はいると思うけど、祟りの詳しい経緯がハッキリ推理できた人はあまりいないんじゃないか?)ラストもこれまでで一番悲惨な気もする。梨花が目指した「全員生きた状態で6月を乗り越える」にはどのような経緯を経るのか?。次の巻で確認したいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/09/25 by oniken0930

    • 1人が本棚登録しています
      ひぐらしのなく頃に解
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • オヤシロ様の祟りの本当の原因にまつわる過去のエピソードが話の中心。これまでに語られなかった昭和58年6月以前のエピソードがここで語られ、本格的に事件の全容が明らかになる。「誰も死なないハッピーエンドな結末」に辿り着くにはどういう過程が必要なのか?。中巻も引き続き読んでいきたいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/10/11 by oniken0930

    • 1人が本棚登録しています
      ひぐらしのなく頃に解
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • オヤシロ様の祟りの真相に向けて色々な過去の事実が明らかになる。〇〇が事件の黒幕であることを明らかにするために色々な人に梨花と羽入が真相を語り味方が増えていく話の流れ。本文を注意深く読むと事件の黒幕の背後にもう一人人物がいる予感がする。ともあれ、事件は今度こそハッピーエンドで終わりそうな予感。どう真相が明らかになるのか?。下巻も引き続き読んでいきたいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/10/16 by oniken0930

    • 1人が本棚登録しています
      ひぐらしのなく頃に解
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 祭囃し編の完結編。長く続いたシリーズもこの本でラスト。そこまでに至るまでの圭一たちの活躍が熱く、富竹氏がまた犠牲になってしまうのではないかとハラハラさせられたり、今までの中で一番物語にのめり込んだ。誰も犠牲にならないラストは「大団円」という言葉がふさわしい。後一冊番外編があるので、「ひぐらし~」の世界を堪能したいと思う。感想はこんなところです。
        >> 続きを読む

        2017/10/20 by oniken0930

    • 1人が本棚登録しています
      ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • (ネタバレ有り、注意‼)







        番外編。結局「古手梨花」はどういう存在だったのだろう?という疑問が残った。読んでいてもサッパリ理解ができなかった。まあそれはともかく、苦労して手に入れた平穏な日々に戻るラストになったのは良かったと思う。これでひぐらしシリーズも読了。機会があれば、映像化したものも鑑賞し、またこの物語を振り返ってみたいと思う。感想はこんなところです。
        >> 続きを読む

        2017/10/22 by oniken0930

    • 1人が本棚登録しています
      ひぐらしのなく頃に
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 図書館にて借りています。

        今の所は面白いです!

        2016/03/12 by さおり

    • 3人が本棚登録しています

【竜騎士07】(リュウキシ 07) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本