こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


半導体理工学研究センター

著者情報
著者名:半導体理工学研究センター

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      RTL設計スタイルガイド LSI設計の基本
      カテゴリー:電子工学
      5.0
      いいね!
      • ソフトウェアのプログラミング言語にはコーディング規約というものがあります。MISRA-C/C++とかJSF-AV(C++用)とか。そして、静的コード解析ツール等でコーディング規約に沿っているかを確かめることができます。
        さて、言語で記述するHDLにも同様のものがあるのでは?ええ、あります。それの日本において最も一般的かつ有名な物がこれです。
        コーディング規約というとタブは何文字半角空白でとかif文の後の{は条件文の後ろで改行してからtrue側を記述とかスタイル的な合わせこみを想像するかもしれませんが、(MISRAやJSF-AVも多分そうだと思いますが)これは危険だから避けるべき、あるいは避けた方がいい記述パターンのリストです。他方で、危険を知っていて、有用性も理解していて、ここではこういう理由で使わざるを得ない、でも危険なのは知っているので注意して安全に使うすべを知っていますという人は使っていい記述パターンも有ります(ラッチとかクロックゲートとか)。そういった事情も知っていて使うならこれはとてもいいデザインスタイルガイドだと思います(論理合成ツール毎の注意点も載っておりますし)。
        この国においてLSI論理設計の大御所というとまず最初に思い浮かべるのはSTARCさんです。で、STARCさんが監修しているデザインスタイルガイドがこれと考えれば、全ての基本(プラスアルファや事情を知っていてってのはあっても大筋としては)これで良いのではないかと思いますけれども(個々の会社にそれぞれ独自のルールはありますけれどね)。
        >> 続きを読む

        2012/10/15 by Shimada

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています

【半導体理工学研究センター】 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本