こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


Ruiz ZafonCarlos

著者情報
著者名:Ruiz ZafonCarlos
Ruiz ZafonCarlos
Ruiz ZafonCarlos

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      風の影
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!

      • 以前から気になっていた作家カルロス・ルイス・サフォンの「風の影」(上・下巻)をようやく読了しました。

        本を読む事が大好きな人には、誰にでもきっかけとなった本との出会いがあるものです。
        そんな経験を持つ者の"心の琴線"に触れるのが、この作品なんですね。

        この作品は、古典的とも言える雰囲気と豊かな物語性を持つ、"迷宮的なミステリ"で、読み方によっては恋愛小説であり、少年の成長小説でもあるという重層的な大河小説だと思う。

        1945年、10歳になるダニエルは父親に連れられ、時の流れとともに失われてしまった書物の寄るべ〈忘れられた本の墓場〉を訪れ、幻の作家フリアン・カラックスの「風の影」と運命的な出会いをする。

        彼はすっかり魅了されてしまうが、それを機に作品の中で悪魔として登場していた闇の男につきまとわれ、カラックスをめぐる底知れないミステリアスな奈落へと引きずりこまれていくのです-------。

        ゴシック・ロマンが色濃く漂う中、少年から青年へと成長していくダニエルの10年と、19世紀末以降のカラックスの波瀾に富んだ人生とが、巧みに呼応しながら進んで行きますが、さらに味わいを深めているのは、作者の隅々にまで目配りの効いた人物描写なんですね。

        特に本を愛でる様々な人々の心情は、国を超えて私の心に伝わってきます。
        そして、この本をガイドにバルセロナをさまよい、〈忘れられた本の墓場〉を見つけたい、そんな気持ちへと駆り立ててくれる作品なんですね。

        >> 続きを読む

        2018/05/16 by dreamer

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      風の影
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 呪われてるとしか言いようのない展開

        終いには
        誰も幸せにならないのではないかと思った

        辛すぎた

        私の愛する人はこの人です

        私の子供はこの子らです

        堂々と宣言できる私の境遇は
        幸福な事なのだと思える

        ラストは
        それ迄の不幸が緩和されすぎた感はあるが
        読んでる間の悲惨な思いを
        余裕で振り返るご褒美と思っとく
        >> 続きを読む

        2016/10/21 by 紫指導官

    • 5人が本棚登録しています

【Ruiz ZafonCarlos】(Ruiz ZafonCarlos) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本