こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


藤原宏之

著者情報
著者名:藤原宏之
ふじわらひろゆき
フジワラヒロユキ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      わたしのとくべつな場所
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • とても素晴らしい絵本だった。

        あとがきに書かれているが、著者の少女時代の思い出を元にしているらしい。


        1950年代の南部のアメリカ。

        主人公の少女のパトリシアは、「あの場所」に行きたいと思う。
        そこは、とびっきりのお気に入りの場所。

        おばあちゃんが、「どんなことがあっても、胸をはって歩くんだよ」と言って送り出してくれる。

        それで、バスに乗っていくが、バスには「黒人指定席」(COLORED SECTION)にパトリシアは乗らなくてはならない。

        前半分の白人席はがらがらにあいているのに、そこには座ってはならない。

        バスを降りて、公園の中を歩いて行き、噴水の近くのベンチに座ろうとすると、そこには「白人専用」(FOR WHITES ONLY)と書かれている。

        街のレストランには、「白人のお客さま以外お断り」(WHITES ONLY)と書かれている。

        誰か有名人が来たらしく、人混みに巻き込まれてホテルのロビーに入ってしまうと、「肌の黒い人間は立ち入り禁止だぞ!」とものすごい剣幕で叱られて追い出される。

        映画館の前を通ると、黒人は正面ドアからは入れず、裏口から入って黒人席にすわるように言われる。

        途中、慰めてくれる黒人の知り合いや、白人の知り合いもいるのだけれど、南北戦争の後に百年近くたちながら、唖然とする現状に、読みながらパトリシアならずともこちらが心が折れそうになる。

        しかし、ついに、「あの場所」つまり図書館の前に立つ。

        おばあさんは、そこを「自由への入り口」と呼んでいた。

        図書館の入り口には、「誰でも自由に入れることができます。」(ALL ARE WELCOME)という文字があるのを、パトリシアははっきりと見つめる。

        という物語。

        南部の図書館はかつては白人専用だったが、1950年代に、ナッシュビル公共図書館運営委員会は、人種に関係なく使えることを議決した。
        そのことがあとがきで書かれる。

        深い印象が残る、とても良い絵本だった。
        >> 続きを読む

        2013/03/17 by atsushi

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています

【藤原宏之】(フジワラヒロユキ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本