こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


児島修

著者情報
著者名:児島修
こじまおさむ
コジマオサム

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      やってのける 意志力を使わずに自分を動かす
      4.5
      いいね!
      • 読む価値はある。ただ、一度での理解は難しいので繰り返しよみたい。

        2016/01/06 by muisuke

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      「勇気」の科学 一歩踏み出すための集中講義
      カテゴリー:その他の特定主題
      4.0
      いいね!
      • 「勇気」というと、ほとんどの人は、具体的な行動(戦場に向かう兵士や、偉大な記録を達成したスポーツ選手など)と結びつけて考えます。
         たしかに、勇気が具体的な行動の形で示される場合が多いのは事実ですが、それがすべてではありません。
         著者は、「勇気は身体的な行為だけに限定されるものではなく、突き詰めれば、怖じ気づきそうな状況に立ち向かう態度のことだ」と述べています。
         勇気が「行動」ではなく、「心構え」や「態度」の問題であるなら、誰でも訓練しだいで手に入れることができるということになります。

         詳細なレビューはこちらです↓
        http://maemuki-blog.com/shohyou/science/biswasdiener-courage/
        >> 続きを読む

        2014/01/12 by ヨッシィー

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      良いトレーニング、無駄なトレーニング 科学が教える新常識
      カテゴリー:スポーツ、体育
      5.0
      いいね! kissy1986
      •  けっこう長い間熟読したので、トレーニングに関する知識は多少つきました。

         ぶっちゃけ諸悪の根源みたいに言われている「乳酸」は疲労物質ではありません。

         ランニング前の筋をぐーっと伸ばす「静的ストレッチ」は怪我の予防にもならないし、むしろパフォーマンスが下がります。

         他にも、「年をとればどれぐらい筋力が衰えるか」、「目的に応じた食事のとり方」、「試合前の食生活やトレーニング法」など、

         ためになる知識が盛り沢山なのでおすすめです。

         基本、筆者がもとランナーの科学者なので若干ランナー向き?かも知れませんが、いやいや、これから身体を鍛えたい人、年をとっても元気でいたい人、もちろんフルマラソンを目指すランナーさんにも・・・

         ぜひおすすめしたい本です!!

         ※マニアックすぎる書籍だということは自分でもわかっていますが、それでも構わずアップしました。みなさん身体を鍛えましょうw
        >> 続きを読む

        2013/09/18 by kissy1986

      • コメント 10件
    • 3人が本棚登録しています
      インターフェイス指向設計 アジャイル手法によるオブジェクト指向設計の実践
      カテゴリー:情報科学
      5.0
      いいね!
      • おいしいピザを作る方法、ではなく、(おいしい)ピザ屋さんのシステムを作る方法について書かれています。

        ただ、ひたすらピザの話が出てくるので、お腹がすいてきます…‥片手にピザを持ちながら読みたい一冊。アイスクリームも一緒に食べたい!


        肝心の内容はよくあるオブジェクト指向全般の話ではありません。視点を絞ってインターフェイスの視点でオブジェクト指向が書かれています。この視点は珍しい気がします。本書を読み進めるとインターフェイスが持つべき責務など、理解が深まります。
        >> 続きを読む

        2014/05/27 by 喜楽の日々

      • コメント 7件
    • 2人が本棚登録しています

【児島修】(コジマオサム) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本