こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


百田尚樹

著者情報
著者名:百田尚樹
ひゃくたなおき
ヒャクタナオキ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      永遠の0(ゼロ)
      カテゴリー:小説、物語
      4.4
      いいね! chao tomato tadahiko kuuta makoto yam megu kaoru fireman emi kawahara sunflower ENRIKE ryoji
      • 特攻は自爆テロと同じか

        史実をバックグラウンドにフィクション部分で感動をさせようとしてるのはわかってましたが...。
        戦時中に数々の特攻にかかわった人の証言の形をかりてうまく語られているけど多少わかりづらいところはナナメ読み(^ ^;)
        しかし最後の方のフィクション部分でのオチや、敵から見た目をプロローグとエピローグではさんでいるところなんか完成度高し。

        (amazon解説)
        「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくるーー。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。
        >> 続きを読む

        2018/08/10 by motti

    • 他63人がレビュー登録、 284人が本棚登録しています
      幸福な生活
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね! oasamaru misora
      • これ、( ・∀・) イイネ!
        すぐ読み終わるいわゆる「ショートショット」がたくさん収録されている。
        流行りの作りな感じの「連作」でもなくテキトーに読んで楽しめる。
        オチがひとこと。
        上の本の写真にもある通り「衝撃のラスト1行」
        落語みたいな楽しみかたですなw
        現代劇で、ほんとの「小噺」

        (Amazon解説)
        「ご主人の欠点は浮気性」帰宅すると不倫相手が妻と談笑していた。こんな夜遅くに、なぜ彼女が俺の家に?二人の関係はバレたのか?動揺する俺に彼女の行動はエスカレートする。妻の目を盗みキスを迫る。そしてボディタッチ。彼女の目的は何か?平穏な結婚生活を脅かす危機。俺は切り抜ける手だてを必死に考えるが…(「夜の訪問者」より)。愛する人の“秘密”を描く傑作集!
        >> 続きを読む

        2018/09/12 by motti

    • 他13人がレビュー登録、 41人が本棚登録しています
      風の中のマリア
      カテゴリー:小説、物語
      3.9
      いいね! kaoru emi
      • スズメバチの生態がよくわかると薦められて、図書館でリクエスト。
        前回読んだ「カエルの楽園」的な風刺話だったら、イヤだな〜と思ったけれど
        それほどではなかった。
        まぁ「帝国のため」なんて言葉はスターウォーズだけでいいやと思う。

        ハチはもちろん、スズメバチも種類によって、色々違うのだなと言う事がわかった。
        >> 続きを読む

        2018/02/14 by kucoma

    • 他11人がレビュー登録、 37人が本棚登録しています
      海賊とよばれた男
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 出光興産の創業者・出光佐三をモデルにしたノンフィクション。
        日章丸事件が起きるまでの、激動の時代を駆け抜けた気骨ある
        経営者の生き様の前編。
        日本人が忘れかけている勇気、誇り、闘志、そして義の心だ。

        虚弱な肉体、眼疾、神経症という三つの弱点を持った自分が世の中で
        戦っていくためには、教育を身につけることが必要と悟る自己分析。
        猛勉強して進学する。

        就職先は小麦卸の中小企業での丁稚。
        高学歴を鼻にかけず、大企業への進路を断ち切り、
        運命と思い、奮起して取引を増やす。
        そして、石油への先見性。
        独立して石油販売。

        立ちはだかるのは、日本人同士の団体だけではなく、
        海外企業やGHQまで。
        誹謗中傷、根回し、嫌がらせ、圧力。
        倒産の危機。
        様々な困難が待ち受ける。

        「中間搾取のない商いをしたい」
        生産者も消費者もともに潤う。
        そんな思いが、支援する人を増やす。

        主人公・国岡鐵造の思いは、愛国心。
        家族を愛し、社員を愛し、国民生活の安定を願う。

        長編物語ながら、スピード感ある展開に一気に読める。
        確たる信念を持って生きる素晴らしさを感じた。
        >> 続きを読む

        2015/11/04 by てるゆき!

      • コメント 1件
    • 他10人がレビュー登録、 59人が本棚登録しています
      輝く夜
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね! kaoru
      • クリスマスの魔法

        ちょうど読み始めたのが12月に入ってから

        でもこの本がクリスマスイブに起こる
        奇跡の話がつまった
        短編集とは知らずに手に取ったことに
        少々の驚きと嬉しさが・・・

        どれもハッピーエンドで
        いつもならベタな話だな~と
        流してしまうかもしれないけど
        今の私にとっては
        これが小さなクリスマスプレゼントだったかも?

        少し前に身内を亡くし
        クリスマスもお正月もない自分が
        少しだけ幸せな気分になれたから・・・

        頑張っても報われない女性たちが
        それぞれの幸せをつかむ夜をご覧あれ
        >> 続きを読む

        2017/12/07 by bluepopy

    • 他8人がレビュー登録、 33人が本棚登録しています
      海賊とよばれた男
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 信念
        困難
        人力
        日本
        未来
        先見


        店主が発する言葉、ひとつひとつが胸を打ち、
        社員の店主に対する尊敬と仕事に対しての姿勢にたびたび感動させられるお話でした。
        涙が流れるのをとめられず、私たちの現在は過去に生きた人々の行動や思いの上で成り立っていることを身にしみて感じた一冊でした。
        小学校から高校まで日本の歴史を何度も学んだはずなのに、ひとつもわかっていなかったと愕然としました。
        歴史という授業ではなく、歴史という物語をもっと知っていかなくてはならないと強く思いました。
        >> 続きを読む

        2016/07/05 by -water-

      • コメント 3件
    • 他7人がレビュー登録、 45人が本棚登録しています
      影法師
      カテゴリー:小説、物語
      4.6
      いいね!
      • 読み終わって本を閉じた時、表紙を見て涙が出ました。表紙や題名を含めて1冊の本だと改めて感じました。 >> 続きを読む

        2015/06/07 by ぼたん

      • コメント 2件
    • 他6人がレビュー登録、 29人が本棚登録しています
      モンスター (幻冬舎文庫)
      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね! oasamaru misora
      • これは醜い女が整形して
        高校時代に憧れた人と結ばれるシンデレラストーリー…ではない

        これは醜い女が整形する過程を通して、
        現代社会の外見至上主義(笑) とも言うべき、
        女のヒエラルキーを題材にした物語である。

        外見によって許される行動や言動が決まるーーー
        このレビューを見ている人も経験があるだろう。

        かく言う私も外見至上主義者の1人だ。
        顔より性格だとか言う奴は、
        自分の顔に自信がない者か偽善者だと思う。

        外見がいい、またはそれなりの人は、
        性格を知ってもらえるチャンスがあるが、
        醜いものにはそのチャンスすらないのだ。
        何かのきっかけがない限り。

        しかし、高校時代からずっと続いて大学卒業して結婚。
        というカップルは本当に互いに愛し合っているのだなあと思う。

        高校生なんて、まだ地位も名誉もない時代だ。
        男や女が名家の生まれであるとかを除いて、
        これだけは計算も何もないと言えるだろう。

        結論を言おう。
        可愛い子と制服デートしたかった…

        >> 続きを読む

        2017/05/20 by pe-pe

    • 他6人がレビュー登録、 63人が本棚登録しています
      夢を売る男
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね! May
      • 本を出したい人に、うまい言葉でほめたりのせたりして本を出させる編集者。
        そんな詐欺みたいな感じで終わるのかと思ったら…。

        出版業界の内側の暴露話みたいな感じもありつつ、
        起承転結の話の運びもさすが、もと(?)放送作家と、思った。
        >> 続きを読む

        2017/06/10 by ゆ♪うこ

    • 他5人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      プリズム
      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね! tadahiko
      • (コレは)...ないでしょう。

        多重人格だったら困るもの(;´Д`)
        最近よくお見かけする調子に乗った(失礼)百田のオッサン(失礼)の妄想ありきな展開w
        主人公の女性がすでに「おっさんの妄想の賜物」ですわ(;´Д`)
        でも、さすがにおもしろい!
        楽しんで読めます。
        エロぃシーンとか加筆したほうが楽しめるんじゃね?(違)

        (amazon解説)
        ある資産家の家に家庭教師として通う聡子。彼女の前に屋敷の離れに住む青年が現れる。ときに荒々しく怒鳴りつけ、ときに馴れ馴れしくキスを迫り、ときに紳士的に振る舞う態度に困惑しながらも、聡子は彼に惹かれていく。しかしある時、彼は衝撃の告白をする。「僕は、実際には存在しない男なんです」。感涙必至の、かつてない長編恋愛サスペンス。
        >> 続きを読む

        2018/08/31 by motti

    • 他4人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      幸福な生活
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • H23年6月10日


        最後の一行にオチが。
        思わず「コワ〜!」と、思ってしまうオチだったり
        なんとなくこういう終わりかなと、想像できるものもありましたが
        どの話も面白かったです。

        やっぱり、うまいなぁ…って、思いました。




        >> 続きを読む

        2017/07/18 by ゆ♪うこ

    • 他4人がレビュー登録、 17人が本棚登録しています
      ボックス!
      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね! chun
      • 最近問題行動も色々ある百田さんだけどこの小説は面白すぎ。登場人物の個性が生き生きして魅力的。特に優紀と鏑矢の正反対で引き合ってる関係に引き込まれてしまう。ボクシングが分からなくても読んでるうちに分かった気になる。百田さんの読者を引っ張る力量には感心してしまうくらい。後半早く読みたい。
        >> 続きを読む

        2018/05/16 by miko

    • 他3人がレビュー登録、 22人が本棚登録しています
      ボックス!
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 後半も面白くて一気に読んだ。帰省してた娘に映画化されてたことを聞いて配役を聞いたら、優紀が高良健吾で鏑矢が市原 隼人なんてナイスな配役だと思う。
        >> 続きを読む

        2018/05/16 by miko

    • 他3人がレビュー登録、 18人が本棚登録しています
      モンスター
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • こういう話は好きだし、読みやすかった。
        百田さんの作品は「永遠の0」しか読んでいないから、他の作品も読んでみたいと思った。
        終わり方がせつなかった。賛否両論あるかもしれないけれど、私はああいうもやっとした終わり方も好きだ。
        >> 続きを読む

        2018/03/01 by pink-tink

    • 他3人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      影法師
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 江戸時代の時代小説。
        さいご、泣けました。

        2016/08/16 by ゆ♪うこ

    • 他2人がレビュー登録、 11人が本棚登録しています
      永遠の0
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! kengo
      • 読む前は著者が右翼なので、どうせ戦争や特攻を美化しているんだろうと踏んでた。しかし何度も涙を流してしまった。戦争の愚かさには全く触れていなかったが、特攻に関してはそれを指示した軍上層部を批判していた。零戦部隊の困難極まる決死の戦いや拒否できない雰囲気の中で志願し米軍戦闘機や対空砲火に遮られ艦船にまで到達できずに無残に死んでいった特攻の人たちの無念さや悔しさがよく表現されていた。 >> 続きを読む

        2018/02/07 by konil

      • コメント 2件
    • 他2人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      ボックス!
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね! rock-man
      • 高校ボクシング部の話
        ボクシングって、観ると痛そうで敬遠してたけど
        なかなか奥が深くて、
        ちょっと応援したくなった。
        >> 続きを読む

        2016/07/25 by ゆ♪うこ

      • コメント 2件
    • 他2人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      風の中のマリア
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 題名からはわからない
        まさかのオオスズメバチの話。
        なかなかドラマチックな物語(生態?)だなぁと、おもった。
        子孫を残すための本能ってすごい。
        >> 続きを読む

        2016/08/05 by ゆ♪うこ

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      錨を上げよ
      カテゴリー:小説、物語
      3.3
      いいね!
      • 上下巻、のべ1000ページ以上。
        読み終えて、正直満足度よりも疲れの方が勝った。

        大阪下町に生まれの作田又三の青春。
        破天荒な人生を主人公自らが語る。

        主人公に感情移入もできず、長い・・・と感じてしまい、全体的にイマイチ。

        男性だったらもしかしたら共感できるのかもしれない。
        >> 続きを読む

        2013/03/01 by mahalo

      • コメント 2件
    • 7人が本棚登録しています
      聖夜の贈り物
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • [永遠の0」「海賊と呼ばれた男」を読んでいたが、全く違う路線。こういう話も書く人だったの?と驚き。
        面白い、という類の本ではなく、オー・ヘンリー的な話。苦手だなと思う人物が出てくる話を読みたくない、無条件にほっこりする話を読みたいと思っていただけに、ツボにはまった。真面目に生きてるけど、ツイてない事もある。クリスマスの喧騒から目を逸らすように下を向いて通り過ぎるような気持ちの時に、奇跡が起きる。ちょっと出来過ぎ~とも思ったりするけど、そこはハッピークリスマス。できる事なら皆報われてほしいなと思う人たちの報われ方にほっこりする。女性向きではあるかも。季節外だけど、読みたいタイミングに読めた事も幸いして、しみじみと心に沁みた。
        著者の経歴からすれば、書きたい本というより、ターゲットが読みたい本を書くのは朝飯前かも?と思うと、まんまとしてやれられた感がちょっと悔しいものの、読んだ気分はそれなりの期間持続するもので、優しくなろう、思いやりをもって日々生活しよう、と心掛けようと思うには十分な作品だった。
        個人的には「猫」が一番好きでした。猫好きにとっては、猫が大切にされている描写自体がもう、読んでるこっちまで幸せ。
        >> 続きを読む

        2018/01/30 by チルカル

    • 1人が本棚登録しています

【百田尚樹】(ヒャクタナオキ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本