こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


和田竜

著者情報
著者名:和田竜
わだりょう
ワダリョウ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      のぼうの城
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 行田市の城、古墳にも興味があり、時代背景にも興味があったので読んでみた。地味な武将について調べてこのように書き上げてくれると、歴史を側面から見ることができるので面白い。但しこのような本に共通していることだが、そのころの一般人がなかなか表現されていない点が不満。娯楽の読み物としてはまあまあ面白かった。 >> 続きを読む

        2016/01/16 by SYoYo

    • 他5人がレビュー登録、 20人が本棚登録しています
      のぼうの城
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね!
      • 2018/5 15冊目(通算86冊目)。映画版は鑑賞済み。そのため、どのような話だったかを思い出しながら読み進めた。上巻は石田三成との戦いが始まるまでが話の筋。のぼう様のイメージは映画版の野村萬斎さんとちょっと異なるかなあ。(野村さんはそんなに体格は良くなかったと思う)。一見無能に見えて実は名君の長親。石田三成とどのような死闘を繰り広げるのか。下巻も楽しみに読んでいきたいと思う。

        >> 続きを読む

        2018/05/25 by おにけん

      • コメント 2件
    • 他5人がレビュー登録、 18人が本棚登録しています
      村上海賊の娘
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね! maruko
      • 本屋大賞受賞作です。

        史実にある海賊の加担した合戦、史実にある、ブサイク(?)で嫁の貰い手のない女傑をエンタメに膨らませたお話。
        巻末には和田 竜さんが勉強した資料が記してありますが(゜д゜)こんだけ勉強したことを全部詰め込んでみました的な感じも受けます。
        あきらかにそういうのは読み手には迷惑ですな(;´Д`)
        当時の美人像とかけ離れた「女」も現代では美人かも(!?)というアイデアはイイネ。
        会話もくだけた感じもあるし、コメディタッチ...「静」の部分はタイクツだけど「動」の部分、活劇としての描写は凄まじく、アクション巨篇の側面が強い。

        (amazon解説)
        『のぼうの城』から六年。四年間をこの一作だけに注ぎ込んだ、ケタ違いの著者最高傑作! 和睦が崩れ、信長に攻められる大坂本願寺。毛利は海路からの支援を乞われるが、成否は「海賊王」と呼ばれた村上武吉の帰趨にかかっていた。折しも、娘の景は上乗りで難波へむかう。家の存続を占って寝返りも辞さない緊張の続くなか、度肝を抜く戦いの幕が切って落とされる! 第一次木津川合戦の史実に基づく一大巨篇。
        >> 続きを読む

        2018/08/31 by motti

    • 他5人がレビュー登録、 38人が本棚登録しています
      村上海賊の娘
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 本屋大賞受賞作です。

        史実にある海賊の加担した合戦、史実にある、ブサイク(?)で嫁の貰い手のない女傑をエンタメに膨らませたお話。
        巻末には和田 竜さんが勉強した資料が記してありますが(゜д゜)こんだけ勉強したことを全部詰め込んでみました的な感じも受けます。
        あきらかにそういうのは読み手には迷惑ですな(;´Д`)
        当時の美人像とかけ離れた「女」も現代では美人かも(!?)というアイデアはイイネ。
        会話もくだけた感じもあるし、コメディタッチ...「静」の部分はタイクツだけど「動」の部分、活劇としての描写は凄まじく、アクション巨篇の側面が強い。


        (amazon解説)
        『のぼうの城』から六年。四年間をこの一作だけに注ぎ込んだ、ケタ違いの著者最高傑作! 和睦が崩れ、信長に攻められる大坂本願寺。毛利は海路からの支援を乞われるが、成否は「海賊王」と呼ばれた村上武吉の帰趨にかかっていた。折しも、娘の景は上乗りで難波へむかう。家の存続を占って寝返りも辞さない緊張の続くなか、度肝を抜く戦いの幕が切って落とされる! 第一次木津川合戦の史実に基づく一大巨篇。
        >> 続きを読む

        2018/08/31 by motti

    • 他4人がレビュー登録、 23人が本棚登録しています
      小太郎の左腕
      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね!
      • 戦国時代が舞台だけれど、史実ではない。
        ここからはネタバレになります。
        雑賀衆を扱った小説と言うとどうしても雑賀孫一やそれをモデルにした無頼漢のようなイメージが付きまとうが、小太郎はそんな私の雑賀衆のイメージを覆してくれた。
        また「人並みになるとは、人並みの喜びだけではない。悲しみも苦しみもすべて引き受けるということだ。」という言葉がこの物語をより深いものにしていると思います。人並み=人間、と読み替えるとフランケンシュタイン博士によって産み出された怪物がやがて創造主である博士を殺すように、半右衛門によって人間になった小太郎はやがて自分を人間にした半右衛門を殺すことは運命だったのかもしれません。
        そして小太郎に父親がいないことと、小太郎が半右衛門を殺すことからハリウッド映画でよく引用される「父殺し」の物語になっていると思いました。
        >> 続きを読む

        2018/09/29 by beppinudon

    • 他3人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      忍びの国
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね! niwashi

      • 織田信長の伊賀攻めに、百地三太夫と石川五右衛門と聞けば、真っ先に、山本薩夫監督、市川雷蔵主演で映画化もされた村山知義の「忍びの者」を思い浮かべます。

        今回読了したのは、長篇時代小説のデビュー作「のぼうの城」でブレイクした和田竜の2作目の作品「忍びの国」で、当然のことながら、新しい展開に満ちている。

        一応、群像劇の体裁が取られているものの、軸となるのは伊賀の忍びの無門。
        伊賀でも一番の忍びと言われつつも、自分がさらって来た女房のお国の尻に敷かれ、金とお国のためにしか動こうとはしなかった。

        その一方で、著者の和田竜は、享楽的で欲望に忠実で、殺戮を愛し、時には土の匂いすら感じさせる忍びたちを、独特のユーモアと不気味さの中に描いていて、実に見事だ。

        さらに、味方さえも非情に利用する百地三太夫の知謀を描くことによって、織田信長の伊賀攻めを、史実の要諦を踏まえながらも、巧みに物語化することに成功していると思う。

        加えて、地侍と下人という構造に今日の格差社会を見ることも可能だし、ラストの、自らも人であることを否定していた無門の怒り、すなわち、人の痛みを理解できない者たちへの怒りは、今日の無差別殺人などにおける病巣の一つを巧みについていると言えるだろう。

        この作品は、"忍者もの"に新たなテーマを導入した力作だと思いますね。

        >> 続きを読む

        2018/08/12 by dreamer

    • 他3人がレビュー登録、 16人が本棚登録しています
      のぼうの城
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 2018/5 19冊目(通算89冊目)。石田三成率いる軍と忍城との戦いが話のメイン。映画を見て結果を知っていたので、それぞれの武将の心情や忘れかけていた話がどういったものだったかを思い出しながら読んでいた。成親は能力的には他の家臣に劣るけれど、名君であるということが言えるエピソードだった。領民を想ってこその行動。これが上に立つ人なんだなと思わされた。これを読んで、映画ももう一度見たくなったので機会を見て鑑賞したいと思う。感想はこんなところです。

        >> 続きを読む

        2018/05/31 by おにけん

    • 他2人がレビュー登録、 17人が本棚登録しています
      忍びの国
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 【図書館】 戦の時代。自分の家族を殺されても涙を流さない……道具として育てられた「人ではない」という表現がぴったりな人々の話。 >> 続きを読む

        2015/08/04 by おれんじ

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      戦国時代の余談のよだん。
      3.0
      いいね!
      • 「のぼうの城」「忍びの国」「小太郎の左腕」といった戦国ものを書く和田竜さんのエッセイ。
        作品の取材話や戦国武将の話。
        上記3作とも読んでいた為(そうでないとまず手には取らないですね^^;)、戦国武将の話は、作品と合わせて作家さんの好みが、感じ取れるようでおもしろかった。
        >> 続きを読む

        2013/01/08 by gats

      • コメント 3件
    • 3人が本棚登録しています

【和田竜】(ワダリョウ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

舟を編む