こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


ObamaBarack.

著者情報
著者名:ObamaBarack.
ObamaBarack.
ObamaBarack.

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      きみたちにおくるうた むすめたちへの手紙
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • ても親しみやすい、わかりやすいメッセージ。
        それでいて、とても奥が深いとも思う。
        どもたちは未来、そんな未来へのオバマさんのメッセージであり、基本的な思想でもあるんだと思う。
        ここに登場するのはアメリカをベースにした人たちではあるが、そこから伝わるものは全世界への思いでもある。
        次の世代へ何を伝え、何を残すのかという根本的な問いかけでもあると思う。
        >> 続きを読む

        2014/12/19 by けんとまん

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      オバマ演説集
      カテゴリー:政治
      4.0
      いいね!
      • 政治は言葉。
        言葉の力こそが政治を動かす。

        このシンプルな、しかしとかく日本ではおろそかにされがちな政治の原点を、オバマさんの演説の数々は思い出させてくれる。
        たぶん、オバマさんの演説の数々は、そのレトリックの素晴らしさにおいて、古代ギリシャ・ローマの、ペリクレスやデモステネスやキケロらに匹敵する、後世の見本になるのではないかと思う。

        この本には、2010年頃までのオバマさんの主要な演説が十本収録されている。
        とても良い翻訳で、非常に読みやすかった。

        あらためて、オバマさんのレトリックの素晴らしさに感動した。
        実存がかかった、ありったけの思いのたけがこめられた言葉の数々だからこそ、これほどの迫力と強さがあるのだと思う。

        また、読みながら感心したのは、オバマさんを中傷するデマに関して、座視できないものは徹底して論理的に強く反論し、粉砕し、そのうえで自説を堂々と述べているところだ。
        日本の場合、菅さんも野田さんもやっていることは良いこともあったのに、デマや誹謗中傷に対して、いまいち十分な反駁もせず、十分な発信力もなかった気がする。
        もしオバマさんぐらいのレトリックと言葉の力があれば、だいぶ違っていたのではないだろうか。

        日本の政治を良くするためにも、あらためて良い刺激を与えてくれる一冊だと思う。
        >> 続きを読む

        2012/12/22 by atsushi

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています

【ObamaBarack.】(ObamaBarack.) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚