こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


武良布枝

著者情報
著者名:武良布枝
むらぬのえ
ムラヌノエ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ゲゲゲの女房 人生は…終わりよければ、すべてよし!!
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」の原作。

        水木しげるの奥さんの武良布枝さんが、好きな漫画に打ちこむ夫を支え、
        おおらかにほがらかに生きていく自伝物語。

        本を読んでいくと、夫は水木しげるさんそのままですが、ヒロインの奥様は
        テレビでの女優、松下奈緒を彷彿させるぐらい、清らかで、文体そのものが
        飾り気がなく、平易な言葉で語られているが、夫を信じる思いは大いに伝わってくる。

        最初に食うや食わずの貸本マンガ家だった水木が“講談社児童漫画賞”を受賞した際、
        その快挙は「幸運」でも「奇跡」でもなく、ある意味水木のいうとおり「当然の結果」だと・・・。

        私は人に自慢できるような力もなく、なんら立派なことをなしとげたこともない
        平凡な人間です。ですからこの快挙は、もちろんすべて水木の努力のたまものです。

        でも、私は、あの暑い夏の晩に、仕事をする水木の後ろ姿に感動して以来、
        彼の仕事を信じ続けてきました。そのことは、私の生涯最大の「誇り」なのです。

        仕事に打ちこむ夫がいれば、それを支える妻がいる。

        そんな二人にも、仕事が順調満帆にいきかけてから、逆に会話がなくなり、
        貧乏時代よりも、寂しく、精神的にも辛い時代だったと・・・。

        共に苦労をする、なんて、今の若い方には死語になりつつなるんでは、

        どんなご夫婦も縁あって夫婦なった訳で、この本の副題では無いですが、
        「人生は・・・・終わりよければ、すべてよし!」とお互い尊敬しながら
        伴侶を信じ、暮すことですな・・・・。

        >> 続きを読む

        2015/04/26 by ごまめ

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています

【武良布枝】(ムラヌノエ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本