こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


リンダパブリッシャーズ

著者情報
著者名:リンダパブリッシャーズ
りんだぱぶりっしゃーず
リンダパブリッシャーズ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      最後の一日12月18日 さよならが胸に染みる10の物語
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 随分前に読み終わってます。

        10話のオムニバス。

        私はオムニバスって
        無理やり終わらせるような感じで
        あんまり好きではなかったのですが
        これは全部の話がキレイにまとまって
        終わってます。

        内容も良かったと思うし
        読みやすかったです。
        感動・・というよりは
        考えさせられる内容だったりしますが
        どこかで主人公の気持ちがわかったりする部分があるのか
        すんなり読み進められます。

        読み終わった時も
        なんとなくホッと出来るような。
        そんな内容でした。

        最終電車で (名取佐和子)
        そら豆の歌 (田中孝博)
        ハマナスノ実ヲ飾ル頃 (名取佐和子)

        中でもこの3作品が
        私の好きな作品。

        【ハマナスノ~】は
        かなり苦しい気持ちになりますがね・・(;´∀`)
        >> 続きを読む

        2012/04/27 by rieppi

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      99のなみだ・光 涙がこころを癒す短篇小説集
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 『寒い夜のピザ』『父とパパと』『真冬のお花見』『どんぐりの温もり』『さよなら、サンタさん』『ミコとミーコのいた窓』『歩む』『母の愛した人形』『囲碁じいさんず』『ヒーロー』『余命』『迎える』の全12篇の短篇小説。

        私は中でも『歩む』『母の愛した人形』が好きです。

        『歩む』は、愛する娘と夫と3人で幸せであったはずが、夫の浮気、そしてその浮気相手との子どもが原因で離婚を申し込まれ、途方に暮れる母親のお話です。

        この物語に出てくる主人公の親友の恋愛相談の乗り方がとても素晴らしいと思いました。
        自分を支えてくれる人が三人いれば、大丈夫。

        『母の愛した人形』では、認知症になった母の介護に追われる女性を描いています。娘は精一杯母の介護をしているのに、母は娘の名前も、それどころか娘であることさえも忘れてしまった。しかし花子と名付けた人形だけはいつも肌身離さず持ち、忘れることはない。

        人形の秘密を知った途端涙が止まりませんでした。
        >> 続きを読む

        2014/06/28 by chi_aki

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています

【リンダパブリッシャーズ】(リンダパブリッシャーズ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

シェイクスピア全集