こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


真じろう

著者情報
著者名:真じろう
しんじろう
シンジロウ
      タブー・タトゥー
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      •  なんかの画像検索で、かっこいいシーンがヒットして全巻買って積んでいたような気がする。
         文様を掌に刻むことで異能が宿る系のアクションマンガ。
         イメージ通りの作品だった。
         魔術なんかの基本でもあるしね、身体に入れ墨を入れて魔力を操るのは。
         
         格闘技の心得のある主人公が、チンピラに絡まれている人を助けて、文様を得、数奇な運命を見に宿す流れ。
         背後の米軍が、情報を小出しにしているため読者にも情報が伝わらないが、主人公と同じ立場で読み進められるので演出として面白い。
         異能のアクションと、世界観。
         展開と読み合い・・・いい塩梅のアクションマンガの予感。
         取り敢えず、全巻押さえているはずなので、楽しみに読み進める。

         アヒアヒ。
        >> 続きを読む

        2020/02/23 by 猿山リム

    • 1人が本棚登録しています
      タブー・タトゥー
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      •  呪紋を刻まれ異能を開花した者たちの戦闘・・・そして戦争。
         2巻。
         浮き上がる幽波紋(スタンド)と言い換えられようか。
         敵の異能の性能を考え立ち回る、これ系スタンダードな流れ。
         
         アクションシーンが多い。
         故に、背景を語る部分が少なくなり、展開や設定を読み取るのが大変。
         アクションシーンを追っているうちに話が進むんだけど、展開の理解が追いきれなくて、何度も読み返すことに・・・。
         これ系の話は嫌いじゃないけれど、もう少しアクション以外の部分を丁寧に伝えてくれたら嬉しかった・・・。

         突然のお色気描写が特に意味も無く頻出する印象。
         こんな描写があると・・・雑誌掲載時のアンケートの順位は悪かったのかな・・・と、邪推してしまうが、結構巻数出ているのでそんなことも無かったのかな。

         内容について触れられていないが、文章で簡潔に説明するのが難しい。
         捕虜奪還作戦中に次巻へ続いている感じ。
        >> 続きを読む

        2020/02/26 by 猿山リム

    • 1人が本棚登録しています
      タブー・タトゥー
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      2.0
      いいね!
      •  肌色成分の多い表紙は、本屋の店先で目に留まりやすいけれど、レジには持って行きにくいのよね。
         まぁ乳(乳首)は見えていないけれど、本編の方には描写されているシーンもあるし。
         無意味に挿入されるお色気描写は、嬉しいけれど作品としては無くていい気がしなくもない。

         おっぱいを賭けて卓球勝負があったり、日常コメディも織り込んでいるようなんだけど・・・。

         多分いろいろ説明が足りないんだろうなぁ。
         面白そうなシーンなんだけど、いまいち状況がつかめない。
         もやもやした部分を一気に取り払う演出の一部なのかもしれないけれど・・・。

         ・・・という事で、正直展開がよく理解できていないので、あまり噛み砕いたレヴューが出来ない。
         も少し先まで読んで読み返すと、すっと降りるのかもしれないけどね。
        >> 続きを読む

        2020/03/02 by 猿山リム

    • 1人が本棚登録しています
      タブー・タトゥー
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      2.0
      いいね!
      •  異能バトルもの。

         絵柄も物語・設定も嫌いじゃないのに、読みにくい。
         ベタベタ王道展開も、時折挟まれるギャグ要素も、嫌いじゃないのに分かりにくい。

         軍の方針に逆らえず、後手に回った作戦に突入しなければならない・・・といった展開と思われる。
         なんか、凄いことになっているんだろうけど、凄さを理解するためにちょっと戻って読み直して・・・それでもよくわからなくて、よくわからないまま読むべきなのかなと判断する・・・の繰り返し。

         いい評判も多いので、すんなり読める人には最高なんだろうな。
         撮り織り交ざる、不評の意見の方だったのかもしれない。

         見に宿した強い異能で、敵の異能者とバトルする作品。
        >> 続きを読む

        2020/03/03 by 猿山リム

    • 1人が本棚登録しています
      タブー・タトゥー
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      •  5巻故、基本構造は割愛。

         ジョジョのスタンドみたいな話ではあるが、ジョジョの幽波紋(スタンド)のような、起源体(ソース)みたいな見える形が登場するようだけれど・・・。
         見える超能力たるスタンドと、能力の本体であるソースではその成り立ちが異なるのであろう。

         5巻になってようやく、異能の正体が(概ね)明かされ、異能バトルモノとして、読者としてやっとスタートラインに立った感覚。
         何が何やらわからなくて、正直ちっとも面白くなかった。
         まぁ、この巻でも説明が足りなく感じ、追いて行かれる感覚もあるんだけれど・・・。

         日本の遺跡での攻防から、BBの過去ストーリー佳境迄。
        >> 続きを読む

        2020/03/10 by 猿山リム

    • 1人が本棚登録しています
      タブー・タトゥー
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      •  個人的な話1から6巻まで一気に買ったので、ストックは終わった。
         すんなり理解できた人には多分面白いんだろうけれど、説明不足に辟易して何度も読み返して…それでもよくわからなくて先に進んだタイプのわたしはちょっと厳しかった。

         6巻にしてようやく、事件の背景が見えてきた。
         ここにかかれているんだから、何度読み返しても読み取れないわけだ。
         普通の作品なら2巻…早ければ2話ぐらいに説明されるべき背景と思うのよね。
         逆に考えれば、ここから先は普通のマンガのように楽しめるのかもしれない・・・。
         ・・・が、便利過ぎる異能の解釈や、不自然に挟まれるコメディ展開など、好みとの乖離が・・・。
         や。人気もあるようだし、好きな人にはいいんだろうね。
         こういう作品が「好みが分かれるタイプの作品」というやつなんだろう。
         苦手な立場からいうのもアレだけど・・・。
         7巻以降は・・・封印!
        >> 続きを読む

        2020/03/16 by 猿山リム

    • 1人が本棚登録しています

【真じろう】(シンジロウ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本