こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


川原礫

著者情報
著者名:川原礫
かわはられき
カワハラレキ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ソードアート・オンライン
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね!
      • 面白くて主人公キリト君がかっこいい。
        終わり方も好きです。


        >> 続きを読む

        2019/07/05 by GEED

    • 他5人がレビュー登録、 22人が本棚登録しています
      ソードアート・オンライン
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • すごく良かったです。
        みんな戦っているんだと思いました。

        >> 続きを読む

        2019/07/05 by GEED

    • 他5人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      ソードアート・オンライン
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね!
      • 決死の覚悟で電子の檻から抜け出した先に最愛の想い人がいない絶望にキリトが悲嘆に暮れる中、想い人を救い出す為に、再起する物語。愛する人と添い遂げる為に絶望に抗ってきたというのに、その愛する人が自分の声が届かない距離で苦しんでいるという冷酷非情な現実は、悲しみで心が覆い尽くされるような終わりの見えない絶望でしかない。
        そんな絶望に全身を侵されながらも、キリトは再び言葉を交わしたい一心に燃え上がる決意で立ち向かっていく。
        幻想的な妖精の国は人々を魅了するが、その裏で悪意が蠢ていてそれを一刀両断する爽快感が心地よい。
        >> 続きを読む

        2018/07/27 by ebishi

    • 他4人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      ソードアート・オンライン
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね!
      • 無機質な銃がひしめく、硝煙たなびく殺伐とした世界で、奇怪な事件の真相を究明するべく訪れたキリトと心に傷を抱えた少女があるきっかけで共闘する事で、忌まわしい過去を撃ち抜く物語。
        癒えない傷跡を塞いでくれたのは鋼鉄の一丁の銃。
        過去はその人が生きている間は、良い事も悪い事も含め、いつまでも付き纏い、背負って行かなければならない。
        どんな過去でも受け入れ、立ち向かわなければ、囚われ続けて、これから先に光を見出だせない。
        銃に救いを求め、過去を決別しようとシノンが懸命に乗り越えようとする姿に弱さに負けない力強さを貰った。
        >> 続きを読む

        2018/10/16 by ebishi

    • 他4人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      ソードアート・オンライン
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • アスナを電子の檻から救い出す為に、リーファの助力を得て、次々と立ち塞がる逆境にキリトが渾身の力を込めて抗う次世代VRゲーム。
        今まで連れ添ってくれた相棒のような存在が己の全く知らない一面を垣間見せた時、人はどのような行動を取るだろうか。
        自分に隠していた事を裏切りと感じ、距離を置こうと思うかもしれない。
        そんな関係になったとしても離れようとせず健気に応援してくれる事を嬉しく思うかもしれない。
        お互いの正体を知った上でも初志貫徹に目的を果たそうと力を合わせられる二人の絆は悲喜こもごも共にした長い旅が育んだのだろう。
        >> 続きを読む

        2018/08/02 by ebishi

    • 他3人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      アクセル・ワールド
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 加速する次世代アクションゲーム。
        未知数の天体を縦横無尽に遊泳するかのような胸の興奮は留まる事を知らない。
        今巻は頼れる古株のスカイ・レイカーが無事にネガ・ネビュラスに復帰し、勢いを取り戻したハルユキ達。
        長い隔たりを埋めるように、仲間同士の心を近づける中、宇宙エレベータに日本のソーシャルネットが導入されるというビッグニュースが舞い込み、舞台は前人未到の宇宙を目指すというゲームの枠組みを超えた何とも壮大な夢のある物語。
        訪れた事がない地で、大勢の観客と共にレースに興じる本来のゲームの非現実感に夢中でのめり込めた。
        >> 続きを読む

        2018/06/20 by ebishi

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      アクセル・ワールド
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 災禍の鎧に寄生されたハルユキが七王会議で審議にかけられ、7日間の猶予が与えられた中で、かつてネガ・ネビュラスの仲間だったアーダー・メイデンを呼び戻す為に、彼女が封印されている皇居を守護する四神を踏破する物語。
        絶体絶命のピンチを覆すにはさらなる難攻不落に挑まなければならない。
        一人では何もかも諦めてしまいそうな状況でも、支えてくれる仲間達の恩赦に報いる為には不可能でさえ挑む事でしか道は残されていない。
        純色の七王の各々の策謀に絡まれても、かつての仲間を救う事で、己の過酷な運命を塗り替える様は力強さで滾っている。
        >> 続きを読む

        2018/07/31 by ebishi

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      ソードアート・オンライン
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • (登録前に読んだ本)

        1回目の読了。2012.11.30
        購入したものを読了。

        2回目の読了。2015.9.21
        再読2回目。ガンゲイル・オンライン内でのバトルの他に、シノンの抱えた重い過去に対する心情、「死銃」を介して起こる殺人事件の謎。それらの要素が良く描かれシリーズ屈指の面白さがあると思う。色々な部分にツッコミを入れたくはなるけど、1巻を最初に読んだ時と同じぐらいの感動?が自分の中には感じられた。まあ、このとき取り逃がした「ある人物」が今後重要になってくるのだけど。感想はこんなところです。
        >> 続きを読む

        2016/09/27 by おにけん

    • 他1人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      アクセル・ワールド
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • ハルユキの災禍の鎧を浄化する為にアーダー・メイデンを救出する作戦を決死の覚悟で行ったが、四神のスザクの驚異の攻撃で帝都内部に閉じ込められながらも、災禍の鎧に纏わる二人のバーストリンカーの悲哀に満ちた夢を遡る事で突破口を見つける物語。
        何十層もの謎がつめびらかに明らかになる時、そこに伴う痛みや愛情が心を苛むように突き刺す。
        ISSキットによるゲームバランスの崩壊、七の神器の真相、若武者との交流、タクムの危機といった怒涛の展開の中で、特筆すべきは災禍の鎧の纏わる悲劇的な真相で、切なさの中に深い愛情が骨身に沁みた。
        >> 続きを読む

        2018/07/31 by ebishi

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      ソードアート・オンライン
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • (登録前に読んだ本)

        1回目の読了。2012.12.8
        購入したものを読了。

        2回目の読了。2015.9.28
        再読2回目。アスナと「絶剣」ユウキとの出会いと別れを描いたエピソード。最後の別れのシーンは反則級。読んでいて泣きそうになる。でも、こんな風に死の瞬間を看取られたら幸せだったと思えるだろうなとも感じる。「ガンゲイル・オンライン」編とこの「マザーズ・ロザリオ」編はアニメ未鑑賞なのでアニメも機会を見つけて鑑賞してみようと思う。感想はこんなところです。
        >> 続きを読む

        2016/09/27 by おにけん

    • 他1人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      ソードアート・オンライン
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • (登録前に読んだ本)

        1回目の読了。2012.12.14
        購入したものを読了。

        2回目の読了。2015.10.3
        再読2回目。最新刊を読むために過去の話のおさらい(特にアリシゼーション編)目的での再読。この巻はアインクラッド編をメイン舞台とした短編集。圏内事件はアスナの「ツン」な状態から「デレ」になっていく過程が見られる。(本格的にデレるのは後だが。)アスナの態度は読んでいていじらしいのだが、キリトにそのことを気付かせるのにはちょっと年齢的にも経験が足らないのはしょうがない所ではあると同情したりする。他の2編も面白い。次はアリシゼーション編。じっくり読んでいきたいと思う。
        >> 続きを読む

        2016/09/27 by おにけん

    • 他1人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      ソードアート・オンライン = SWORD ART ONliNE
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • ついに海上基地へと乗り込んだアスナ。そこで、黒幕からアンダーワールドの秘密が語られる中、一方で修剣学院での初等練士になったキリト達は、師である先輩達や傍付き練士である後輩達と数多の苦難を乗り越える物語。

        それぞれの意志次第で全て決まる世界、未知数の核心へと迫れ!

        戦争を起こさせない為の抑止力としての武力を持つという矛盾。
        その為に利用されるAIや仮想世界。
        度重なる実験と研究の産物で、人類は手にしてはならぬ神の領域まで踏み込んだのだろう。

        しかし、どんなに科学進歩を遂げても、試されるのは本人の意志その物なのだ。
        >> 続きを読む

        2020/06/25 by ebishi

    • 他1人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      アクセル・ワールド 赤の紋章
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 拉致されたニコを救う為に大天使メタトロンの協力の元、加速研究会のアジトに見事潜入したハルユキ達。ついに敵将と合間見える中、唐突に現れた災禍の鎧の強襲に立ち向かう物語。

        どこまでも拡がる鈍色の難攻不落さえも覆す決意の飛翔。

        人は対話して解り合える。
        その意志の疎通を蔑ろにし、手っ取り早く己の意見を突き通す行為。
        それが悪意と暴力だ。
        それをする事で、争いの連鎖は収まったか?
        否、対話の無い闘いは終わりの見えない絶望を形造る。
        言葉は諸刃の剣だからこそ、人を救いもするし傷付ける。

        心の衝突を恐れずぶつかりに行くのだ。
        >> 続きを読む

        2020/07/07 by ebishi

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      ソードアート・オンラインプログレッシブ
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 地下迷宮の敵将を討ち取ったキリト達は次なるステージであるエルフがまつろう大森林へと足を運ぶ中、あるクエストが不思議な現象を起こし、初めての攻略会議に参加する物語。

        かつてなき静寂の森林で、魅惑の妖精達と悪逆に抗え。

        未知を踏破する中で、見えてくるアインクラッドという世界の根幹を成す姿。
        絶望も勿論あるが、胸に抱く興奮の高鳴りは偽れない。
        皆で協力しようと攻略組を創る中で、分裂を引き起こそうと暗躍する黒い影。

        新天地を巡って何を信じれば良いか葛藤するが、何よりもの指針は己の裡から溢れた物だと信じて進み続けるのだ。
        >> 続きを読む

        2020/07/14 by ebishi

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      ソードアート・オンライン = SWORD ART ONliNE
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 修剣学院で整合騎士を目指す為に日夜鍛練を積むキリト達はその実力を認められ、傍付き練士のロニエ達をあてがわられ、確実に絆を深くする中、下劣な貴族達の陰湿な罠により、穏やかな日常は崩れ去る物語。

        いずれ知る容赦ない世界の真実、迫り来る禁忌を切り捨てろ。

        周囲で当たり前のように決まって享受していた禁忌目録。
        疑う事さえもなく、当然のように遵守していた。
        その固定概念を覆すような陰湿な罠。
        その張り巡らされた罠から、大切な仲間を救いたい。

        例え、己が窮境に嵌まろうと、仲間が傍に居てくれるだけで闘志は揺るぎはしないのだ。
        >> 続きを読む

        2020/06/27 by ebishi

    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      ソードアート・オンライン
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 白亜の塔の主である最高司祭の待つ最上階を目指すキリト達の前に立ち塞がるのは整合騎士アリス。
        再び対面する中、恐ろしき攻撃により、離ればなれになり、二人の命運を左右する最大の宿敵の前に、絆の強さが試される激動の物語。 

        二人をわかつ、運命の鎖を今、己の刃で断ちきらん。

        何よりも、心を分かち合い、出来る限り永久に一緒にいたいと思える友がいる。

        その想いを引き裂こうと運命が僕らを試す。

        耐え難い苦しみは、越える程に大きくなる。

        その絶望に、暗闇が眼前を覆う。

        それでも、契りを交わした友との再会の笑顔を想えばまだ闘えるのだ。
        >> 続きを読む

        2019/11/14 by ebishi

    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      アクセル・ワールド
      カテゴリー:小説、物語
      いいね!
      • 登録前に読んだもの

        1回目の読了。2012年頃
        購入して読了。

        2回目の読了。2014.3.12
        購入した物を再読。14巻を読んでからかなり日がたってしまったので話のおさらいのため読んだ。読んでみると、タクム(事件の黒幕)はこのとき後に出てくるISSキッドのため人格が変わっているんだなと思った。あとこの作品は挿絵がH過ぎて電車の中では堂々と読むことが出来ない。そのほかは面白いのだけど。さて気合を入れて14まで話のおさらいをしていくか。
        >> 続きを読む

        2016/05/28 by おにけん

    • 3人が本棚登録しています
      アクセル・ワールド
      カテゴリー:小説、物語
      いいね!
      • 登録前に読んだもの。

        1回目の読了。2012年頃
        購入したものを読了。

        2回目の読了。2014.3.16
        購入した物を再読。積読本を消化する上で話のおさらいをするために読了。 2巻では後々ハルユキに取り付いて悩まされるクロム・ディザスターが登場。話は面白いのだが、黒雪姫はハルユキを奮い立たせる存在ではあるのだけど,黒雪姫はハルユキのどこが気に入っているのか、ハルユキに他の人を奮い立たせる要因が読んでいてあまりよくわからない。後々他の女性バーストリンカーにもハルユキはモテモテ(?)になるのだけど、なぜ?と思う。次の巻からはその辺も注意して読み続けてみたいと思う。
        >> 続きを読む

        2016/07/06 by おにけん

    • 2人が本棚登録しています
      アクセル・ワールド
      カテゴリー:小説、物語
      いいね!
      • (登録前に読んだ本)

        1回目の読了。2012.11.1
        本を購入して読了。

        2回目の読了。2014.3.29
        購入したものを再読。「ソードアート・オンライン」と同じ作者の作品。 3巻目はシリーズ最凶(同情の余地もないという意味で)の悪役能美征二が登場。読んでいてもその存在はイライラさせられる。主人公たちもそれに振り回され、戦い、トドメというところである展開になり次の巻に続くという形。 改めてみても能美の存在は疎ましく感じるし、早くやっつけろと読んでいて思う。このような状態で次の巻に続くのは読んでいてストレスがたまりそう。解消のため早いうちに続きを読むつもり。
        >> 続きを読む

        2016/09/27 by おにけん

    • 2人が本棚登録しています
      アクセル・ワールド
      カテゴリー:小説、物語
      いいね!
      • (登録前に読んだ本)

        1回目の読了。2012.11.5
        購入した本を読了。

        2回目の読了。2014.3.29
        購入したものを再読。ダスク・テイカー編完結。策士はタクムではなくチユリだったことに驚いた。黒雪姫と楓子の再開場面にもなぜかほろりとさせられた。
        >> 続きを読む

        2016/09/27 by おにけん

    • 3人が本棚登録しています

【川原礫】(カワハラレキ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本