こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


HarrisSarah L

著者情報
著者名:HarrisSarah L

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ディジタル回路設計とコンピュータアーキテクチャ
      カテゴリー:電子工学
      5.0
      いいね!
      • デジタルなICの現在的な主流設計手法、HDL、および実装方法としてのPLD、FPGA、ASICに関して、基礎から体系的に解説している良書。FPGA vs ASICの損益分岐点計算まで解説している。主に、デジタルな回路の設計とはから述語論理の基礎、FET/CMOSとは、HDL、プロセッサを構成するための基本的な回路(加算器や乗算器、除算器)等を説明している。
        その分野に興味のある人、仕事上どうしてもその分野に携わらねばならない人必読の書。

        著者はPentium IIの設計者らしく、プロセッサアーキテクチャに関して非常に詳しい。他方で、デジタル回路のアナログ的特性にもデジタル的視野から触れている点が興味深い。また、体系立ってLSI論理設計を説明しているのが良い。
        全体を体系的に理解するのに非常に良い図書。
        >> 続きを読む

        2012/10/08 by Shimada

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています

【HarrisSarah L】 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本