こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


夏川草介

著者情報
著者名:夏川草介
なつかわそうすけ
ナツカワソウスケ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      神様のカルテ
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね! tadahiko
      • 再読。

        でも、面白かったーーー!
        そして、感動したーーーー!!!!!!!!!!!!

        何年ぶりに読んだかな。随分前に、それこそ刊行当時に読んだと思うのですが、久しぶりに隣の部屋を見たらふと棚にあって、「あ、読んでみよう・・」と思い読み始めたら面白くて止まらなくてほぼほぼ一気読み。この梅雨寒の夜にひっそりとでも味わい深く、熱く読み、今ほど読み終わりました。

        こういう医療系の話ってちょっと苦手なんですよね。
        読んでると当たり前ですがいろいろな病気やその病気で苦しんでいる人たちの描写があって時には病気や症例が詳しく書いてあって「あ、そういうことも起きるんだ・・」と要らぬ知恵がついたりしてそれが「ああ、もしかしたら大事な人がそうなったら・・・」とか不安が不安を呼んで怖くなったりするんです。自分も特養ホームに父が入所していまして今は元気に日々を暮らしていますがいつどうなるかはわからないですしいつ何が起きてもおかしくない年齢でもあるので本当に怖くなって想像が妄想を呼び苦しくなったりします。だから、基本こういう作品は読まないようにしています。


        ですが、この「神様のカルテ」はそういう暗い話も登場人物たちのコミカルででもあたたかく毀誉褒貶なやり取りで読んで怖くなり震えている自分の心を温めてくれる。時に怖くなっても勇気や感動を齎してくれる・・そんな光と影を内包した不思議な作品だなぁと思うんです。


        主人公の一止に我が愛しの細君。男爵に学士殿。看護師の東西に外村さん。次郎に水無さん。化かされ続けてる大狸先生に古狐先生。名前を列挙しているだけでこの面々の賑やかな笑い声が聞こえてくる、そんな良い意味の錯覚を覚えるくらいのキャラクターたち。みんながみんないろいろな想いを抱えて真っ直ぐに生きている様は本当に勇気をもらえます。基本、小説の中の話は創作物として一線を画しているのですがこの作品だけはそうはいかないといいますか、なぜかリアリティを伴ってズバズバと自分の心と躰に刺さるんです。


        だからかもしれませんが、何度読んでも涙は溢れ流れ落ち、寂寥感のなか不思議とあたたかい気持ちになり気がつけば捲る頁が無い・・という現象が起きているんです・・・全くもって不思議です。


        今回も安曇さんの話では滂沱の涙が滴り落ちました。
        人は孤独だけれども決して不幸ではない。そんな当然のことを思い出させてもらえました。


        2巻もどこかにあるはずなのでもしまた偶然見つけたら本を開いてみたいと思います!


        ちなみに個人的に好きなキャラクターは看護師の東西ですね。
        こんな器量があって仕事バリバリこなして淹れるコーヒーが美味い。そして、可愛い・・・なにを迷う必要がありましょうか・・・!笑


        ああ、自分にも美味しいコーヒーを淹れてくれる天使、現れないかなぁ・・・


        ・・・コホン。
        逸れました・・・すみません(笑)


        たまの夜更かしもいいんじゃないでしょうかね。


        今回も良い読書が出来ました!!
        >> 続きを読む

        2019/07/07 by 澄美空

    • 他10人がレビュー登録、 44人が本棚登録しています
      神様のカルテ
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね! masa920
      • 長野県松本市の地域医療に携わる医師のお話です。
        私は医療関係には疎いし苦手ですが、語り手である主人公の古風な喋り方とテンポの良さで楽しく読むことが出来ました。地域医療の問題、日々出会う様々な患者との接し方、病院で働く中での心の持ち方に読み入ってしまいます。悩んだり細君に癒されながら働く主人公にはきっと好感が持てるので、どんどん頁を進めたくなる本だと思います。 >> 続きを読む

        2018/04/09 by nona

    • 他4人がレビュー登録、 29人が本棚登録しています
      神様のカルテ
      カテゴリー:小説、物語
      4.4
      いいね!
      • 久々にこのシリーズを読む機会に恵まれました。
        そういえば夏目漱石好きの主人公だったなとか、二十四時間三百六十五日対応の病院だったな、とか。読んでいるうちに、少しずつ思い出してきました。全く忘れていても問題ありません。
        というわけで、7年振りの栗原一止先生です。この後の作品も全て借りる予定です。

        東京の大病院から本庄病院に赴任してきたのは、一止の同級生・進藤辰也。一止は再会を喜ぶが、病院内での進藤の評判は悪い。赴任してきた直後の浮ついた噂話はなりを潜め、十日ほどの間に、ほうぼうで少しずつだが確実に、苦情が聞かれるようになった。
        進藤の妻は大学時代に一止が好きだった人。しかし、現在の彼女の状態は…

        私も同じくらいの子を持つ親なので、進藤の妻・如月の立場の苦しさはよくわかります。それと同時に、今の職場が理解があることに改めて感謝をしました。育休後復帰し、子どもの送り迎えや病気で早く帰宅したり休むことは当然のことだと思います。そうでなければ仕事と子育ての両立なんてできません。患者の家族の心無い言葉に壊れてしまった如月は、子どもの送迎をやめ、会社に泊まり込むようになりました。3歳の子どもが母親を求めて泣く姿を思うと悲しくなります。なんて生きにくい世の中なんだ。母親が正気に返って元の生活に戻れたとしても、その間の純粋で可愛らしいさかりの子どもの成長を見ることは叶いません。そして、子どもを悲しませたことを後悔しながら生きていくのでしょう。父親が故郷に戻り、子育てしながら子に寄り添っているのがせめてもの救いだと思いました。
        ラストは明るい兆しを見ることができました。

        主人公そっちのけで語ってしまいましたが、今作の進藤と一止の友情がとても良いです。前作を読んだときは特におもしろさを感じなかったのですが、進藤の存在が良かったのか、一気に好印象となりました。続編も楽しみです。
        >> 続きを読む

        2021/06/26 by あすか

      • コメント 4件
    • 他4人がレビュー登録、 24人が本棚登録しています
      神様のカルテ
      カテゴリー:小説、物語
      4.9
      いいね!
      • 一止が本庄病院を去り、新しい世界を切り開いていく決意が描かれています。
        きっかけは、北海道から赴任してきた女性医師・小幡からの言葉。彼女自身の覚悟が突き刺さり、過酷な現場をこなす自分の在り方について、改めて考えていきます。

        東西さんの過去、新加入の小幡先生の過去、正解のない大手術。
        変わらない「二十四時間、三百六十五日対応」の勤務体制。ますます壮絶な医療現場となっています。
        「栗原君には失望したのよ」と告げられた言葉に対し、「医師としての知識や技術。その不足を少しでも補いたい」という結論を得た一止は、迷いながらも前を向きます。今作は、医師としての強さをより感じさせてくれました。

        壮絶な日々を送る一止に、安らぎの場所を作って待っているハルの心遣いがいじらしい。
        御嶽があるから、妻がいるからこんな激務でも日々患者さんと向き合えているのだと感じます。
        ユニークなキャラクターの多い本庄病院を去るのは、読んでいる方も寂しくなってきます。東西さんとか進藤先生の出番減るのかな…。そのあたりに少し不安を感じながらも、新しい生き方を選択した一止の次の出会いを楽しみにしたいと思います。

        しかしこんなに忙しいのに、飲み会もしているその体力が信じられない。若さ、でしょうか。
        >> 続きを読む

        2021/07/08 by あすか

      • コメント 2件
    • 他3人がレビュー登録、 15人が本棚登録しています
      神様のカルテ
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 古狐先生
        大狸先生
        お医者
        看護師
        患者
        病気


        神様のカルテ1を読んでから違う本を数冊読んでからのこの本です。
        医療の現場の厳しさや苦しさ、患者を思う先生方。
        一番辛いのはやはりご家族だけではなくお医者様や看護師さんたち医療従事者なのではないのでしょうか。
        何でも治せるとはいいませんが、治すための治療法を誰よりも知っているのに、できないこと・どうしようもないことが目の前に立ちふさがってしまうのは一番辛いことだと思う。
        今回のお話は一緒に働いてきたお医者様の一人が倒れたことによって発覚した病気。すでに最期のステージまで来ていた。途方にくれるとはこういうことなのかなと感情移入してしまいました。
        そしてまた、助けられるのも人なのだなとも思いました。
        >> 続きを読む

        2016/01/18 by -water-

    • 13人が本棚登録しています
      神様のカルテ
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね! yana
      • まず文体の美しさに惹かれました。信州が舞台ですが、行ってみたいですね♪地域医療で戦う医者の話で、映画化もしてます。主人公の奥さん、ハル役に宮崎あおいがやってますが、これ以上ないキャスティングだと思います。夫婦のやりとりが、素晴らしくてほんわかな気持ちにさせてくれます。 >> 続きを読む

        2014/06/09 by yana

      • コメント 5件
    • 9人が本棚登録しています

【夏川草介】(ナツカワソウスケ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本