こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


菱田愛日

著者情報
著者名:菱田愛日
ひしだまなび
ヒシダマナビ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      TOKYO GIRL'S LIFE 絶対に失恋しない唯一の方法
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • この物語はひとりの女性の恋の模様が描かれているが実はそのひとりの女性、主人公遼希と偶然バーで一緒になった舞衣と佳菜子の友情の話なんだなと読み終わって思った。

        あまりこういう女性が主人公の恋愛小説って読まないので最初はとっつきにくかったけど読んでいくうちにするすると物語の中に入ることが出来て中盤以降は嬉々として遼希達の行末を楽しみに追っていました。

        この表紙絵の女性がこの作品の主人公遼希。仕事が出来、理想も持ち、細かいことは一切気にしない、サバサバとした、ザ・お仕事出来る系女子。でも、恋愛はご無沙汰で実はそこに関しては燃え上がった時はどうして良いかわからない純粋で真っ直ぐな性格。

        そこに恋愛のためだけに生きているような、ザ・女の子女の子然とした女性舞衣と恋愛も仕事にも奥手で遼希の学生時代の後輩で密かに遼希のことを想っている真面目系女子佳菜子が出会う。そこから3人の恋や仕事、はたまた3人の友情が明るく時に切なく描かれていくわけですが自分は男なので女性の細かい心情描写などにはうーん・・・となったり成る程~と思ったり登場人物の遼希達より百面相しながら読んでいたであろうと思います(笑)

        女性って難しいし大変なんだなぁと思いました。


        ラストは良かったと思います。
        多分、映像化それも実写化したら面白そうだなぁとも思いました。


        こういう作品をたまに無性に読みたくなるんですよね。
        女性の色々な部分がわかると言いますか勉強にもなりますし単純に恋愛小説を読みたいなぁと思うというのもあります。大体読み終わって読んで良かった!と思えるから不思議です。


        余談ですが読んでいる間続編があると知り勢い良く注文してしまいました(笑)んで、今日届いたのでまた暫く本棚で寝かせて読もうかな~と思っています!


        最後に個人的には佳菜子に共感する部分が多かったですが良いなぁと思ったのは意外と舞衣だった気がします。なんか歳取って来て色々と女性の好みも変わって来ていることも実感しています。一回、こういう小悪魔系の女の子に振り回されてみたいな~なんて(笑)


        今回も良い読書が出来ました!
        >> 続きを読む

        2017/05/21 by 澄美空

    • 2人が本棚登録しています
      TOKYO GIRL'S LIFE
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • いやぁ、面白かった!
        後半からラストにかけては怒涛の勢いで頁を捲っていたよね…佳奈子、かっけーよ!

        恋を忘れた仕事人間、遥希。
        恋愛至上主義の腰掛けOL、舞衣。
        音楽の夢を追うフリーター、佳奈子。

        この3人がひょんなことから出会い、その出会いの場所になったBAR「シュガー&ソルト」。

        そこで繰り広げられる女たちの時に激しく時に切ない友情のお話。この3人、全然違う。考え方も価値観も見てきた景色も。でも、だからこそお互いにぶつかり合い励まし合い分かりあっていく様が凄く良い。

        今作は主に佳奈子のお話がメイン。だけど、やっぱり遥希は恋でも仕事でも悩むし事なかれ主義の平和主義者が顔をだして前に進めないし舞衣は舞衣で知らなかった事を次々に知っていって辛いのに遥希には上からだし佳奈子にはそれ、言っちゃう!?ってこと言って大変なことになるし佳奈子は融通が利かずああしたいけどこうなるからできない、でもやりたい、どうしよう、汚れるのは嫌だけど夢は諦めたくないとうだうだ考え過ぎて舞衣にびしーっと言われちゃうし…

        でも、結局は3人は3人のままで。
        でも、やっぱり一生の友達で居たくて。
        最後は、ね。

        女性の世界は大変なんだなぁと改めてこの作品を読んで思いました。男の世界も色々あるけどここまでではないと思う。そして、女性たちは強い!そして、凄い!本当に心から思いました!

        因みに余談なのですが、最近色々とあってバタバタしていて中々休まらない日々が続いていまして、そんな中この作品を読んでもう佳奈子に感情移入しまくりでして(笑)
        自分も何方かと言えば佳奈子みたいな性格でしてああなればこうなるかも…とうだうだと考え過ぎるきらいがあって今まさにその状況でして。佳奈子、自分なんじゃね?(笑)と思いながら読んでいました。

        だからこそ、遥希や舞衣の言葉に一喜一憂している自分が居て「なんか、救われるなぁ」と。

        こういう体験が出来るのも読書ならではだなぁと痛感致しました(勿論、良い意味で!)

        最初はだらだらと読んでいましたが最後は楽しく読み終えられたので今回も自分の眼力はちゃんと正常に役目を果たしたな、衰えていなかったなと思いホッとしました(笑)

        さて、次はどんな物語に出会えますかな?

        >> 続きを読む

        2018/01/20 by 澄美空

    • 2人が本棚登録しています

【菱田愛日】(ヒシダマナビ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚