こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


桂米二

著者情報
著者名:桂米二
かつらよねじ
カツラヨネジ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      上方落語十八番でございます
      カテゴリー:大衆演芸
      4.0
      いいね!
      • 桂米二さんの、落語十八席のネタ紹介。
        「リクツ」、「りクヤン」と呼ばれてるとあって、もっと蘊蓄満載と思いきや、
        いたって、あっさりめ・・・おもしろいような、もの足りないような。

        あくまで、落語を初めて出会う人まで、想定した様な、
        手取り足取り、親切な内容だが、「リクヤン」と唸らす部分は少ない。

        自分の落語会のプログラムに載せているところの紹介は、
        落語ファンを前提に書かれているので、おもしろい。

        たちぎれ線香の・・・「雪」について、・・・地唄の一つ。
        浮世を捨てて尼になった芸妓が、昔の恋人を忘れかねる心情を述べたもの。
        南地の芸妓で、「そせき」という女性のことを唄っているという。
        歌詞の中に、「もしやといっそせきかねて」と詠み込んであるというのだが・・・・。
        この三味線の一節を、「雪の合方」として、「不動坊」、「池田の猪買い」などの
        雪の降る場面で、はめものとして使用する。地唄ではもっとも有名な部類に入ります。
        地唄舞としてもよく出るほうだと思いますと。はめものとして唄われるのは、
        「ほんに昔の昔のことよ・・・・・」のところで、こんな効果的なはめものはちょっと無いと。

        普段、よく聴いている「雪」の説明に、 得心も得心。
        そして、「猫の忠信」では、登場人物の名前は、全て歌舞伎「義経千本桜」をもじってあると。
        この猫はタダで飲んでて、「狐忠信」、吉野屋の常吉で「義経」、駿河屋の次郎吉で「駿河次郎」
        お師匠はんがお静さんで「静御前」、六さんは「亀井六郎」、その他、片岡はんとか、
        伊勢屋三郎兵衛旦那とかは、義経四天王とか。・・そして「おとわ」さんは、
        義経の母親の常盤御前ではないかと、こんな事と知ると、歌舞伎を見に行かなければ
        と思いますが、「猫の忠信」はもとより、「七段目」、「蔵丁稚」など本家本元知らんと
        うわべだけでは、あきまへんな・・・。

        米二さん、次回の本はもっと、「リクヤン」の名にかけて、落語の奥義、
        こってりと、ご講義くださいな・・でおます。
        >> 続きを読む

        2013/05/24 by ごまめ

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています

【桂米二】(カツラヨネジ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

闇の底