こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


喜多喜久

著者情報
著者名:喜多喜久
きたよしひさ
キタヨシヒサ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ラブ・ケミストリー
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • ミステリーっていうよりかはファンタジーです。
        恋愛要素も含まれています。

        少女マンガっぽいです。
        >> 続きを読む

        2018/09/23 by asu-09

    • 他1人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      猫色ケミストリー = Nekoiro Chemistry
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 猫が好きなのでタイトルに惹かれて手に取った1冊。
        雷の衝撃で魂が入れ替わり、それ以外にも事件が起こっててんやわんやの展開だ。
        主人公の男子大学院生の魂は同級生の女子に、その女子の魂は野良猫にという三角関係。

        人嫌いで女子に免疫のない男子に訪れた、魂の入れ替わりという異常事態。それによって身体の持ち主である勝気な女子とのコミュニケーションをとらざるをえなくなり、吊り橋効果もあいまって二人の間には絆が生まれ好意が芽生える。

        引っ込み思案な主人公に都合が良すぎる展開に辟易しつつも、さらさらと最後まで読めてしまった不思議な作品だった。文章力のなせるワザなのだろうか。
        >> 続きを読む

        2014/12/21 by seimiya

      • コメント 1件
    • 3人が本棚登録しています
      二重螺旋の誘拐 = DOUBLE-HELICAL KIDNAPPING
      カテゴリー:小説、物語
      2.5
      いいね!
      • う~ん・・う~ん・・。展開と物語の構成は好き・・好きだけど・・あの終わり方はないよ・・・がっかり。


        BOOKデータベースより
        大学に助手として勤務する香坂啓介は、先輩・佐倉雅幸の一人娘・五歳の真奈佳に亡くなった妹の面影を重ねて可愛がっていた。ある日、真奈佳は一人でプールに出かけ、そのまま行方不明になる。真奈佳の行方を必死に探す雅幸と妻・貴子。そこへ誘拐を知らせる電話が…。啓介の物語と雅幸の物語は、螺旋のように絡み合いながら、誘拐事件を軸にやがて一つに収束していく―。

        まあ、確かに最初のほうでそういう趣味?というか感情は出てたし、それを絡めた展開なのだろうなとは思っていたけど、此処までその”性癖””趣向”が(で)物語を帰結させるのは如何なものか。それもよりにもよってこの”性癖”・・・いやいやちょっとやばいだろ?でも、一応人間ではないというオチがあったからアレだけど、でもねえ。。。それに、そのオチが・・また・・・え?・・・え!?って悪い意味で拍子抜けしたし、感動してた方の話の後日談がほぼないとか・・・。色んな意味でがっかり。あの焦燥感を返せ・・・!


        とまあ、不満を論えても何にもならないので怒りは一旦鎮めて。


        この作者の違う作品のシリーズが結構好きで今作も面白そうだなと思って読んだが・・・あー・・・。そのシリーズだけにしとけば良かった。あー・・・知りたくないものを知ってしまった・・・。


        救いなのはこの本は図書館で借りてきたもの・・ということ。これ購入して読んでいたら・・・・(・o・)


        久々に最後悪い意味で裏切られた作品。後味最悪。
        >> 続きを読む

        2015/08/29 by 澄美空

      • コメント 4件
    • 3人が本棚登録しています

【喜多喜久】(キタヨシヒサ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本