こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


直木三十五賞(ナオキサンジュゴショウ)

  • 文学賞 直木三十五賞
    ナオキサンジュゴショウ
    主催: 公益財団法人日本文学振興会
    無名・新進及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、現在では中堅作家が主な対象とされている。ベテランに授賞されることも多々ある。

    授賞する作品は選考委員の合議によって決定され、受賞作は『オール讀物』に掲載される。第6回から、財団法人日本文学振興会により運営されている。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが、1949年に復活した。

    受賞者には正賞として懐中時計・副賞として100万円が贈呈される。
    直木三十五賞 公式ページはこちら
第51回 1964年 上半期
該当作品なし
第52回 1964年 下半期

張少子の話 

著者:安西篤子
第53回 1965年 上半期
第54回 1965年 下半期

虜愁記

著者:千葉治平
第55回 1966年 上半期
第56回 1966年 下半期
第57回 1967年 上半期
第58回 1967年 下半期
第59回 1968年 上半期
該当作品なし
第60回 1968年 下半期

僑人の檻

著者:早乙女貢
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。

【直木三十五賞】 - (ナオキサンジュゴショウ) 第51回~第60回 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本