こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ちいさな言葉

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 評論、エッセイ、随筆
定価: 1,575 円
いいね!

    「ちいさな言葉」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      小さな言葉という題から、ちょっとした言葉、小粋な言葉を想像していたのだが、
      実は、俵万智さんのお子さんの覚えたての一つひとつの言葉。

      幼稚園の時、「早くしないと、時間がなくなっちゃうよ」と叫ぶ万智さんに、
      「何がなくなっちゃうの・・。」「時間が」「時間って、何」、抽象的な概念ってどう説明するの。
      いったい人はどうやって理解するのだろうか。

      ほんと、考えればる考えるほど哲学的・・・・でおます。


      また、あるときお子さんのお気に入りが「付けたしことば」というもの。


      「子ども版、声に出して読みたい日本語」のシリーズの「言葉あそび」にでていたもの。

      「驚き桃の木山椒の木」「あたりき車力よ車曳き」「何か用か九日十日」
      「(その手は)桑名の焼蛤」「(嘘を)築地の御門跡」と呪文のごとく。

      まあ、落語には「ぎんなんって、どんなんって、こんなん」
      とかのように頻繁にでてきますが。

      「枕する? しない?」と聞く万智さんに、「うーん、まくらは、シナモン」の返事。
      「じつは、あさから、なにもたべていないのじゃがいも」と、どんどんでてくる
      喋りたくてたまらないオリジナルの付けたし言葉。

      凄い、子供時からこの感性・・・・
      おじさんは「びっくり、びっくり、くりきんとん」でおます。

      言葉の歌人である万智さんゆえに、はっとしたり、へーと感心したり、
      子供の自由な発想に驚きの毎日・・・そんなちいさな、幼子の、言葉、がいっぱいでおます。
      >> 続きを読む

      2014/02/25 by

      ちいさな言葉」のレビュー

    • ウチの息子達は、お下品なことばが好きなようです。

      遺伝というか血統かも...(笑)

      2014/02/25 by ice

    • 友人の子供が、よく母親に「○○ってなに?」と質問していてその問に一緒に悩んでいる姿をみると、すごいな~っと何時も感心します。 >> 続きを読む

      2014/02/25 by ◆空太◆


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    チイサナコトバ
    ちいさなことば

    ちいさな言葉 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本