こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

まほうの馬―ロシアのたのしいお話 (岩波おはなしの本 (6))

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: M.ブラートフA.トルストイ
いいね!

    「まほうの馬―ロシアのたのしいお話 (岩波おはなしの本 (6))」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      岩波おはなしの本シリーズ。
      ロシアの昔話にはやはり、帝政に苦しんだ民衆の気持ちが反映されている。支配階級への痛烈な風刺や民衆の憎しみがあらわれている物語を読んでも、あまり楽しい気持ちにはなれない。ロシアという国をどうしても好きになれない個人的な感情も手伝って、本書を楽しめなかったのは残念。昔話に罪はないのだけれど。

      2017/10/25 by

      まほうの馬―ロシアのたのしいお話 (岩波おはなしの本 (6))」のレビュー

    • 見た目の絵とは裏腹に、結構残酷な風刺があるのですね。

      2017/10/26 by Liys☆

    • コメントありがとうございます。
      昔話には国民性があらわれるものだなと、シリーズを読んで実感しております。
      >> 続きを読む

      2017/10/26 by Kira


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    まほうの馬―ロシアのたのしいお話 (岩波おはなしの本 (6)) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚