こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

モモ

時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)
4.2 4.2 (レビュー22件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,785 円
この書籍に関連するページ
2012年12月の課題図書

時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子のふしぎな物語。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね! Minnie chao kuuta caramel sunflower Ringo oriedesi Tukiwami

    「モモ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      子供向けの本ですが、大人が読むと読後の解釈が変わって来ると思います。時間泥棒は今に通づるものがあると思います。面白いです。

      2019/02/21 by

      モモ」のレビュー

    • 匿名
      評価: 5.0

      私もモモのような傾聴力を持ちたいです。心こそ、大切にしたいと思える作品でした。
      まさか、こんなに昔に書かれていたなんて!まさに現代社会を映し出しているようなお話でした。

      一人ひとりの時間の花。
      見て見たいなぁ。

      2018/06/15 by

      モモ」のレビュー

    • 評価: 3.0

      「はてしない物語」に続き、2作目のエンデ作品。昔々、弟にプレゼントしながら、わたし自身は読んだことがなかったので、今さらながら読んでみた。

      小説としての面白さは「はてしない物語」に軍配があがると思う。
      ストーリー展開がゆっくりで、読み進めるのに時間がかかってしまった。やっとハラハラドキドキの展開になったと思ったら、あっという間に終わってしまって肩透かし。
      「はてしない物語」も「モモ」も評価の高い作品なのに、どうもわたしには合わなかったようだ。

      そもそも、わたしはファンタジーって苦手なんだった。だから、子供のころは手を出さなかったのだ。
      大人になってから「指輪物語」で面白さを知り、「十二国記」シリーズ、「守り人」シリーズと和製ファンタジーにハマって、なんだ、ファンタジーって面白いじゃないか!こんなことならもっと早くからいろいろ読めばよかったと後悔した。
      でも、それはファンタジー全般に当てはまることじゃなかったようだ。わたしが面白いと思える作品は、その世界観がきちんと納得できるかどうかにかかっているような気がする。

      「モモ」の場合、「時間を盗まれる」ということが実際にどういうことなのか想像できなくてモヤモヤしたのがネックだった。

      地球上の全人類の時間が一斉に盗まれる、というのなら理解できる。たとえば1日は24時間だが、そこから一斉に4時間盗まれる、つまり1日が20時間になってしまうなら、なくなった4時間を埋め合わせるために無駄な時間をなくしあくせく過ごすことになるだろう。
      しかし、「モモ」では盗まれる時間が人によってマチマチなのだ。主人公のモモを始め、子供たちの多くは時間を盗まれていない。これって、どういうこと? おしゃべりをしたり手紙を書いたりする時間を削って時間を節約したとして、お天道様はやっぱり24時間周期で巡ってるんだよね? 2時間節約したとして、その人は1日のうち2時間を死んだように動きを止めたままでいるのかしら? その間、本人は意識がなくなっていて、主観としては1日22時間の感覚になっているんだとしても、他人から見たら止まっている時間が生じていることになる・・・はず。
      アマゾンのレビューだったかに、「長い通勤時間を盗まれたら、家を出てあっという間に会社に着いてていいかも」みたいなことが書いてあったけど、これはちょっと違うんじゃないかな。「出勤する」という行為をしているので、それにかかる時間は盗まれない(節約できない)。節約するなら、「出勤する」という行為そのものをやめる必要があるんだと思う。

      こんなことを考えながら読んでいたから、なかなか読み進められなかったのだった。
      小難しいことなど考えず、作品世界を素直に受け止めなければ、ファンタジーを楽しむことはできないのかもしれない。

      あと、訳語に違和感を覚えた。「えりもえって」ってなんだ?
      文脈から「よりによって」のことだと分かったけど、なんで「えりもえって」という表現なんだろう? 別に「よりもよって」の古い言い方というわけでもなさそうだし、わざわざこんな表現をする必要性が感じられない。対象読者は小学校高学年くらいだろうし、分かりにくい表現を使わない方がいいと思う。もしかしたら、今は改訂されているのかな?
      >> 続きを読む

      2017/09/24 by

      モモ」のレビュー

    • 評価: 5.0

      少し前に読んだのですがすごく心に残ったように思います。
      普段外国の方が書かれた本はあまり読まないのですが母にすすめられたりしていたこともあり
      読んでみたのですが、すごく考え深い内容だなぁと思います。
      児童書のわりに分厚くて、少し抵抗があり途中で何回か読むのを諦めていた時もあったのですが
      いざ読み切ってみると読み切った達成感とともに時間を大切にしていきたいという暖かい気持ちが生まれてくるような気がしました。
      表紙の絵では少し怖いと思う方もいるようなのですが(?)全然そんなことはなく
      むしろ暖かいお話だと思いますよ。
      ぜひ一度は読んでもらいたい一冊だと思います!
      >> 続きを読む

      2017/05/13 by

      モモ」のレビュー

    • 評価: 3.0

      図書館で借りた。

      学生の頃も借りて読んだけど、よくわからなかった。
      分厚い本を読んだことが嬉しかったのかも。

      確か教科書でも紹介されていて、有名な本だと思う。
      学生のころは長くて大変だった記憶がある。

      今回読み返してみて、予想外に面白くて一気に読めた。

      主人公モモの紹介部分が半分くらいあって、読みやすい。
      この後のストーリーもわかりやすく、登場人物も思っていたより少なくてわかりやすい。

      少し前に読んだので、もう忘れてしまったけど、
      モモは素晴らしいけど、だれでもできるわけじゃないと思ってしまったかも。少なくとも私にはできないかも。

      でも、モモのような人がいれば救われる人はたくさんいる。

      私にはモモは現実にはいないけど、自分の心の中にモモを住まわせて、時々話を聞いてもらおうと思う。

      内容だけでなく、ストーリーも面白く、ドキドキしながら読み終わる。

      分厚い本で、持ち歩けないけど、これからも読み返したい作品。
      >> 続きを読む

      2017/04/14 by

      モモ」のレビュー

    もっとみる

    関連したレビュー

      岩波書店 (2005/06)

      著者: 大島かおり , ミヒャエル・エンデ

      他のレビューもみる (全10件)

      • 評価: 5.0

         <ぼくが死ぬまでにしたい10のこと>

        5. 自分のいちばん好きな女性と「すき焼き」を食べる
         (注 いちばん下に一回目のレヴューのリンクがあります。そこに過去のレヴューを貼っています)

         食卓の上にはおよそ二人前の大きさの鍋。その中身は関西風のすき焼きで、変わり種のつくねがちらほら。その脇に置いてあるかぶの千枚漬けはぼくの好物。

        髪を尼削ぎにした色白さん「読書ログのみなさんから聞きました。狂さん(ぼく)、あちら(現代)では他の女の人とよろしくやっているそうね」
        ぼく「えっ……それは……えーとえーと、それより君が嫉妬とはめずらしいね」

        色白さん「その手には乗りませんわ、白状なさい」
        ぼく「ごめんなさい」
        色白さん「………………ふふっ、ちょっとからかっただけよ、本気にした?」

        ぼく「ふぅ、温かいお鍋の具にされるかと冷や冷やしたね。でも本気じゃないとパソコンのない時代まで遊びに来ないよ」
        色白さん「そのパソコンって何かしら?」
        ぼく「時間を盗むドロボーさ」
        色白さん「あら、時間ドロボーなんて未来は大変そうね」
        ぼく「君がいない方が大変だよ。さてさて、旨そうな牛鍋だーい、お椀によそってね」

         
         ヘンな茶番すみません。いつも電車のなかでこんな妄想をしていて、自分でも気持ちわるいですが(笑えない)、気が付くと向こうの世界にいます。そして乗り過ごします。やりたいことは終えたので、「あらすじ」を残してトンズラします。


        〈すっかりうらぶれて廃墟となった円形劇場に一人の少女がやってきた。名前はモモ。身だしなみはお世辞にも良いとはいえないけれど、大きくてうつくしい目を輝かせて人の話を聞くのが大好き。モモに話を聞いてもらった人は、なぜか打ち明けた悩みや問題が解決する。モモはとっても不思議な子。
         モモには大切な友だちがいて、一人はおじいさんのベッポ。道路の掃除夫のベッポは、自分の仕事に誇りをもっていて、モモに掃除のコツを教えてくれる。もう一人は青年のジジ。ホラ話の得意なジジは、お金もちを夢見ながら劇場のガイドをしているが、身をすり減らしてまでお金もちになるつもりはない。
         ゆるやかな時間が流れる穏やかなモモの住む町。しかし「灰色の男たち」が現れはじめ、町の雰囲気や人々の生活のリズムが変わっていく。灰色の男たちの危険性を伝えるため、モモと仲間たちは集会を開いたものの、その計画は失敗におわり、灰色の男たちに狙われるようになる。そのとき、モモの目のまえを大きなカメが通りすぎて……〉


        追記
         時間に関する名言といえば、ショーペンハウエルの言葉にいいものがあって、それが、
        「あなた方は時間が早く過ぎ去ることを嘆いている。だが、時間のなかに何かとどまる価値のあるものがあれば、時間はそんなに性急には過ぎ去らないであろう」

         要するに、「時間」について考える時間があるなら、自分の人生を充実させようぜ、とのこと。ぼくはやっぱり神社だなあ~。神社をいっしょに歩くときだけ(誰と?)、余生を指し示す砂時計を冷静に見つめられる気がします。

         <その1>
         http://www.dokusho-log.com/r/Conservo/ahFzfm5ldy1kb2t1c2hvLWxvZ3I4CxICQk0iEzQwODg3MjcxNzcrQ29uc2Vydm8MCxIBUiIWNDA4ODcyNzE3NytDb25zZXJ2byswMQw/?sort=&narrow=
        >> 続きを読む

        2015/06/09 by

        モモ」のレビュー

      • 素頓卿さん
        寺はどっちかっていうと、造園に走ってしまって人工的すぎるんですよね。
        物も人工的すぎるし。あまり好きじゃないんですよね。
        伊勢神宮の境内なんかいいですよね。鹿さえ奈良公園のと違って神々しく見えます。

        おみくじの話はこの間テレビで言っていましたが、悪い結果がでたら、も一度引き直していいんですって。
        あれはそもそも「寄付」なんだそうです。だから何度寄付してもOK。
        こんどは大吉がでるまで試してみてください。
        >> 続きを読む

        2015/06/10 by 月うさぎ

      • 月うさぎさん
        >寺はどっちかっていうと、造園に走ってしまって人工的すぎるんですよね
        建物も人工的すぎるし。あまり好きじゃないんですよね。
         
         ものすごく共感できます。借景とかは要らないんですよ。そういう美を感じたいなら、迷わず庭園に行きます。つまり、目の保養というより、体全身で感じる安らぎを求めて神社に行くわけです。

        >伊勢神宮の境内なんかいいですよね。鹿さえ奈良公園のと違って神々しく見えます。
         伊勢神宮には家内といっしょに行きましたが、ちょっと人が多すぎてあれでした。すれ違ったら挨拶する余裕があるくらいの混み具合がいいんです。いや、子供たちの遊び場になる程度の神社でも、雰囲気と緑があれば心安らぎます。

        >おみくじの話はこの間テレビで言っていましたが、悪い結果がでたら、も一度引き直していいんですって。
        あれはそもそも「寄付」なんだそうです。だから何度寄付してもOK。
        こんどは大吉がでるまで試してみてください。

         そうなんですか! でもぼくは安月給なので、何度もおみくじは引けないなあ~ 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
        >> 続きを読む

        2015/06/10 by 素頓狂


    最近この本を本棚に追加した会員

    80人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    モモ
    もも

    モモ - 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本