こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

西風のくれた鍵

5.0 5.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 630 円
いいね!

    「西風のくれた鍵」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      1996年刊。再読。
      読み終わった後に不思議な余韻の残る童話が六編おさめられている。英国の作家アリソン・アトリーの手による物語は、作者が育った環境からごく自然に生まれてきたように思う。

      深い森に囲まれていれば、ピクシーの存在も身近に感じられるだろう。「ピクシーのスカーフ」「妖精の花嫁ポリー」のピクシーたちはそれほど悪さをしない。
      強く吹く風に擬人化された意志を感じることもあるかもしれない。氷の王女を探す北風の話「雪むすめ」、不思議な謎かけをする西風(ゼファー)と少年の物語「西風のくれた鍵」。
      一年に一度現われる年老いたスパイス売りに礼を尽くした娘が幸せになる「幻のスパイス売り」は原書のタイトルになっている。出てくるスパイスの香りを知らなければ、これほど感動できたか疑問に思う。古代ローマの宝を手にした「鋳かけ屋の宝もの」も楽しい。
      時の流れと不思議な世界を自由に行き来したような読後感を味わった。

      個人的には「幻のスパイス売り」が圧巻で訳書のタイトルもそうであったらと思うが、本書の対象年齢からすると、スパイスが何かわからないと読んでもらえないかなとも思った。でも、「西風のくれた鍵」はかなり哲学的だとも思うのだが。


      >> 続きを読む

      2017/09/22 by

      西風のくれた鍵」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ニシカゼノクレタカギ
    にしかぜのくれたかぎ

    西風のくれた鍵 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本