こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ブラック・ボーイ

ある幼少期の記録
カテゴリー: 小説、物語
定価: 756 円

職を転々とする貧しい生活の中で、ライトは、ふと物語を書くことを思い付く。「ぼくは北部へ行って本を書き、小説を書くことを夢に描いた。ぼくにとっての北部は、自分がまだ感じたことのないものや、見たことのないもの、そのすべてを象徴する存在であった」―19歳のライトは、メンフィスから北部の街シカゴ行の汽車に乗り南部を脱出する。

いいね!

    「ブラック・ボーイ」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ブラックボーイ
    ぶらっくぼーい

    ブラック・ボーイ - ある幼少期の記録 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本