こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ファウスト

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: ゲーテ
カテゴリー: 戯曲
定価: 903 円

グレートヘンの悲劇からたち直ったファウストは次に美を追求することで生の意義を把握しようとして果たさず、最後に人類のため社会のための創造的活動によってはじめて自己の救済にあずかる...。

いいね!

    「ファウスト」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      一通り読み終えても、この作品が結局のところ何を言わんとしているのかよく分からなかった。

      頭で考えるだけじゃなくて、実際に行動し努力することが大切ということなのか。その行動や努力の方向が結果的に間違っていたとしても、正しいと信じて、あがいて苦しむことこそが「生」の意義。

      ファウストという人物が人間的に特別優れているとは思えない。現状に満足できず、耐えず何かを求めて飢えている人物にみえる。いろんな意味で貪欲。

      登場人物の中では、第二幕で登場するホムンクルスが好きだ。 >> 続きを読む

      2015/06/05 by

      ファウスト」のレビュー

    • 現状に満足できない、何かを常に求めるというのは人間臭くて私は好きです。
      完璧なキャラクターよりも感情移入できそうです。 >> 続きを読む

      2015/06/05 by yo24

    • 読み終えられたことにまず拍手。
      「ファウスト」と「神曲」は読みたいと思いますが、やはり難解ですよね。
      「ファウスト」って、人間の業や心の闇というよりはキリスト教の精神を語ったものですよね?
      Verweile doch, du bist so schoen ! (停まれ、汝は美しい!)
      こればかりが私の中で先走りしています。
      面白そうですが、一神教信者ではない日本人なので、結論に納得できなそうな気もしています。
      >> 続きを読む

      2015/06/05 by 月うさぎ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ファウスト
    ふぁうすと

    ファウスト | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本