こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

カルメン

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: プロスペル・メリメ
カテゴリー: 小説、物語
定価: 441 円
いいね!

    「カルメン」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      過去に読んだのですが、機会があり再読。カルメンシタ、セクシーだなぁ。上げて落としてまた上げて、さすがです。

      オペラのイメージが強いですが、原作は異国情緒あふれる小説です。ボヘミアの女、カルメン。しかしスペインの地理がわからず、グーグルマップを見ながら読みました。スペインは広い。

      貴族の坊ちゃんが悪い女に引っかかって身を持ち崩す話なんですが、彼はただの被害者なのか?カルメンはただの悪女なのか?そして誰の心にもある(と私は思っている)ワルへの憧れが私の中でちらりと光る。
      カルメンは確かにホセのことが好きだけど、二人で地道に幸せに暮らす…なんてこと、できないのですね。自由を愛するボヘミアンである彼女にとって、それは死ぬのと同じことなのではないか。
      愛することは相手に服従することだから、どうしたって自由は脅かされるでしょう。本気でなければ自由でいられるけど、本気で好きなら縛られてしまうものだ。

      というかこれはもしかして、ホセ視点で読むかカルメン視点で読むかで変わるのでしょうか。語り手の旅人(著者のメリメ)が第三者だからどちらでもいけそうだけど、語り手に話すのはホセの方だから、ホセのバイアスはかかっていそうだけれど。

      松岡正剛がカルメンを浄瑠璃に例えてるのは見事だと思う。そういうとこ、あるよなぁ。恋情なんて、火事になるほど燃え上がってしまったら穏やかな結末なんてあるわけがないし。

      しかしうぶだったころのホセのかわいらしさにニヤニヤする。純情だなぁ!
      >> 続きを読む

      2017/09/23 by

      カルメン」のレビュー

    • カルメンと聞くと70~80年代の歌謡曲を思い出しちゃいます(笑)

      >恋情なんて、火事になるほど燃え上がってしまったら穏やかな結末なんてあるわけがないし。

      なんかとても含蓄があるように聞こえます。
      自分はまだそんな燃え上がるような恋情に囚われたことがないので興味津々です(笑)
      >> 続きを読む

      2017/09/23 by 澄美空

    • > 澄美空さん
      いえいえ、穿ちすぎですよw
      とはいえシェイクスピアのロミジュリもそうですけど、感情の振れ幅が振り切れたらもう死ぬしかない気もするので。 >> 続きを読む

      2017/09/24 by ワルツ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    カルメン
    かるめん

    カルメン | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本