こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

人生論 (岩波文庫)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: トルストイ
カテゴリー: 評論、エッセイ、随筆
定価: 525 円
いいね!

    「人生論 (岩波文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      読む前は、もっと教訓くさい本かと思っていたら、ぜんぜんそうではなかった。
      私はロシア語はわからないので、正確にはわからないけれど、たぶん「人生論」というよりも「生命論」と訳するのが適当な、人間の生命についての真摯な論究で、いささか古びない、とても新鮮な内容だと思う。

      生命は、決して近現代の科学が研究してきたような、単なる物質の反応ではない。
      幸福の希求、善の希求をその本質とするものである。
      そして、人の生命というものが、本当に幸福に達するためには、動物的自我の満足ではなくて、奉仕と愛にお互いに生きるしかない。

      生命は決して、短い束の間の肉体の滅びによって終わるものではない。
      我々には見ることができない、遠い過去から続き、そして未来へと続いていく。
      「目に見える生活は生命の無限の運動の一部分にすぎない。」

      人は死んで無になるのではなく、精神の形の思い出として、ずっと働き続けていく。

      「人は死んだ、が外界に対するその関係は生前どおりどころか数十倍もより強く人々に対して働きかけつづけているのだ。そしてこの働きは理性と愛情の度合いに応じて、まるで生きもののように大きく成長し、決してやむことも跡切れることもない。」(189頁)

      などなどのメッセージは、本当に印象的だった。

      また、苦痛は人間にとって、誤りを正し、罪を償い、正しい幸福へと至る不可欠のものであり、単に避けるのではなくそこに意味を見出していくべきだというメッセージも、深く考えさせられた。

      印象的な、深い内容の本だった。
      >> 続きを読む

      2012/12/22 by

      人生論 (岩波文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ジンセイロン
    じんせいろん

    人生論 (岩波文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本