こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

君たちはどう生きるか (岩波文庫)

4.2 4.2 (レビュー15件)
著者: 吉野 源三郎
カテゴリー: 人生訓、教訓
定価: 840 円
この書籍に関連するページ
2018年03月の課題図書

著者がコペル君の精神的成長に託して語り伝えようとしたものは何か。それは、人生いかに生くべきかと問うとき、常にその問いが社会科学的認識とは何かという問題と切り離すことなく問われねばならぬ、というメッセージであった。著者の没後追悼の意をこめて書かれた「『君たちはどう生きるか』をめぐる回想」(丸山真男)を付載。

いいね! Moffy

    「君たちはどう生きるか (岩波文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      3月の課題図書。

      少年コペル君と、亡き父の代わりに彼を見守る叔父さんとの心あたたまるストーリー。
      とてもメッセージ性の強い作品です。
      ゆっくり、時間をかけて読みたい。こんな気持ちにさえてくれた本は久しぶりでした。

      私たちはどう生きるか、どのように生きていくか。
      自分が死ぬまで延々と考えさせられるテーマだと思います。
      柔軟で選択肢の広い幼いうちから、コペル君のように考えていくことができるのは、その後の人生にどれだけプラスとなるか。
      もしこれが一人では、自分の考える範囲内だけの成長となってしまいます。
      叔父さんのような誰かと、時には失敗しながら考えていくこと。
      これが大きいのだと思います。
      漫画も出ていますし、この本に出会うことは容易です。
      しかし、人との繋がりが希薄となっている現代において、どれだけの人が彼らのようになれるのでしょうか。
      コペル君と叔父さんの関係は、とても眩しく映りました。
      >> 続きを読む

      2018/05/19 by

      君たちはどう生きるか (岩波文庫)」のレビュー

    • >私もウケました。笑
      ああっ。ごめんなさい。本当に若いころって不遜だったのよ~。

      >漫画も気になりますが、躊躇しています。
      本屋でみかけて手に取っては戻しています。ブームに乗るのが嫌なだけなのかな?
      本音を言えば個人的には絵が嫌なんです。
      私のイメージのコペル君と違うんで。
      あんなオタク少年のビジュアルは違うんじゃないのか?って。
      「君たちはどう生きるか」は私にとっては「クオレ」や「飛ぶ教室」の延長線上にあって、主人公はすごく「健全」な男の子のイメージなんですよね…。
      コペル君がメガネ男なんてありえない~~!!!

      コペルというあだ名もコペルニクスから来ているのでしょう?
      洋風な印象がとても強かったんですよね~。(うる覚え)
      漫画で着物着てるってのも、衝撃的でした。
      昭和初期っていったってハイソな階級のおぼっちゃまが着物ってないわ~。
      あすかさんが読まれて、コペル君ってどういう印象でしたか?
      >> 続きを読む

      2018/06/15 by 月うさぎ

    • 月うさぎさん
      あー・・・そう言われてみれば、表紙絵でかなり手に取るのを躊躇しているのかも。
      内容的にはおもしろそうで、早いうちからストックしてたのですが、原作読むのも実は躊躇していました。先に4月課題図書に手を伸ばしたくらい。(アガサ・クリスティだから絶対おもしろい、と思った理由もあるのですが/笑)
      私のイメージは、この作品の挿絵です。
      コペルくんもおじさんも、挿絵の絵ですんなり入ってきました。

      >コペルというあだ名もコペルニクスから来ているのでしょう?
      そうです、そうです!
      コペルニクス持ちだすなんて、おじさんセンス良いなぁと思いました。


      それからchaoさん、読み終えたらぜひレビュー書いてくださいね♪
      待ってます♡
      >> 続きを読む

      2018/06/17 by あすか

    • 評価: 5.0

      子供はもちろん、読む世代で様々な事を考えさせてくれる、さすが長い時間読まれている良書。この時代にブームになるのもよく分かる。なぜなら、コペル君にも満たない大人たちが自らを含めて大変多いから。そして、コペル君の叔父さんの言葉にはっとさせられる大人たちが多いから。
      どう生きるのか、人生だいぶ生きてきてしまった私でも、あきらめずしっかり考えます。

      2018/04/15 by

      君たちはどう生きるか (岩波文庫)」のレビュー

    • コペル君にも満たない大人たちが自らを含めて大変多いから。・・・スミマセン私もその一人です、とこっそり手をあげてしまうような。心に刺さるレビューです。 >> 続きを読む

      2018/04/15 by チルカル

    • 私もこの本の漫画のほうを友達から頂いて読みました。おじさんみたいな存在の人が欲しいです(笑) >> 続きを読む

      2018/05/16 by miko

    • 評価: 5.0

       雪の日の出来事の後の、おじさんのノートにすごく心打たれました。
       過ちを犯した後だけじゃない。人生には不確定要素がたくさんあって、思い切って選択をしても必ずしも思い通りの結果がくるわけではない。
       けど、意外な結果がきたとしても、今、現在、私は正しい行動を起こさなければならない。
       そうすれば後悔の辛さはなくなる。
       間違った行い、或いは逃げる行為がもたらす負の影響は思う以上に延々と心の中に残るものであり、そう長々と苦しむなら、今この瞬間の勇気を出すべきだと思う。

       チャンスをつかむんだ。 >> 続きを読む

      2018/03/27 by

      君たちはどう生きるか (岩波文庫)」のレビュー

    • 3月の課題図書になっていますね!
      前から読みたい本だったので、この機会に私も読んでみようと思っています♪ >> 続きを読む

      2018/03/27 by chao

    • 評価: 4.0

      コペル君が成長していくところに感動した。

      2018/03/18 by

      君たちはどう生きるか (岩波文庫)」のレビュー

    • 評価: 2.0

      自分には合わなかったようです。
      途中で挫折しました。
      おじさんの言葉には、一部時代錯誤の感があったものの、概ね賛同できました。
      ただ、内容の面白さという点で見れば、物足りなさを感じました。
      延々と古くさい説教を聞かされているようでした。

      2018/03/12 by

      君たちはどう生きるか (岩波文庫)」のレビュー

    もっとみる

    最近この本を本棚に追加した会員

    24人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    キミタチ ワ ドウ イキルカ
    きみたち わ どう いきるか

    君たちはどう生きるか (岩波文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    syunkonカフェごはん

    最近チェックした本